令和4年 年回

令和04年 年回表

01周忌 令和03年往生人
03回忌 令和02年往生人
07回忌 平成28年往生人
13回忌 平成22年往生人
17回忌 平成18年往生人
23回忌 平成12年往生人
27回忌 平成08年往生人
33回忌 平成02年往生人
50回忌 昭和48年往生人
100回忌 大正12年往生人
150回忌 明治06年往生人
200回忌 文政06年往生人
250回忌 安永02年往生人
300回忌 享保08年往生人

※詳細は、本堂の向かって左手の年回繰出表をご覧下さい
※お勤めの日時が決まりましたらお寺にお知らせください。
土曜・日曜・祝日は、他のお同行様のお勤めの予定を聞いている場合もございます。

年回(年忌)法要
年回(年忌)法要をどうして勤めるの? 私(住職)も若かった頃はそのようなことを疑問に思っていました。ずいぶん前の『高田学報』に高田派の鑑学の先生の書かれた中で、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」とおっしゃられた言葉が私(住職)の中で肯くことができました。以前より時間が早く経つのか、するべき事が多すぎるのか少し前の大切な出来事も記憶の端っこに押しやられて忘れがちになるようなこともあります。歳を重ねていく中で、ご往生されました大切な方のことを思う時間が少なくなるのも現実です。それでも改めて大切な方と向き合う時間を年回(年忌)法要を通して持つことの意味を以前より感じています。
また、年回(年忌)と言うと故人の祥月命日を縁として行う法要で、妙華寺ではご往生されて1年後を1周忌、その次の年を3回忌(ご往生された年から数えて)その後7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、50回忌とお勤めをします。以降は50年毎に行われます。真宗では、ご往生された方を縁として仏法に遇い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する場でもあります。
そのように考えて見ますと、大切な方の33回忌に遇えることは、大切な方がご往生さられてから32年後のことであります。それも数えてみると8度目の年忌であります。その間のご遺族の皆様のご苦労に大変頭が下がりますが、今の時代は親御様の遠い年忌に遇うことができにくい時代です。その仏縁に遇う慶びは大きいものと思います。

中陰(ちゅういん)
中有(ちゅうゆう)のこと。生命あるものが死んで次の生をうけるまでの中間の時期。
また故人が亡くなって49日間のことで、7日毎に勤める法要を中陰法要という。真宗においては、阿弥陀仏の本願を信じ念仏するものは、現生に正定聚の位に入り、命終すると直ちに往生成仏するので追善供養でなく、故人の死を縁として仏法に遇い、故人も遺ったものも、阿弥陀仏にひとしく摂取されている恩徳に報謝するお勤めです。
妙華寺では、「中陰逮夜忌」として49日の日をお知らせしています。逮夜(たいや)勤めといいますので、前日の夜のお勤め日を記載しています。
いつしか葬儀式の後、初七日を続けてお勤めするようになりました。その最初の頃は、初七日は、別の日のお勤めですので、一旦お寺の門から出て改めて門から入り本堂へお上がりになっていました。またそれ以前は、初七日の日までの夜は、自宅で組(地域)の方々と共にお勤めをされていたこともお聞きしています。
以前と比較することではありませんが、大切な方を亡くされた悲しみを遺された個人や家族で抱え込むような時代になったようにも感じます。
これまでの仏教の行事が、大切な方を亡くされた悲しみをケアする存在では無くなってしまったのでしょうか?  私達のコミュニティへの考え方も変化している中でお寺や僧侶に求められていることを変わってきているようにも感じます。それでも僧侶として「私を救うと誓われた仏の願い」を伝える工夫をしていかなければいけません。

命日(めいにち)
大切な方がご往生された日を「命日」と言います。また「忌日」とも言います。ご往生された月の命日を祥月命日と言い、他の月々の命日を月命日、月忌とも言うそうです。
私たちは生まれた日を誕生日と言いお祝いをしますが、ずいぶん前に「誕生」とは「うそがうまれる」という意味もあることを聞きました。私たちがこの世に生まれ、生きていく上で嘘もつかなければ生きていくことができない存在であることを私に教えていただいています。
では、「命日」は「いのちの日」と言うことはどのような意味があるのか考えています。中国では亡くなられた時にその人の評価が定まると考えられていると聞きました。日本でもそのように考える場合もありますし、死後に災いが起こらないように祀(まつ)ることもありました。真宗では、故人の命日を縁として仏法に遇う、阿弥陀仏(如来)の恩徳に報謝する日と思います。

忌日(きじつ)
以前、「忌日」について、忌まわしいと言う字が含まれていますがと尋ねられました。
私の大切な方が亡くなられた時、亡くなられたことをすぐには受け入れがたい心があります。亡くなられてからも生きているように感じる心もあります。しかし、私から離れた方の死について、不浄なものと考えてしまう気持ちも出てくる場合があります。高田派の鑑学の先生が、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」と述べられたことを思い出します。

真宗では親鸞聖人のご命日を縁としてお勤めする報恩講があります。高田本山では毎年1月9日から16日までお勤めいたします。各寺院も毎年一番大切な行事としてお勤めしています。(妙華寺では12月の第1日曜日です)
私の大切な方のご命日も、私が仏法に出遭い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する大切なご縁であったことに間違いないことです。

令和4年の法苑院妙華寺の行事

1月  1日 午前5時30分  修正会 お七夜のお七夜券配布します

1月 4日         井戸山報恩講

3月 21日 午後1時30分 春彼岸会  布教使 戸田栄信師

4月 7日8日       メリシャカ(花祭り)隣寺とスタンプラリーしています

4月 29日 午後1時30分 春千部会  布教使 高藤英光師

5月22日         親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年奉讃法会

7月 7日         初盆火入れ(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

7月 12日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

7月 23日        初盆総回向

8月 7日         初盆火入れ(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

8月 11日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

8月 23日        初盆総回向

9月 23日 午後1時30分 秋彼岸会 布教使 鷲山了悟師

10月 22日 午後1時30分 秋千部会 布教使 佐波真教師

12月 4日 午後1時30分 報恩講  布教使 大河戸悟道師

12月 31日 午後5時   歳末会

明日22日は、法苑院妙華寺の親鸞聖人ご誕生850年、並びに立教開宗800年の奉讃法会

5月21日は、親鸞聖人の誕生日として真宗各派の本山や一般寺院で降誕会(ごうたんえ)としてお勤めがあります。

私たちが、親鸞聖人のご誕生を喜ばしていただくことは、親鸞聖人が阿弥陀如来の願いに、法然聖人の教えを通して、出遇われたからです。
親鸞聖人が法然聖人に面授し、阿弥陀如来の願いに出遇われ、その道を歩まれました。そして、法然聖人の著された『選択本願念仏集』(浄土宗の立教開宗の書)の書写を許された喜びは大変なものでありました。
その後、法然聖人の教えから『顕浄土真実教行証文類』を著し、晩年まで推敲を重ねておられました。

古い時代では、それほど生まれた日(誕生日)に重きをおかなかったと思いますので、誕生(お生まれ)をお祝いをすることは少なかったようですが、明治時代から降誕会としてお勤めが始まっています。

親鸞聖人がお生まれになられて850年、また、親鸞聖人のご著書『顕浄土真実教行証文類』を著された元仁(げんにん)元年(1224)を立教開宗の年と定めて800年になりますことも共にお慶びさせていただきます。

法苑院妙華寺の親鸞聖人ご誕生850年、並びに立教開宗800年の奉讃法会は、明日5月22日(日)に予定しています。

20日は、お世話方様と法会の準備をしていました。

22日は午前10時から田畑正久先生のご講演
   午後1時30分からお勤め
午後2時30分から、井上広法師と清水谷正尊師から、法然と親鸞のお話と座談会を予定しています。

数に限りはありますが、食事もご用意しています(食事券を配布予定)
爽やかな一日を、ご法話をお聞かせいただきましょう。

 

 

【報告】講座ボランティア企画 郷土を歩こう 「久居藩の城下をたずねて」

【報告】講座ボランティア企画 郷土を歩こう 「久居藩の城下をたずねて」が5月18日に開催されました。青空の広がる中、20数名ほどの2つのグループが、妙華寺にもお越しいただきました。久居藩のことを書かれた『藤影(とうえい)記』の中にお寺(妙華寺)の屋根から空を飛ぶことを夢見た国友と言う男がいた伝承があり、案内されています久居城下案内人の会で、紙芝居として披露されています。また、この伝承に興味を持たれた長浜市の学芸員の方もお越しいただきました。
以前も、HPでご紹介させていただきましたが、長浜市に国友村(現在の国友町)があり、その村は、鍛冶集団の村だったようです。その一族の家(国友家)から江戸時代に書かれた飛行機図が発見されたことが発端でした。また、お越しいただいた学芸員さんからは、国友家について書かれた本があり、全国の「国友」姓のことが書かれている一文があるそうで、そこにも、屋根から空を飛ぶことを試みた話が出てくるそうです。今後、『藤影(とうえい)記』の一文との関係も調べると面白いかもわかりません。

前住職の13回忌


前住職の13回忌を、命日の14日に相導師様・親戚法中様と共にお勤めさせていただきました。
前住職が往生した日、私(住職)は、高田本山の御影(みえい)堂の落成慶讃法会の初日で、高田本山に着いて間もなく病院から電話があり、急遽戻りました。ちょうど、本堂の改修時で仮本堂の妙華寺会館での葬儀になり、多くの皆様に窮屈な思いをさせてしまったことを思い出していました。あれから12年、前坊守も往生し、前住職の娘(私の妹)・前住職の姉兄や従兄弟も浄土へ往かれました、浄土が賑やかなようにも思います。

普段、ゆっくりお会いできない親戚の方々と思い出話ができましたこと貴重な時間でした。

お寺の災害時の社会貢献

お寺の災害時の社会貢献

妙華寺は三重県津市にあり、以前から南海トラフの大地震が必ずやってくると言われ続けている地域です。
地震対策として本堂や庫裡の耐震補強の改修にも取り組んでいますが、境内の全ての建造物(水屋や山門・鐘楼堂・塀)まではおよんでいません。

阪神淡路大震災や東日本大震災の被災者支援は、三重県の一寺院の住職も何かしなければと思う出来事でした。私(住職)は、何かしなければと言う思いを持っていても現地でのボランテイア活動などはできることもなく、僅かな義捐金を送ったり、追弔のお勤めをするだけでした。

多くの宗教者(団体)が現地でボランテイア活動をされていることは、阪神淡路大震災の時から世間は注目し、東日本大震災の時は更なる活動として宗教者(団体)の被災者支援が行われ、そこから宗教者災害支援連絡会が生まれたことは、多くの方がご存知と思います。

あるオンラインの講座で、稲場圭信氏(大阪大学大学院教授 共生学)の講演をお聞きしてから、ソーシャルキャピタルとしてのお寺について考えさせられ、また、お寺の社会貢献について多くの生活者が期待していることも知り、自坊のお寺でもできることはないか考える時間ができました。

その中でお寺のスペース(空間)が、被災者支援の場になり得ることを知り、自坊の取り組みの中で考えることになりました。

私(住職)も、被災地になった時の寺院としての災害時の被災者支援を、東日本大震災や熊本地震で被災された寺院の支援活動を参考にしながら、妙華寺の机上の支援活動を考えています。
境内の妙華寺会館は36畳(4間×4間半)の空間とトイレ台所があり、目の前にある指定避難所の津市久居中央公民館で集団避難が馴染めない方の避難場所として活用ができるように思っています。
また、避難場所としてでなく、支援物資の保管場所であったり、ボランテイア活動の方の集合場所にも活用できると考えています。

また、すぐさま実現できることではないが、境内の臨時駐車場として整備予定地も、十分活用できると考えています。

しかし、1度結論づけた考えが良いかどうかは判断できません。災害時の被災者支援の課題はたくさんあり、新たな課題も生まれてきます。絶えず考え続けることが大切なことのようです。

先日、宗教者の災害支援に取り組む情報提供の場にオンラインで参加させていただくことができました。

宗教団体に求められている社会貢献(全仏連のアンケート調査「仏教に関する実態把握調査(2021年度)報告書 2021年12月)の中の「お寺の取り組むべき社会活動」で
①、伝統文化・芸術の保存 ②災害時の避難場所(の提供)は、取り組むべきとの生活者の期待比率は高いことも知りました。

その時のテーマは「在宅避難」の支援と「行政との連携」でした。
①「在宅避難(者)」は、避難場所に集まるグループ(集団)生活に馴染めない方や、避難場所に行くことができない被災者のことを「在宅避難」としています。
多くは、障がい者や在宅介護の方などで、災害発生時に把握が難しいことが問題です。

平時に名簿などの作成が必要でありますが、個人情報の問題や行政の主管先が違うことで把握が難しいようです。宗教者(団体)でできることは、声かけで例えばメールアドレスの登録で該当者への安否確認や、「在宅避難」に変わる少人数の避難場所の提供が考えられます。

②行政との連携
災害時協定する宗教施設への公金支出が認められているようです。
概数ですが、災害時の避難場所として宗教施設の提供は4,000か所くらいあるようです。これは、公共施設小学校が全国で80,000か所と比べると約5%の宗教施設が協定を結んでいることのようです。
行政と宗教側の温度差もありますが、国としては災害時の宗教施設の活用を促進する方向性なので連携を取りやすくなる環境になると期待されています。

改めて、平時から地域のコミュニティの中で関係性を深め、いざとなったときに共助できる体制が大切であると感じました。

四季の花(5月)

四季の花
私(住職)が初夏を感じるのは、青楓です。さらっとした風になびく青楓は新たな気持ちになります。またシャクヤクもきれいに咲いています。境内のツツジも楽しみです。

【案内】5月のTemple Morningは15日8時からです

【案内】コロナ下から始まったTemple Morningは、今年で3年目を迎えました。
これまでも多くの方々にご参加いただきありがとうございます。

今月は05月15日(日)午前8時から9時頃までです。
今年は6回のご案内です。
Temple Morning お寺の朝(テンプルモーニング)はじめます
いつもと違う朝 気持ちを整えて集中できる時間を創りませんか

予定 お勤め(10分)・境内の掃除(30分)・お話(10分)・茶話会(自由参加)
風邪の症状のある方・37.3度以上の熱のある方はご遠慮ください。
   お勤め・お話は、短めに、自由参加の茶話会は、当面中止します
掃除道具は貸し出します。途中出入り自由です。雨天は中止です。

お寺の掃除を今風に呼びかけるには、これまで妙華寺の境内(特にお墓)の草抜きなどの掃除は、古くは草抜きなどをされている方、そして現在は高齢者(シルバー)人材センター様に登録されている方にお願いをしていました。依頼していました方がご高齢になり、次の世代の方に草抜きを希望される方がいない状態になり2020年から境内(墓)の掃除が難しくなったことが主たる要因です。境内(特にお墓)の清掃として1年の内おそよ8が月延べ160日(1日6時間労働)ほどこれまで高齢者(シルバー)人材センター様に登録されている方々に境内の清掃をしていただいていました。お寺側の身勝手な思いでありますが、お同行の皆様のお力をいただき境内(特にお墓)がこれまでのようにきれいな環境を保てることを願う行事です。
各位のそれぞれのご事情もありますので、お身体の状況をお考えていただきお時間が許しましたら一緒に境内をお掃除しませんか。
Temple Morningは、境内(外)の掃除に集中してすることで気持ちを整える時間です。
お一人お一人十分なほど距離をとることは可能です。

※新型コロナウィルスの感染拡大防止の時期での開催について、様々な意見があることは重々承知しておりますが、最終的にはお寺の住職の判断で、開催を考えています。

本堂入口に非接触型体温計・アルコール消毒液を設置するなどして対策を講じます。
マスク着用をお願いします。また風邪の症状の方・体調の優れない方はご参加をご遠慮していただく考えです。
そして健康である方も、不安を抱えながら参加する行事ではありません。
どうかご無理のないお気持ちでご検討をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

年6回 第3日曜日午前8時から1時間【1月・2月・3月・7月・8月・12月は休会・雨天中止】
4月17日・5月15日・6月19日・9月18日・10月16日・ 11月20日
清々しい朝の1時間 お寺で過ごしませんか

今回は、来週22日の妙華寺の親鸞聖人ご誕生850年・立教開宗800年奉讃法会を控えています。婦人会幹部の皆様にもお声がけさせていただきました。

大型連休

大型連休
ことしは、3年ぶりの外出制限がない大型連休で、観光地や古里へ多くの方々が移動されるニュースが報じられています。

お寺のお墓参りにも遠方からお越しくださるお同行の方の姿もお見受けいたします。
奈良県の西本願寺派の浄照寺さんが5月の初めに報恩講をお勤めしている。
大きな本堂にたくさんの方々が集まる素晴らしい所で、ご法話をされる布教使が葛野洋明先生と知り何年か前から機会があえば聞法を続けています。この2年間は、コロナ下で報恩講もお寺の住職や衆徒さんでお勤めされていたようですが、3年ぶりにお同行さんも参加できることで今回は報恩講の初日の4月30日に参加させていただきました。
1つの場に集まることができない事態がこれほど長く続くとは想像もしていなかったので「集う」ことができるのが、どれほどありがたいことか私を含めて多くの方が感じたのではないかと思っています。最近感じるのは対面の素晴らしさです。

ご法話は、私たちは祖師(親鸞聖人)のご命日を報恩講として何故お勤めするのか基本的なことですが、初心に帰ったようにお聞かせいただきました。

 

抽選会

そして、初めてのことですが、お寺の近くに「津市久居アルスプラザ」と言う市民ホールや芸術・文化の会場に使用できる施設が2年前にオープンしています。会場使用を考える場合、1年前に抽選会に参加して会場の申込ができることを聞いていたので、来年の5月の「お寺の講演会」を「津市久居アルスプラザ」のホールを使用したいと思い。5月1日の抽選会に参加しました。8時30分から9時までに抽選申込会場に集まった団体が、希望施設と希望日時を提出して、締切時間を待ちます。そして、私ともう1団体が同じ施設・日時でしたので抽選となりました。そして、当たりました。来年5月13日(土) (仮称)「親なきあとのことについて」として「親なきあと」相談室 関西ネットワークの代表の藤井奈緒さんに「津市久居アルスプラザ」のときの風ホールにて講演を依頼しています。
まだ産声を上げただけの、お寺と教会の親なきあと相談室津市妙華寺支部として最初の行事として考えています。

こどもの日に

こどもの日に
「仏の子」と言う言葉をお聞きされたことはあるでしょうか。
私(住職)は、中学校の仏教の時間で初めて聞いたように思っていますが、どのような場面で聞いたかは忘れてしまいました。仏教の中で「仏の子」は、私たち人間は必ず「仏」になる「仏性(ぶつしょう)」があることで、「仏の子」と言われるのだと聞いたと思います。
ただ、真宗の教えでは、私(凡夫)には「仏性」はなく、阿弥陀如来の本願力によりいただく信心を「仏性」とすると教えていただきました。
「この私(凡夫)には「仏性」がないこと」をどのように受けとめるでしょうか。
真宗以外の仏教では、人間は「仏性」を備えているので、修行(努力)すれば「仏」になれるのに、真宗の教えでは、私には「仏性」はなく阿弥陀如来の本願力によりいただく信心が「仏性」なんだよと聞けば、どうしてなのかちょっと反発したい気持ちにもなりますよね。

よくよく考えてみると、真宗以外の仏教と真宗の仏教では、私への見方が違うからです。

今の時代は、自分の良い点を見つけて才能を伸ばすことがポピュラーで、悪い点ばかり指摘することはダメな方法と言われます。
どのように自分自身を見つめていくか、厳しいことですが、親鸞聖人は「凡夫というは無明煩悩われらが身にみちみちて、欲もおほく、いかり、はらだち、そねみ、ねたむこころおほくひまなくして、臨終の一念にいたるまで、とどまらず、きえず、たえずと、水火二河のたとへにあらわれたり」と著していただいています。

私に「仏性」がこれっぽちもないと気づくまでが大切な時間なんだと思います。
そのことがあって初めて、阿弥陀如来の本願力に出遇えるのですから。 

知覚

知覚について
普段の生活であまり感じないことですが、視力・聴覚・嗅覚・味覚・触覚について話がおよんだことがありました。

それは、新型コロナウィルス感染症の後遺症で、嗅覚や味覚がこれまでと違ってしまうことからです。
嫌な臭いや良い匂いを感じない感覚、まずいや美味しいを感じない感覚は、新型コロナウィルス感染症の後遺症だけでおこるものでもなく、これまでも、誰もが、風邪で鼻づまりの時や高熱で寝込んでいる時などでも経験をしたこともあると思います。私も経験がある嗅覚・味覚に障がいが出た時の感覚は、限られた時間でしたが、あまりよいものではなかったと思います。
視覚や聴覚に障がいがあれば、周囲が見えない・音が聞こえない感覚も疑似体験をするだけでもとても大変だと感じます。

そのようなことを思いながら、私の視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚ははたして普通なんだろうかと振り返ってみると、私の視力は強度の近視でメガネで矯正していますし、聴覚は先日の健康診断で高音が聞こえにくいようで精密検査をするように言われています。嗅覚だってそれほど確かな(鼻がきく)ものでないし、味覚も味が濃いものが好きで、繊細な味覚を感じているか疑問です。触覚も年と共に感じにくくなっているようにも思います。

これまで、私は、光が届かずなにも見えない世界や音が無い世界、無臭の世界、味覚を感じない世界、触覚を感じない世界が、知覚障がいと捉えて、生活する上で不便であると思っていました。しかし、私自身の見たり、聞いたり、嗅いだり、味わったり、手や身体で感じたりしている感覚も、私だけの感覚で他者と同じではないことに思いいたりました。
また、私が知覚障がいと捉えている感覚は、ひっとすると法性(ほっしょう)の世界なのかもわからないと考え直しています。