令和6年 年回表

令和06年 年回表

01周忌 令和05年往生人
03回忌 令和04年往生人
07回忌 平成30年往生人
13回忌 平成24年往生人
17回忌 平成20年往生人
23回忌 平成14年往生人
27回忌 平成10年往生人
33回忌 平成04年往生人
50回忌 昭和50年往生人
100回忌 大正14年往生人
150回忌 明治08年往生人
200回忌 文政08年往生人
250回忌 安永04年往生人
300回忌 享保10年往生人

※詳細は、本堂の向かって左手の年回繰出表をご覧下さい
※お勤めの日時が決まりましたらお寺にお知らせください。
土曜・日曜・祝日は、他のお同行様のお勤めの予定を聞いている場合もございます。

年回(年忌)法要
年回(年忌)法要をどうして勤めるの? 私(住職)も若かった頃はそのようなことを疑問に思っていました。ずいぶん前の『高田学報』に高田派の鑑学の先生の書かれた中で、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」とおっしゃられた言葉が私(住職)の中で肯くことができました。以前より時間が早く経つのか、するべき事が多すぎるのか少し前の大切な出来事も記憶の端っこに押しやられて忘れがちになるようなこともあります。歳を重ねていく中で、ご往生されました大切な方のことを思う時間が少なくなるのも現実です。それでも改めて大切な方と向き合う時間を年回(年忌)法要を通して持つことの意味を以前より感じています。
また、年回(年忌)と言うと故人の祥月命日を縁として行う法要で、妙華寺ではご往生されて1年後を1周忌、その次の年を3回忌(ご往生された年から数えて)その後7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、50回忌とお勤めをします。以降は50年毎に行われます。真宗では、ご往生された方を縁として仏法に遇い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する場でもあります。
そのように考えて見ますと、大切な方の33回忌に遇えることは、大切な方がご往生さられてから32年後のことであります。それも数えてみると8度目の年忌であります。その間のご遺族の皆様のご苦労に大変頭が下がりますが、今の時代は親御様の遠い年忌に遇うことができにくい時代です。その仏縁に遇う慶びは大きいものと思います。

中陰(ちゅういん)
中有(ちゅうゆう)のこと。生命あるものが死んで次の生をうけるまでの中間の時期。
また故人が亡くなって49日間のことで、7日毎に勤める法要を中陰法要という。真宗においては、阿弥陀仏の本願を信じ念仏するものは、現生に正定聚の位に入り、命終すると直ちに往生成仏するので追善供養でなく、故人の死を縁として仏法に遇い、故人も遺ったものも、阿弥陀仏にひとしく摂取されている恩徳に報謝するお勤めです。
妙華寺では、「中陰逮夜忌」として49日の日をお知らせしています。逮夜(たいや)勤めといいますので、前日の夜のお勤め日を記載しています。
いつしか葬儀式の後、初七日を続けてお勤めするようになりました。その最初の頃は、初七日は、別の日のお勤めですので、一旦お寺の門から出て改めて門から入り本堂へお上がりになっていました。またそれ以前は、初七日の日までの夜は、自宅で組(地域)の方々と共にお勤めをされていたこともお聞きしています。
以前と比較することではありませんが、大切な方を亡くされた悲しみを遺された個人や家族で抱え込むような時代になったようにも感じます。
これまでの仏教の行事が、大切な方を亡くされた悲しみをケアする存在では無くなってしまったのでしょうか?  私達のコミュニティへの考え方も変化している中でお寺や僧侶に求められていることを変わってきているようにも感じます。それでも僧侶として「私を救うと誓われた仏の願い」を伝える工夫をしていかなければいけません。

命日(めいにち)
大切な方がご往生された日を「命日」と言います。また「忌日」とも言います。ご往生された月の命日を祥月命日と言い、他の月々の命日を月命日、月忌とも言うそうです。
私たちは生まれた日を誕生日と言いお祝いをしますが、ずいぶん前に「誕生」とは「うそがうまれる」という意味もあることを聞きました。私たちがこの世に生まれ、生きていく上で嘘もつかなければ生きていくことができない存在であることを私に教えていただいています。
では、「命日」は「いのちの日」と言うことはどのような意味があるのか考えています。中国では亡くなられた時にその人の評価が定まると考えられていると聞きました。日本でもそのように考える場合もありますし、死後に災いが起こらないように祀(まつ)ることもありました。真宗では、故人の命日を縁として仏法に遇う、阿弥陀仏(如来)の恩徳に報謝する日と思います。

忌日(きじつ)
以前、「忌日」について、忌まわしいと言う字が含まれていますがと尋ねられました。
私の大切な方が亡くなられた時、亡くなられたことをすぐには受け入れがたい心があります。亡くなられてからも生きているように感じる心もあります。しかし、私から離れた方の死について、不浄なものと考えてしまう気持ちも出てくる場合があります。高田派の鑑学の先生が、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」と述べられたことを思い出します。

真宗では親鸞聖人のご命日を縁としてお勤めする報恩講があります。高田本山では毎年1月9日から16日までお勤めいたします。各寺院も毎年一番大切な行事としてお勤めしています。(妙華寺では12月の第1日曜日です)
私の大切な方のご命日も、私が仏法に出遭い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する大切なご縁であったことに間違いないことです。

令和6年の法苑院妙華寺の行事

1月  1日 午前5時30分  修正会 お七夜のお七夜券配布します

1月 4日         井戸山報恩講

3月 20日 午後1時30分 春彼岸会  布教使 戸田栄信師

4月 7日8日       メリシャカ(花祭り)隣寺とスタンプラリーしています

4月 29日 午後1時30分 春千部会  布教使 高藤英光師

7月 7日        初盆火入れ(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

7月 12日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

7月 23日        初盆総回向

8月 7日         初盆火入れ(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

8月 11日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

8月 23日        初盆総回向

9月 22日 午後1時30分 秋彼岸会 布教使 鷲山了悟師

10月 26日 午後1時30分 秋千部会 布教使 佐波真教師

12月 1日 午後1時30分 報恩講  布教使 大河戸悟道師

12月 31日 午後5時   歳末会

真慧展

真慧展
昨年5月に新しくなった宝物館「燈炬殿」で真慧展が開催されています。
真慧上人の著書『顕正流義鈔』の現代語訳版の出版記念も兼ねています。
高田派では真慧上人を中興上人と尊んでいます。親鸞聖人御誕生850年の奉讃法会で併せて真慧上人500回遠忌も厳修していました。昨年三重県の総合博物館で開催された「親鸞 専修寺の至宝」展でも真慧上人に関する法宝物の展覧がありましたが、今展覧会で初めて披露される宝物もあり、更に学ぶことができました。5月6日まで開催されていますので、ご興味のある方は是非宝物館へ足をお運びください。

真慧上人に関しては、妙華寺の平成26年の研修旅行で滋賀県坂本の西教寺にある真慧上人のお墓に行きました。

【高田派第10世】真慧(しんね)上人 永正9年(1512)10月22日示寂

下野国(現栃木県)の高田門徒の中心である専修寺には、親鸞聖人在世中から三河国に高田門弟の道場(寺院)があったが、更に西の近畿地区に教線を伸ばしたのは真慧上人であった。真慧上人は、北陸および近江国(滋賀県)・伊勢国(三重県)を教化し京都へも進出を図ろうとしている。また、公家社会への接近も顕著である。

『正統伝後集』(五天良空著)によると真慧上人は26歳に下野国高田を出て加賀・越前を経て近江国坂本十津浜妙林院(みょうりんいん)に逗留したという。他の史料からも確認されるので信頼できると思われる。坂本は琵琶湖の要所で比叡山延暦寺の荘園の年貢はここから陸揚げされたので比叡山の外港として、比叡山の里坊の門前町となっている。この地に真慧上人は逗留されたのは、比叡山との接触をはかる為と考えられる。また当時本願寺の蓮如上人も琵琶湖沿岸に教線を延ばしていたため接触をはかったと思われる。

伊勢国には寛政元年(1460)頃に入られ教化されたようだ。近江から伊勢への移動には、蓮如上人との軋轢が生じたのも一因であろう。寛政六年(1465)の比叡山僧徒の大谷本願寺破却事件で、真慧上人は専修寺と本願寺の混同は困るとして比叡山に登山し熱弁をふるい比叡山僧も認めたと伝えられている。その褒賞が専修寺の如来堂の阿弥陀如来像(証拠の如来)とある。

「顕正流義鈔」・「永正規則」・「中陰次第」を撰述、「野袈裟」の創始するなど、高田門徒の諸制度を整備確立し、高田派の中興として崇められている。
「顕正流義鈔」は、真慧39歳の時に書かれた。内容は、顕正と破邪の二部から成り立ち、顕正の部分では、伝統に基づく称名念仏の真実性が述べられ、破邪の部分では、高田門徒に向けられた邪義①念仏して助かろうと思うのは自力である②念仏して助かろうと思うのは第19願の心で諸行往生である③絵像・木像は方便で有り利益はないと言う三箇条の非難と相丞論に対して反論している。本書が執筆された文明4年は、本願寺8代蓮如が越前吉崎で独自の教化活動を展開し勢力を拡大している時期で、また真宗各派の対立が顕著になる時期でもあった。このような背景の中、高田の伝統流儀を高揚したのが本書である。
「永正規則」は永正元年(1504)真慧71歳の時に発出した御書で、真慧の教化態度が端的に示されている。右筆門弟に筆記させ、末尾に真慧が花押を書き加える。北陸での教線拡張にあたり本願寺との緊張関係が高まる時期に門弟にあてた四箇条からなる条文で門弟の心構えを誡め、本寺崇敬の心を忘れず、阿弥陀如来の本願を信じ、念仏を称えよと説き、そのプロセスを「一本寺、二善知識、三信心、四念仏、是肝要也」と結んでいる。

【案内】4月のTemple Morningは21日午前8時からです

【案内】コロナ下から始まったTemple Morningは、今年で5年目を迎えます。
これまでも多くの方々にご参加いただきありがとうございます。

今年の最初は04月21日(日)午前8時から9時頃までです。
今年は6回のご案内です。
Temple Morning お寺の朝(テンプルモーニング)はじめます
いつもと違う朝 気持ちを整えて集中できる時間を創りませんか

予定 お勤め(10分)・境内の掃除(30分)・お話(10分)・茶話会(自由参加)
風邪の症状のある方・37.3度以上の熱のある方はご遠慮ください。
   お勤め・お話は、短めに、自由参加の茶話会は、当面中止します
掃除道具は貸し出します。途中出入り自由です。雨天は中止です。

お寺の掃除を今風に呼びかけるには、これまで妙華寺の境内(特にお墓)の草抜きなどの掃除は、古くは草抜きなどをされている方、そして現在は高齢者(シルバー)人材センター様に登録されている方にお願いをしていました。依頼していました方がご高齢になり、次の世代の方に草抜きを希望される方がいない状態になり2020年から境内(墓)の掃除が難しくなったことが主たる要因です。境内(特にお墓)の清掃として1年の内おそよ8が月延べ160日(1日6時間労働)ほどこれまで高齢者(シルバー)人材センター様に登録されている方々に境内の清掃をしていただいていました。お寺側の身勝手な思いでありますが、お同行の皆様のお力をいただき境内(特にお墓)がこれまでのようにきれいな環境を保てることを願う行事です。
各位のそれぞれのご事情もありますので、お身体の状況をお考えていただきお時間が許しましたら一緒に境内をお掃除しませんか。
Temple Morningは、境内(外)の掃除に集中してすることで気持ちを整える時間です。
お一人お一人十分なほど距離をとることは可能です。

どうかご無理のないお気持ちでご検討をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

年6回 第3日曜日午前8時から1時間【1月・2月・3月・7月・8月・12月は休会・雨天中止】
4月21日・5月19日・6月16日・9月15日・10月20日・ 11月17日
清々しい朝の1時間 お寺で過ごしませんか

Processed with MOLDIV【2023年Temple Morning】

真宗入門講座

真宗入門講座
高田本山は、穏やかで桜がきれいな日でした。
昨年から始まった高田本山に伝わる「親鸞伝絵」の各段の紹介が続いています。
今回は、「師資遷謫(ししせんちゃく)」の段です。
法然門下に法難がふりかかりました。私(住職)が高校時代の教科書で鎌倉時代に新仏教の1つとして専修念仏集団が取り上げられますが、これまでの顕密仏教が中心の時代であったと今では認識されています。顕密仏教側から法然の教えへの異議が朝廷に提出され、死罪の者も出ましたが、法然聖人をはじめ、親鸞聖人も流罪になりました。その時の話です。
親鸞聖人が流罪になった理由は定かではありませんが、越後の国府にいかれたことは事実です。また、この法難について『教行証文類』の後序で、親鸞聖人の思いが述べられています。非僧非俗で「愚禿(ぐとく)」と名乗られたのもこの頃から時です。

今年の真宗入門講座4回が終了しました。次回は来年の1月からとなりますので、心待ちにしています。

お寺とは④

お寺とは④ 伝えることの難しさ
3月23日の中日新聞カルチャー紙面で、鷲田清一氏の「時のおもり」を拝読しました。時あたかも、年度末の送別の行事のことから、鷲田氏が経験した大学での告辞の思い出から、多くの卒業生に、言葉を届ける難しさを語られている。「(前略)・・・言葉が届かないもっと根本的な理由はほかにある。聴く人は、そもそも同じ思いでそこに臨んでいるわけではない。そういう人たちに一律に同じ言葉を届けるというのはどだい無理な話だし、また正しいことではない・・・(後略)」その後、「ふーん」という感覚を残せるかどうかにある。と話が進む。
このコラムを読んで、私(住職)は、お寺で仏教や親鸞聖人の教えを伝える難しさとも同じようだと感じてしまいました。私(住職)は鷲田氏のような研究家でもないし、専門的な教育を受けたわけでもないので私自身がもっと学ばなければいけない立場ですが、生活者が求めている仏教や親鸞聖人の教えもさまざまな考え方であるし、仏教の教えとは離れていることをお寺や僧侶(宗教者)に求められる場合もあります。

また、生活者に仏教や親鸞聖人の教えが必要なのかと言えば、はっきり必要と断言できるものでない気がします。必要とする人に伝えていくことが普通ではないか。届かないなら、届かないでも良いのかもしれない。私(住職)にも、仏教や親鸞聖人の教えが届いていたことに気づけるときが来たように、今必要でない人にも必要と思える時に届けられるようにも思うこの頃です。

【報告】花祭り(メリシャカ)

【報告】花祭り(メリシャカ)
今年は、桜が満開の中での2日間でした。例年風に悩ませられますが今年は7日は穏やかで、8日の昼前から雨が降り出しました。
毎年ですが、お檀家様からお花をお持ちいただき、感謝しています。誕生仏の花御堂(はなみどう)が引き立ちます。
コロナ下から、お飲みされます甘茶は、ご希望の方にお出ししています。
私(住職)は、爽やかで少し甘みがある味を美味しく感じますが、少し漢方薬っぽい味と感じられる方もいらっしゃいます。
隣寺は、今年は6日7日8日と開催されていました。
世間ではキリストの誕生日は認知されていますが、お釈迦さんの誕生日は、まだまだなように感じています。全国の若い僧侶たちがいろんな活動をしていますので、妙華寺でもお釈迦さんの誕生日に注目していただくよう活動を続けていきたいと思っています。

【案内】メリシャカ(花祭り)は、7日・8日です

【案内】7日・8日

おシャカさまの誕生をみんなでお祝いしよう!
4月8日はおシャカさまの誕生日。
『メリシャカ』

妙華寺では4月8日のお釈迦様の誕生日をお祝いし、「いのちを尊重する日」として、花祭りを行っています。お堂の屋根に花を飾るのは、お釈迦様の生まれられたルンビニーという美しい果樹庭園を現し、甘茶をかけるのは、お釈迦様誕生の時、天から2匹の龍が降り、甘露(かんろ)の雨をふらせ、お釈迦様に産湯をつかわせ洗い浄めたという言い伝えによるもので、産湯でありながら頭からかけるのは、2匹の龍がかわるがわる熱からず、ぬるからず甘露を天からふらしたことによるもので、龍をひしゃくにたとえたものであります。

どうぞ有縁の皆様方も、1人1人のいのちを尊重し、全人類の光となり、救いとなって、無上の歓びが与えられるよう、柄杓で甘茶を「誕生佛」の頭上にそそがれ、お釈迦様の誕生を心よりお祝い致しましょう。

◆お花がありましたらお持ち下さい。
花御堂にお供えいたします。
※隣の玉せん寺様でも花祭りを行っています。

写真は昨年(2023)のもの

4月のお茶

4月は、桜や花祭りのテーマや新年度ですので旅立ちや出会いのテーマの茶会をよく聞きます。
そして、暖かい日も続き、半年続いた、炉の最後の月です。五徳がない炉で、暖かさを感じさせない工夫として、透木釜が使われます。また、炉の名残りの月です。
炉の時期の花は、椿が主になります。11月から4月までの間に咲く椿を数種類用意するのは大変です。年によって花が咲く時期も微妙に違い、開炉の頃や名残の頃の椿には苦労します。

お寺では、花祭りの行事があります。誕生仏に甘茶を濯ぎお祝いをします。
待合に誕生仏を荘るのも喜ばれます。

※透木は、風炉でも使われます。

お寺の4月

お寺の4月
4月8日はお釈迦様の誕生日で「花祭り」「メリー釈迦」などと称して誕生仏に甘茶をおかけしてお祝いします。最近は、桜の開花が早まり、散り始めの時もありますが、今年はその頃が満開のような気もします。妙華寺では、隣寺と協賛して7日8日に本堂の前に誕生仏をお出ししています。スタンプラリーとして隣寺の花祭りも参加されました方に記念品を差し上げています。 ※今年は隣寺は6日7日に開催されるそうです。
月末の29日は春の千部会の行事があります。以前は、28日に戦没者の碑前でお勤めもしていましたが、戦後50年でお勤めを終えました。今は、毎月16日に他の碑前のお勤めと一緒に戦没者の碑前でもお勤めをさせていただいています。

宗教法人の新年度ですので、昨年度の会計決算などを総代会や世話方会で報告しますので、なんとなく忙しく日々が過ぎていきます。

【案内】4月の日曜学校は7日です

【案内】4月の日曜学校は、7日朝7時30分からです
新しい年度に入ります。今年は桜の開花が昨年より遅く、3月末でした7日頃は満開の時期のような。花祭りの頃でもあり楽しみです。
ご家庭での平素の夕時のお勤め(嘆仏偈・文類偈・5首和讃)を一緒にお勤めいたします。輪(りん)の鳴らし方や、念珠の持ち方もご一緒にしますので自然と覚えます。
新しい年度始まりから、日曜学校にご参加しませんか。

また、ご参加いただきますと念珠の一珠をお渡しして、24珠で単念珠が、108珠で二連念珠ができるようにご用意しています。(親珠には「妙華寺」の寺院名が刻印されています)