令和3年 年回

令和03年 年回表

01周忌 令和02年往生人
03回忌 平成31年・令和元年往生人
07回忌 平成27年往生人
13回忌 平成21年往生人
17回忌 平成17年往生人
23回忌 平成11年往生人
27回忌 平成07年往生人
33回忌 平成元年往生人
50回忌 昭和47年往生人
100回忌 大正11年往生人
150回忌 明治05年往生人
200回忌 文政05年往生人
250回忌 明和09年往生人
300回忌 享保07年往生人

※詳細は、本堂の向かって左手の年回繰出表をご覧下さい
※お勤めの日時が決まりましたらお寺にお知らせください。
土曜・日曜・祝日は、他のお同行様のお勤めの予定を聞いている場合もございます。

年回(年忌)法要
年回(年忌)法要をどうして勤めるの? 私(住職)も若かった頃はそのようなことを疑問に思っていました。ずいぶん前の『高田学報』に高田派の鑑学の先生の書かれた中で、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」とおっしゃられた言葉が私(住職)の中で肯くことができました。以前より時間が早く経つのか、するべき事が多すぎるのか少し前の大切な出来事も記憶の端っこに押しやられて忘れがちになるようなこともあります。歳を重ねていく中で、ご往生されました大切な方のことを思う時間が少なくなるのも現実です。それでも改めて大切な方と向き合う時間を年回(年忌)法要を通して持つことの意味を以前より感じています。
また、年回(年忌)と言うと故人の祥月命日を縁として行う法要で、妙華寺ではご往生されて1年後を1周忌、その次の年を3回忌(ご往生された年から数えて)その後7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、50回忌とお勤めをします。以降は50年毎に行われます。真宗では、ご往生された方を縁として仏法に遇い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する場でもあります。
そのように考えて見ますと、大切な方の33回忌に遇えることは、大切な方がご往生さられてから32年後のことであります。それも数えてみると8度目の年忌であります。その間のご遺族の皆様のご苦労に大変頭が下がりますが、今の時代は親御様の遠い年忌に遇うことができにくい時代です。その仏縁に遇う慶びは大きいものと思います。

中陰(ちゅういん)
中有(ちゅうゆう)のこと。生命あるものが死んで次の生をうけるまでの中間の時期。
また故人が亡くなって49日間のことで、7日毎に勤める法要を中陰法要という。真宗においては、阿弥陀仏の本願を信じ念仏するものは、現生に正定聚の位に入り、命終すると直ちに往生成仏するので追善供養でなく、故人の死を縁として仏法に遇い、故人も遺ったものも、阿弥陀仏にひとしく摂取されている恩徳に報謝するお勤めです。
妙華寺では、「中陰逮夜忌」として49日の日をお知らせしています。逮夜(たいや)勤めといいますので、前日の夜のお勤め日を記載しています。
いつしか葬儀式の後、初七日を続けてお勤めするようになりました。その最初の頃は、初七日は、別の日のお勤めですので、一旦お寺の門から出て改めて門から入り本堂へお上がりになっていました。またそれ以前は、初七日の日までの夜は、自宅で組(地域)の方々と共にお勤めをされていたこともお聞きしています。
以前と比較することではありませんが、大切な方を亡くされた悲しみを遺された個人や家族で抱え込むような時代になったようにも感じます。
これまでの仏教の行事が、大切な方を亡くされた悲しみをケアする存在では無くなってしまったのでしょうか?  私達のコミュニティへの考え方も変化している中でお寺や僧侶に求められていることを変わってきているようにも感じます。それでも僧侶として「私を救うと誓われた仏の願い」を伝える工夫をしていかなければいけません。

命日(めいにち)
大切な方がご往生された日を「命日」と言います。また「忌日」とも言います。ご往生された月の命日を祥月命日と言い、他の月々の命日を月命日、月忌とも言うそうです。
私たちは生まれた日を誕生日と言いお祝いをしますが、ずいぶん前に「誕生」とは「うそがうまれる」という意味もあることを聞きました。私たちがこの世に生まれ、生きていく上で嘘もつかなければ生きていくことができない存在であることを私に教えていただいています。
では、「命日」は「いのちの日」と言うことはどのような意味があるのか考えています。中国では亡くなられた時にその人の評価が定まると考えられていると聞きました。日本でもそのように考える場合もありますし、死後に災いが起こらないように祀(まつ)ることもありました。真宗では、故人の命日を縁として仏法に遇う、阿弥陀仏(如来)の恩徳に報謝する日と思います。

忌日(きじつ)
以前、「忌日」について、忌まわしいと言う字が含まれていますがと尋ねられました。
私の大切な方が亡くなられた時、亡くなられたことをすぐには受け入れがたい心があります。亡くなられてからも生きているように感じる心もあります。しかし、私から離れた方の死について、不浄なものと考えてしまう気持ちも出てくる場合があります。高田派の鑑学の先生が、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」と述べられたことを思い出します。

真宗では親鸞聖人のご命日を縁としてお勤めする報恩講があります。高田本山では毎年1月9日から16日までお勤めいたします。各寺院も毎年一番大切な行事としてお勤めしています。(妙華寺では12月の第1日曜日です)
私の大切な方のご命日も、私が仏法に出遭い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する大切なご縁であったことに間違いないことです。

令和3年の法苑院妙華寺の行事

1月  1日 午前5時30分  修正会 お七夜のお七夜券配布します

1月 4日         井戸山報恩講

3月 20日 午後1時30分 春彼岸会  布教使 戸田栄信師

4月 7日8日       メリシャカ(花祭り)隣寺とスタンプラリーしています

4月 29日 午後1時30分 春千部会  布教使 高藤英光師

7月 7日         初盆火入れ(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

7月 12日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

7月 23日        初盆総回向

8月 7日         初盆火入れ(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

8月 11日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

8月 23日        初盆総回向

9月 23日 午後1時30分 秋彼岸会 布教使 鷲山了悟師

10月 23日 午後1時30分 秋千部会 布教使 佐波真教師

12月 5日 午後1時30分 報恩講  布教使 葛野洋明師

12月 31日 午後5時   歳末会

【報告】初盆総回向

【報告】 初盆総回向
7月の初盆のお勤めが終わりました。妙華寺では初盆の最後のお勤めを初盆を迎えられましたご家族の皆様と一緒にお勤めしています。
今回も昨年と同様、新型コロナウィルス感染症の感染防止の為に、多くの方が「集う」ことのリスクを考えて同じ内容で、17時からと19時からの2部制にしました。

23日はご本尊の正面に「いのちの積み木」を飾ります。
「いのちの積み木」は、先祖を可視化する積み木のおもちゃです。私の「いのち」のつながりの中で考えさせられることもあります。そして、「感謝の心」を育むことが「生きる力」なることをお伝えできれば良いのですが限られた時間では難しいです。
※「いのちの積み木」のワークショップはコロナ禍では開催が難しいですが、オンラインで開催していますので、ご興味のある方は「いのちの積み木」のHPでご確認ください。

また、「高田派の平素のお給仕」をお話ししてご自宅のお仏壇の作法を改めてご確認していただいています。

今年は、傾聴僧の会が、亡くなられた方へご遺族様が自分の想いを「言語化」して、手向けることで、ご遺族様を援助できればと考えられた事業の「ことはな」を初盆の火入れの時に、ご遺族にお渡しさせていただきました。
23日の総回向までにお供えされました「ことはな」は、24日にお焚き上げさせていただきます。

また、いつも初盆の方の法名を余間に安置しています。その余間には、「南無不可思議光如来」の九字名号と「帰命無量盡十方無碍光如来」の十字名号が掛けられてあります。
共に「南無阿弥陀仏」の名号の別号でありますので、「倶会一処」のお浄土に、一緒にいらつしゃるお姿と見ることもできこちらも、可視化の一方法であるようにも感じています。

消火器の交換

梅雨も明け暑い日が続いています。
お寺にある消火器の取り替え時期になりました。本堂は、後堂に1つ、給湯室に1つ、廊下に1つ、会館に1つ、庫裡に2つ、書院に1つの計7つです。およそ10年毎の交換です。
これまでは、加圧式粉末ABC消火器でしたが、今回は蓄圧式粉末ABC消火器にしました。使い方は同じですが、蓄圧式の方が安全性にすぐれているようです。
初期消火訓練は、毎年1月の文化財防火週間に行っています。(今年は、コロナ禍で中止でした)
近年は、自然災害も多くなりつつあります。東南海地震の発生も論じられています。防火並びに防災に対してお寺ができることも考えていきたいと思います。

【災害支援マップ】

COVID-19(新型コロナウィルス感染症)におけるお寺の対策

COVID-19(新型コロナウィルス感染症)におけるお寺の対策

平素は、法苑院妙華寺の寺院活動にご協力・ご支援を賜り、ありがとうございます。
昨年から妙華寺でもCOVID-19(新型コロナウィルス感染症)における感染対策を講じてきています。改めて現在(令和3年7月21日)のお寺の対策を紹介します。

葬儀は、催される式場が、適切な 密閉・密集・密接でない環境を確保・提供されていましたら行います。

お同行様の法事では、本堂の対策としまして、お参りに見えます皆様に安全、安心を提供できますよう既にHPでご紹介させていただいてますが、本堂入り口での手指の消毒・給湯室にうがい・手洗い場の確保・座っていただく椅子は、仕切り板を使い畳一畳に2席で36席の確保(それ以上の人数の場合は調整させていただきます)・水分補給のウォーターサーバーの設置・手が触られる部分(出入り口や手すり)のアルコール消毒をこまめに行っています。

とはいえ、決して不安や不満を抱えながらお越しいただくことではありません。どうかご無理ない範囲でご検討をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

新しい試みとして、インターネット環境が整っていましたら、遠隔地からでも本堂のお勤めをオンラインで共有(live配信)もできます。
また、これまででもご要望がございます、お寺の住職だけのお勤めもさせていただいています。

尚、私(住職)の健康管理として、昨年3月から一日に2度~3度の検温と、うがい、これまでにない入念な手洗いをしています。また、今年6月中にワクチン接種も完了しました。

他にもご心配がございましたら、気兼ねなくお寺にお尋ねください。

これからも緊急事態宣言が発令され、不安がさらに増すことと思います。
コロナ禍の中、過剰な反応で「不安を差別につなげてはいけません」思い 込みが差別や偏見を生みます。正しい知識・情報に基づいて行動をしましょう。

 今、みんなが不安に包まれやすくなっています。そんな時だからこそ、自分の言葉や行動が差別につながっていないか、「誰か」のことでなく「自分のこと」として考えて見ることが大切です。悪意がない言動が人権侵害につながることもあります。
 そして、感染対策に影響を与える可能性があります。正しい知識と情報をもとに行動しましょう。それが、新型コロナウィルス感染症から、自分を、家族を、みんなを守ることにつながります。    【法務省・全国人権擁護委員会連合会のチラシから抜粋】
長い時間がかかるかも分かりませんが、今の医学や科学の力でこのウィルスの脅威を沈静化できることを信じていますが、それまでに救えなかった「いのち」を忘れず、阿弥陀様の「はたらき」が私の不安な心を安心できるよう「み教え」をお伝えできるよう精進させていただきます。

令和3年7月21日

法苑院 妙華寺 中川 和則

 

※1年3ヶ月ぶりに更新しました。STOPコロナ差別

【報告】7月のお盆

【報告】7月のお盆
妙華寺では地区を分けて7月と8月にお盆勤めをしています。7月のお盆は、毎年梅雨の終わりの頃で雨を気にしながらのお盆です。最近の予報は、雨雲レーダーで自分の居る場所に雨が降るのか詳細にわかる情報がありますが、時間毎に変化していきますので悩むところです。今年は12日から15日の4日間、雷が鳴ったりしましたが、傘は必要ありませんでした。

7月のお盆勤めをお手伝いしていただいています3名の僧侶がいてくださることで例年お盆お勤めができること感謝しています。
今年のお勤めの後の話題は、ワクチン接種のことでした。お仏壇を守られている方は、年配者が多く、津市では、早い方では5月中旬から接種がはじまっています。2回接種が完了された方、1回済まされた方、そしてこれからの方。お盆勤めのその日が接種日で、時間を気にかけられている方様々でした。続いては、墓じまいや終活のことで、元気な時にご家族と話し合っていただくことが大切と話しています。1年に一度の訪問してのお勤めですが、近況を知ることになります。
昨年より、コロナ禍でも前向きな感じを受けました。
毎年でありますが、お仏壇を何代にも渡りその家で大切にされてきたことに頭が下がります。

※住職も65歳以上の高齢者枠で6月中に2回接種が完了していましたので、自分の中で少し安心したお盆でした。

地区を区切って日にちを指定してのお盆のお勤めですのでその日の予定でご都合がつかない場合は、前もってお知らせいただきますと、お墓でお盆勤めをさせていただいています。お盆の期間中は、ご遠方のお同行様へも出向くことが難しい為、ご連絡をいただきますと前後の日になりますが、本堂やお墓でお勤めをさせていただいています。
ご都合のつかなかった方の墓前で12日の午後から時間がある時にお勤めをしております。

【案内】8月15日 津・平和の鐘

【案内】8月15日津・平和の鐘
今年4回目になる、「津 平和の鐘」を8月15日に開催します。「津がつながる津ぅりずむ」が主催し、津市内にある鐘を撞き「戦没者の追悼と世界平和を祈念する」ことに賛同した寺院が正午に黙祷をしてから鐘を撞きます。
妙華寺も趣旨に賛同して終戦記念日の15日(日)正午から13時までの間、一分間の黙祷の後、鐘をつきました。
昨年同様、コロナ禍の中ですので呼びかけはしませんが、新型コロナウィルス感染症の感染防止対策をしています。8月15日正午から13時までの間お墓参りにお越しの場合、鐘をお撞きいただく機会もあります。

※妙華寺の鐘は、お寺の行事の案内の時だけ撞いています。

今月のおてらおやつクラブ

7月のおてらおやつクラブ
7月の「おすそ分け」の配布のシステムが少し変更になりました。
手渡しで、近くの支援団体様へ「おすそ分け」するのはこれまで通りですが、妙華寺の場合、離れた支援団体様へ「おすそ分け」する時は、宅配便を利用していますので宅配業者の事務所へ車で「おすそ分け」を持参してお送りしていました。7月からは、「おてらおやつクラブ」のマイページから「集荷依頼」から支援団体様を選ぶび、「おすそ分け」の準備をしておくと、宅配業者が、お寺まで取りに来ていただくことになり、お寺としては、宅配業者の事務所まで行く手間が省け、また、配送料もおてらおやつ事務局さんの負担になりこれまでと違いありがたいことになりました。
5日に1つの支援団体様へは手渡し、1つの支援団体様へは、今日「集荷依頼」の扱いでお願いしました。
これまで個人負担していた送料を事務局さんが負担していただくことになりましたので、私としては、それに見合う金額を事務局に寄付をすることにしました。ご存知とは思いますが、「おてらおやつクラブ」は昨年「特定NPO法人」になりましたので寄付金には優遇措置として個人の場合、確定申告で寄付金控除をうけることができます。

また、年2度回収の古本勧進での古本も募集しています。
今回は8月月末までに集まった古本を寄付させていただきます。
不要になりました古本がありましたらいつでもお寺にお持ち込みください。
対象の本は、裏表紙にバーコードのあります文庫本・新書本・単行本です。
申し訳ございませんが、週刊誌・雑誌・百科事典・全集は対象外です。
本以外、書き損じのハガキ・不要なCDも受け付けています。

お寺の掲示板

お寺の掲示板
一人で抱え込まないで、専門家の力を借りる

『人は人を救えないが、「癒やす」ことはできる』 谷川洋三著から

著書では続けて、「グリーフケアを受けられる専門家や施設、団体は他にもいろいろあります。長く日常生活を送れない場合は、一人で悩まず、ぜひ相談してみましょう」

周囲の人の助けだけで状況が変わらない場合は、いろいろな団体や専門家のグリーフケアを受けることができます。
・自助グループによるグリーフケア
・カウンセリングによるグリーフケア
・病院によるグリーフケア
・宗教によるグリーフケア
などありますが、受ける側が積極的に求めていかなければならないものもあります。

※「一人で悩まない」ことは頭の中でわかっていても、グリーフケアの団体や専門家につながる手立がわからなくてはどうしても「一人で悩む」ことになるのではないでしょうか。グリーフケアの団体や専門家が、「一人で悩んでいる方」とつながる関係を発信したりする努力も必要なのでしょう。私のお寺も伝える努力をしていきます。

四季の花(7月)

四季の花
雨の中、8日に今季2度目のハスの開花でした。今日9日の朝の散歩時、セミの鳴き声を聞きました。例年より少し早い気もしますが、夏がやってくるのでしょう。先月から咲き出しています夏の花もムクゲやキキョウも元気です。百日紅も1つの樹木で咲き出しました。
今年は、梅雨の期間が長く、蒸し暑い日が続きますが、体調管理をしながら乗り越えましょう。

終活行事について

終活行事
妙華寺では、昨年「終活カフェ」3回、行政書士さんにお願いしてお寺の行事の後、「相続」「死後事務委任」「介護保険」について開催しました。それ以前も「終活行事」として、婦人会の総会後やお寺の行事の後、「エンディングノートの書き方」「死の体験旅行のワークショップ」「健康体操」で何度か開催していましたが、今年は、コロナ禍で、「集う」行事についてはノープランでした。

このような時期に終活行事の勉強会に参加しました。終活カフェを開催されていますお寺の副住職さんのこれまでで気づいたこと、これからの抱負を拝聴しました。
お話をされました副住職さんも、コロナ禍で「集う」ことに心配もあり、昨年(2020年)は「お寺葬」についてを人数制限して同じ内容で3回にわけ開催されたそうです。そして今年(2021年)は、個別相談会として、ご家族単位で「終活相談会」を開催されているようです。
多くが一同に「集う」ことでなく何度かに分けて開催することや「家族単位の終活相談会」は、コロナ禍での「終活行事」として、また、はじめるにあたって負担が少ないように思い。妙華寺でも、9月の秋彼岸会頃からはじめようと勇気をもらいました。
また、詳細は決まり次第お知らせします。