令和4年 年回

令和04年 年回表

01周忌 令和03年往生人
03回忌 令和02年往生人
07回忌 平成28年往生人
13回忌 平成22年往生人
17回忌 平成18年往生人
23回忌 平成12年往生人
27回忌 平成08年往生人
33回忌 平成02年往生人
50回忌 昭和48年往生人
100回忌 大正12年往生人
150回忌 明治06年往生人
200回忌 文政06年往生人
250回忌 安永02年往生人
300回忌 享保08年往生人

※詳細は、本堂の向かって左手の年回繰出表をご覧下さい
※お勤めの日時が決まりましたらお寺にお知らせください。
土曜・日曜・祝日は、他のお同行様のお勤めの予定を聞いている場合もございます。

年回(年忌)法要
年回(年忌)法要をどうして勤めるの? 私(住職)も若かった頃はそのようなことを疑問に思っていました。ずいぶん前の『高田学報』に高田派の鑑学の先生の書かれた中で、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」とおっしゃられた言葉が私(住職)の中で肯くことができました。以前より時間が早く経つのか、するべき事が多すぎるのか少し前の大切な出来事も記憶の端っこに押しやられて忘れがちになるようなこともあります。歳を重ねていく中で、ご往生されました大切な方のことを思う時間が少なくなるのも現実です。それでも改めて大切な方と向き合う時間を年回(年忌)法要を通して持つことの意味を以前より感じています。
また、年回(年忌)と言うと故人の祥月命日を縁として行う法要で、妙華寺ではご往生されて1年後を1周忌、その次の年を3回忌(ご往生された年から数えて)その後7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、50回忌とお勤めをします。以降は50年毎に行われます。真宗では、ご往生された方を縁として仏法に遇い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する場でもあります。
そのように考えて見ますと、大切な方の33回忌に遇えることは、大切な方がご往生さられてから32年後のことであります。それも数えてみると8度目の年忌であります。その間のご遺族の皆様のご苦労に大変頭が下がりますが、今の時代は親御様の遠い年忌に遇うことができにくい時代です。その仏縁に遇う慶びは大きいものと思います。

中陰(ちゅういん)
中有(ちゅうゆう)のこと。生命あるものが死んで次の生をうけるまでの中間の時期。
また故人が亡くなって49日間のことで、7日毎に勤める法要を中陰法要という。真宗においては、阿弥陀仏の本願を信じ念仏するものは、現生に正定聚の位に入り、命終すると直ちに往生成仏するので追善供養でなく、故人の死を縁として仏法に遇い、故人も遺ったものも、阿弥陀仏にひとしく摂取されている恩徳に報謝するお勤めです。
妙華寺では、「中陰逮夜忌」として49日の日をお知らせしています。逮夜(たいや)勤めといいますので、前日の夜のお勤め日を記載しています。
いつしか葬儀式の後、初七日を続けてお勤めするようになりました。その最初の頃は、初七日は、別の日のお勤めですので、一旦お寺の門から出て改めて門から入り本堂へお上がりになっていました。またそれ以前は、初七日の日までの夜は、自宅で組(地域)の方々と共にお勤めをされていたこともお聞きしています。
以前と比較することではありませんが、大切な方を亡くされた悲しみを遺された個人や家族で抱え込むような時代になったようにも感じます。
これまでの仏教の行事が、大切な方を亡くされた悲しみをケアする存在では無くなってしまったのでしょうか?  私達のコミュニティへの考え方も変化している中でお寺や僧侶に求められていることを変わってきているようにも感じます。それでも僧侶として「私を救うと誓われた仏の願い」を伝える工夫をしていかなければいけません。

命日(めいにち)
大切な方がご往生された日を「命日」と言います。また「忌日」とも言います。ご往生された月の命日を祥月命日と言い、他の月々の命日を月命日、月忌とも言うそうです。
私たちは生まれた日を誕生日と言いお祝いをしますが、ずいぶん前に「誕生」とは「うそがうまれる」という意味もあることを聞きました。私たちがこの世に生まれ、生きていく上で嘘もつかなければ生きていくことができない存在であることを私に教えていただいています。
では、「命日」は「いのちの日」と言うことはどのような意味があるのか考えています。中国では亡くなられた時にその人の評価が定まると考えられていると聞きました。日本でもそのように考える場合もありますし、死後に災いが起こらないように祀(まつ)ることもありました。真宗では、故人の命日を縁として仏法に遇う、阿弥陀仏(如来)の恩徳に報謝する日と思います。

忌日(きじつ)
以前、「忌日」について、忌まわしいと言う字が含まれていますがと尋ねられました。
私の大切な方が亡くなられた時、亡くなられたことをすぐには受け入れがたい心があります。亡くなられてからも生きているように感じる心もあります。しかし、私から離れた方の死について、不浄なものと考えてしまう気持ちも出てくる場合があります。高田派の鑑学の先生が、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」と述べられたことを思い出します。

真宗では親鸞聖人のご命日を縁としてお勤めする報恩講があります。高田本山では毎年1月9日から16日までお勤めいたします。各寺院も毎年一番大切な行事としてお勤めしています。(妙華寺では12月の第1日曜日です)
私の大切な方のご命日も、私が仏法に出遭い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する大切なご縁であったことに間違いないことです。

令和4年の法苑院妙華寺の行事

1月  1日 午前5時30分  修正会 お七夜のお七夜券配布します

1月 4日         井戸山報恩講

3月 21日 午後1時30分 春彼岸会  布教使 戸田栄信師

4月 7日8日       メリシャカ(花祭り)隣寺とスタンプラリーしています

4月 29日 午後1時30分 春千部会  布教使 高藤英光師

5月22日         親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年奉讃法会

7月 7日         初盆火入れ(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

7月 12日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

7月 23日        初盆総回向

8月 7日         初盆火入れ(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

8月 11日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

8月 23日        初盆総回向

9月 23日 午後1時30分 秋彼岸会 布教使 鷲山了悟師

10月 22日 午後1時30分 秋千部会 布教使 佐波真教師

12月 4日 午後1時30分 報恩講  布教使 大河戸悟道師

12月 31日 午後5時   歳末会

整理整頓

整理整頓
先日、高田の先輩住職にお越しいただき、お話をする機会がありました。先輩は、まだまだ、高田派の歴史について研究熱心で資料をいただきながら、お聞かせいただくのですが、私の中で、追いついていけない状態のまま時間が過ぎていきました。久しく、対面で議論することもなく日々を過ごしたからと反省するばかりです。
仕事部屋もそうですが、私(住職)の頭の中も整理整頓が必要になってきました。
日々の事柄に追われて、とりあえず、ここに置いておく、必要な時にあそこに置いてあったと手探りに探し当て、当座をしのぐことを続けてきましたが、若い時より探し当てる機能が衰えていますので、時間がかかるようになったり、見つからなくなったりして、自分自身だけが慌てている内になんとかしないと、他者に迷惑をかけてしまうことになれば大変です。
さて、何から手をつけようか、若い時代の時に集めた資料を見ながら、懐かしさや、忘れていたことを思い出しながらの作業になってしまうようで何時終わるかがわからないのが現実です。

法苑院妙華寺の親鸞聖人ご誕生850年・立教開宗800年奉讃行事ご賛同ありがとうございます

法苑院妙華寺の親鸞聖人ご誕生850年・立教開宗800年奉讃法会も無事5月22日にお勤めできましたことありがとうございました。
この地に一宇が造られてから350年。その間、お寺の建造物の維持には、その時にご縁のある多くの皆様のお力添えが必要です。
この度は、本堂東附属屋の改修から始まり、本堂一部床下の補強工事、墓地水屋の改修、選択本願念仏集掛軸(3幅)の修理、本堂音響設備の新設や照明器具の改修内陣のイス席の導入、境内北側の樹木の伐採、境内墓地位置掲示板の改修、新しい生活様式への対応など多くの事業にご賛同いただきました皆様方の名前を本堂の西側に敬意を称して掲げさせていただきます。

白鷺の姿

白鷺が本堂の屋根で一休み
9月30日の夕刻に本堂の屋根で白鷺が一休みしていました。以前(2年前の9月27日)にも本堂の屋根でその姿を見たことがありました。
以前から裏の池で休むことは知っていましたが、本堂の屋根での姿は美しく、見入ってしまいました。

下記は、2020年9月27日の写真

ホンモノに出会う

ホンモノに出会う
高田本山では、新宝物館の建設が進んでいます。来年(令和5年)の親鸞聖人ご誕生850年奉讃事業の為、皆様にもご賛同いただきたく存じます。

来年(令和5年)3月25日から5月21日までは、京都国立博物館にて「親鸞」展が開催され、真宗10派の法宝物が一同、拝観できます。
高田本山の新宝物館では、特別法要にあわせて5月21日から6月18日まで(仮称)「高田の法統」展も開催予定です。

また、三重県総合博物館では4月22日から6月18日まで展覧会を予定されているそうです。

私の人生で、このような機会に巡り合うことは本当に希有と感じます。

高田本山の新宝物館のプレイベントとして、来年の報恩講の時から、文化財活用室で、VR技術を使ったコンテンツを提供する予定です。

【案内】10月の日曜学校は2日 午前7時30分からです

【案内】9月は台風が通過して天候が不順でした。10月は夏から冬への衣更えの月でもあります。
10月の日曜学校は2日です。朝7時30分から8時頃までです。
ご家庭での平素の夕時のお勤め(嘆仏偈・文類偈・5首和讃)を一緒にお勤めいたします。輪(りん)の鳴らし方や、念珠の持ち方もご一緒にしますので自然と覚えます。

また、ご参加いただきますと念珠の一珠をお渡しして、24珠で単念珠が、108珠で二連念珠ができるようにご用意しています。(親珠には「妙華寺」の寺院名が刻印されています)
※新型コロナウィルスの感染拡大防止の件について、様々な意見があることは重々承知しておりますが、感染防止対策を講じて最終的にはお寺の住職の判断で、開催を考えています。

風邪の症状や熱のある方はご遠慮願います。
マスクの着用をお願いします。(お持ちでない場合お寺にお申し出下さい)
本堂入口に手指の消毒を行っていただき、うがいや手洗い場所も用意しています。
手が触れる出入り口のアルコール消毒もこまめにしています。
本堂内の換気・間(ま)の確保などして対策を講じます。
とはいえ、決して不安や不満を抱えながら参加する催しでもありません。
どうかご無理ない範囲で判断をしていただきますよう、よろしくお願いいたします

【報告】秋彼岸会

先週の台風からわずかな時間で新しい台風の大雨の中での秋彼岸会でした。
雨にも負けずに遠方からお越しいただいた方、初めてお顔をお出しいただいた方、お孫さんと一緒の方、いつも一生懸命聞法をしていただく方々が、足もとの悪い中、お集まりいただき感謝申し上げます。
帳場の方が行事を知らせる鐘を撞きに鐘楼堂までの往復で足もとがずぶ濡れになられたこと、布教使さんがお越しいただいた時も、足もとの足袋が濡れられた大雨でした。


13時30分からお勤めの後、真楽寺の鷲山了悟師が、高田派でおなじみの「ふたいのいくらいすみやか えんとおもわんひとはみな 恭敬の心に執持して 弥陀の名号称すべし」の和讃(浄土高僧和讃 龍樹菩薩 第6首)を通しての法話でした。
「恭敬(くぎょう)」から、心の慎みのこと 「名号」への思い 「歓喜」から浅いよろこびと深いよろこび などご自身の経験を通して、阿弥陀さんの讃歎でした。
※中川個人の感想です。

秋分の日

春分の日・秋分の日
「自然をたたえ 生物をいつくしむ」 祝日法の春分の日の趣旨
「先祖をうやまい 亡くなった人々をしのぶ」 祝日法の秋分の日の趣旨

春分の日は、日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による春分が起こる春分日が選定され休日とされる。通例、3月20日から3月21日ごろのいずれか1日。
同様に、秋分の日も、日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による秋分が起こる秋分日が選定され休日とされる。通例、9月22日から9月23日ごろのいずれか1日。

【彼岸】
彼岸(ひがん)とは、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間(1年で計14日間)である。この期間に行う仏事を彼岸会(ひがんえ)と呼ぶ。
最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」(あるいは地方によっては「はしりくち」)と呼ぶ。
俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目「六波羅蜜」を1日に1つずつ修める日とされている。
語源
サンスクリットのpāram(パーラム)の意訳であり、仏教用語としては、「波羅蜜」(Pāramitā パーラミター)の意訳「至彼岸」に由来する。
Pāramitāをpāram(彼岸に)+ita(到った)、つまり、「彼岸」という場所に至ることと解釈している。悟りに至るために越えるべき迷いや煩悩を川に例え(三途川とは無関係)、その向こう岸に涅槃があるとする。
ただし、「波羅蜜」の解釈については異説が有力である。
由来
浄土思想でいう「極楽浄土」(阿弥陀如来が治める浄土の一種、西方浄土)は西方にあり、春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりである。現在ではこのように仏教行事として説明される場合が多い。それがやがて、祖先供養の行事へと趣旨が変わって定着した。
しかし、彼岸の行事は日本独自のものでインドや中国の仏教にはないことから、民俗学では、元は日本古来の土俗的な祖霊信仰が起源だろうと推定されている。五来重は彼岸という言葉は「日願(ひがん)」から来ており、仏教語の「彼岸」は後から結びついたものであるという。
歴史
806年(大同元年)、日本で初めて彼岸会が行われた。このとき崇道天皇(早良親王)のために諸国の国分寺の僧に命じて「七日金剛般若経を読まわしむ」と『日本後紀』に記述されている。

妙華寺では9月23日(祝・金)午後1時30分からお勤めをいたします。
そして真楽寺の鷲山了悟師のご法話がございます。
妙華寺では、ご法話をご聴聞していただくと法会参加票にスタンプを押印させていただいています。ご聴聞をお喜びするご縁となりますように、10回ご参加いただきますと記念の品をお渡ししています

※新型コロナウィルスの感染拡大防止対策をしての開催について、様々な意見があることは重々承知しておりますが、最終的にはお寺の住職の判断で、開催を考えています。

本堂入口に非接触型体温計・アルコール消毒液を設置するなどして対策を講じます。
マスク着用をお願いします。また風邪の症状の方・体調の優れない方はご参加をご遠慮していただく考えです。
そして健康である方も、不安を抱えながら参加する行事ではありません。
どうかご無理のないお気持ちでご検討をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

敬老の日と祖師寿

9月の第3日曜日は、敬老の日でした。
国民の祝日に関する法律(以後、祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日と定められています。祖父母や両親、恩師など人生の大先輩を敬い、感謝の気持ちとともに長寿のお祝いをする日なのです。2002年までは9月15日だった敬老の日が国民の祝日として制定されたのは、1966年のこと。2002年までは9月15日の固定日だったことを覚えている方もいらっしゃるかもしれません。9月の第3月曜日に変更されたのは、2000年からハッピーマンデー制度が適用されたためです。ハッピーマンデー制度とは、祝日の一部を月曜に移動させ、土日を含め3連休とし、余暇活動を拡大促進させようとするもの。祝日法の改正がおこなわれ、成人の日、体育の日、海の日、敬老の日が、固定日から月曜へと変更になりました。2003年以降、敬老の日は9月の第3月曜日と定められたのです。ただし、敬老の日の日付が変更となることへの反対も根強く、2001年、老人福祉法を改正。9月15日は「老人の日」として残ることとなりました。
敬老の日と老人の日の違い
敬老の日は祝日法で定められた国民の祝日で、毎年9月の第3月曜日です。一方、老人の日は老人福祉法により9月15日に制定。同日から9月21日までを「老人週間」とし、お年寄りの社会参加や健康長寿社会の促進など、さまざまな啓発活動がおこなわれます。敬老の日がお年寄りを祝う日であるのに対し、老人の日はお年寄り自身が元気でいきいきと暮らすことを促す日といった違いがありますね。

敬老の日の由来も諸説あるそうで、その1つに
「聖徳太子が悲田院を建立した日に由来する説593年に、聖徳太子が生活困窮者や身寄りのない人を収容するための施設「悲田院(ひでんいん)」を大阪に建立。悲田院は、今でいう孤児院や老人ホームの役割を担っていました。9月15日に建立されたことから、この日が敬老の日になったともいわれます」は宗教者としては興味深いです。
((https://web.hh-online.jp/hankyu-food/blog/lifestyle/detail/000795.html 参照 2022年9月21日))

真宗高田派では、降誕会(ごうたんえ)に親鸞聖人のお歳と同じ90歳になられた方を、「祖師寿」として、毎年お祝いをしています。祖師(親鸞聖人)のお歳を迎えられたこともうれしいことですし、これまで、阿弥陀さまの「はたらき」に出遇うことができたことがありがたいことと、私(住職)は受けとめています。

今年「祖師寿」を受けられた方に感想をお聞きして、寺報やHPでご紹介させていただくご了解をいただいています。

最近は、長寿になったことは確かですが、親鸞聖人のお歳までこの世に生をいただくのは大変でもあります。何か自分にもできる希望をもって過ごしていきたいと思います。

台風の影響にご注意を

台風の影響
九州に上陸した勢力の大きい台風14号がゆっくり近づいています。
昨日(18日)予定していました9月のTemple Morningも前日に中止を決めていました。

今日(19日)・明日(20日)午前にかけて三重県に最接近すると聞いていますので注意が必要です。

8月の急な雷雨の時は、申し訳ないことでしたが、本堂の上がり口にも雨が降り込むこともあり靴に雨がかかってしまいました。

お寺として対応は考えていますが、急な豪雨で、対応ができない場合があります。

※既に沖縄・九州地方他で被害に遭われました方々にはお見舞い申し上げます。