令和5年 年回

令和05年 年回表

01周忌 令和04年往生人
03回忌 令和03年往生人
07回忌 平成29年往生人
13回忌 平成23年往生人
17回忌 平成19年往生人
23回忌 平成13年往生人
27回忌 平成09年往生人
33回忌 平成03年往生人
50回忌 昭和49年往生人
100回忌 大正13年往生人
150回忌 明治07年往生人
200回忌 文政07年往生人
250回忌 安永03年往生人
300回忌 享保09年往生人

※詳細は、本堂の向かって左手の年回繰出表をご覧下さい
※お勤めの日時が決まりましたらお寺にお知らせください。
土曜・日曜・祝日は、他のお同行様のお勤めの予定を聞いている場合もございます。

年回(年忌)法要
年回(年忌)法要をどうして勤めるの? 私(住職)も若かった頃はそのようなことを疑問に思っていました。ずいぶん前の『高田学報』に高田派の鑑学の先生の書かれた中で、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」とおっしゃられた言葉が私(住職)の中で肯くことができました。以前より時間が早く経つのか、するべき事が多すぎるのか少し前の大切な出来事も記憶の端っこに押しやられて忘れがちになるようなこともあります。歳を重ねていく中で、ご往生されました大切な方のことを思う時間が少なくなるのも現実です。それでも改めて大切な方と向き合う時間を年回(年忌)法要を通して持つことの意味を以前より感じています。
また、年回(年忌)と言うと故人の祥月命日を縁として行う法要で、妙華寺ではご往生されて1年後を1周忌、その次の年を3回忌(ご往生された年から数えて)その後7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、50回忌とお勤めをします。以降は50年毎に行われます。真宗では、ご往生された方を縁として仏法に遇い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する場でもあります。
そのように考えて見ますと、大切な方の33回忌に遇えることは、大切な方がご往生さられてから32年後のことであります。それも数えてみると8度目の年忌であります。その間のご遺族の皆様のご苦労に大変頭が下がりますが、今の時代は親御様の遠い年忌に遇うことができにくい時代です。その仏縁に遇う慶びは大きいものと思います。

中陰(ちゅういん)
中有(ちゅうゆう)のこと。生命あるものが死んで次の生をうけるまでの中間の時期。
また故人が亡くなって49日間のことで、7日毎に勤める法要を中陰法要という。真宗においては、阿弥陀仏の本願を信じ念仏するものは、現生に正定聚の位に入り、命終すると直ちに往生成仏するので追善供養でなく、故人の死を縁として仏法に遇い、故人も遺ったものも、阿弥陀仏にひとしく摂取されている恩徳に報謝するお勤めです。
妙華寺では、「中陰逮夜忌」として49日の日をお知らせしています。逮夜(たいや)勤めといいますので、前日の夜のお勤め日を記載しています。
いつしか葬儀式の後、初七日を続けてお勤めするようになりました。その最初の頃は、初七日は、別の日のお勤めですので、一旦お寺の門から出て改めて門から入り本堂へお上がりになっていました。またそれ以前は、初七日の日までの夜は、自宅で組(地域)の方々と共にお勤めをされていたこともお聞きしています。
以前と比較することではありませんが、大切な方を亡くされた悲しみを遺された個人や家族で抱え込むような時代になったようにも感じます。
これまでの仏教の行事が、大切な方を亡くされた悲しみをケアする存在では無くなってしまったのでしょうか?  私達のコミュニティへの考え方も変化している中でお寺や僧侶に求められていることを変わってきているようにも感じます。それでも僧侶として「私を救うと誓われた仏の願い」を伝える工夫をしていかなければいけません。

命日(めいにち)
大切な方がご往生された日を「命日」と言います。また「忌日」とも言います。ご往生された月の命日を祥月命日と言い、他の月々の命日を月命日、月忌とも言うそうです。
私たちは生まれた日を誕生日と言いお祝いをしますが、ずいぶん前に「誕生」とは「うそがうまれる」という意味もあることを聞きました。私たちがこの世に生まれ、生きていく上で嘘もつかなければ生きていくことができない存在であることを私に教えていただいています。
では、「命日」は「いのちの日」と言うことはどのような意味があるのか考えています。中国では亡くなられた時にその人の評価が定まると考えられていると聞きました。日本でもそのように考える場合もありますし、死後に災いが起こらないように祀(まつ)ることもありました。真宗では、故人の命日を縁として仏法に遇う、阿弥陀仏(如来)の恩徳に報謝する日と思います。

忌日(きじつ)
以前、「忌日」について、忌まわしいと言う字が含まれていますがと尋ねられました。
私の大切な方が亡くなられた時、亡くなられたことをすぐには受け入れがたい心があります。亡くなられてからも生きているように感じる心もあります。しかし、私から離れた方の死について、不浄なものと考えてしまう気持ちも出てくる場合があります。高田派の鑑学の先生が、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」と述べられたことを思い出します。

真宗では親鸞聖人のご命日を縁としてお勤めする報恩講があります。高田本山では毎年1月9日から16日までお勤めいたします。各寺院も毎年一番大切な行事としてお勤めしています。(妙華寺では12月の第1日曜日です)
私の大切な方のご命日も、私が仏法に出遭い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する大切なご縁であったことに間違いないことです。

令和5年の法苑院妙華寺の行事

1月  1日 午前5時30分  修正会 お七夜のお七夜券配布します

1月 4日         井戸山報恩講

3月 21日 午後1時30分 春彼岸会  布教使 戸田栄信師

4月 7日8日       メリシャカ(花祭り)隣寺とスタンプラリーしています

4月 29日 午後1時30分 春千部会  布教使 高藤英光師

5月13日 午後1時30分 お寺の講演会 津市久居アルスプラザ ときの風ホール

7月 7日         初盆火入れ(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

7月 12日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

7月 23日        初盆総回向

8月 7日         初盆火入れ(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

8月 11日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

8月 23日        初盆総回向

9月 23日 午後1時30分 秋彼岸会 布教使 鷲山了悟師

10月 28日 午後1時30分 秋千部会 布教使 佐波真教師

12月 3日 午後1時30分 報恩講  本願寺派布教使 葛野洋明師

12月 31日 午後5時   歳末会

真宗入門講座

真宗入門講座
久居もとっても寒く積雪があった25日の午後から高田会館ホールで「真宗入門講座」がありました。今年は、親鸞聖人御誕生850年の大きな行事があります。
親鸞聖人の「伝絵」を通して、親鸞聖人の生涯をお話されるようです。

初回は、「伝絵(でんね)」についての総説として親鸞聖人の生涯を伝える資料(史料)についての話でした。
「伝絵(でんね)」とは、本願寺覚如上人が「詞(ことば)」と「絵相」で親鸞聖人の生涯を巻物として作製されました。お勤めで拝読する「報恩講式」(式文)も覚如上人が作製されましたが格調高くお勤めの中での拝読ですので、親鸞聖人のことをもっとわかりやすく多くの方に紹介する手段として「伝絵」が作られたと思われます。
次回から。「伝絵」の各段の話になります。

ご興味のある方はご参加ください。
※事前申込制ですので、詳細は高田本山のHPをご覧ください。

「文化時報創刊100周年記念報道写真展」

宗教専門紙「文化時報」の「社会と宗教をつなぐ」報道写真展が京都で予定されています。
100年前と言えば、1923年(大正12年)になります。関東大震災があった年でもあります。過去帳には、関東大震災で亡くなられた方の記載もあります。また久居は12月から翌大正13年1月は大変寒いと当時の住職が書かれています。妙華寺には100年前の写真は残っていませんが、当時の社会はどのような姿であったか、宗教専門紙の写真を通して考えたいと思っています。
特別記念講演も楽しみです。

「文化時報創刊100周年記念報道写真展」
2月2日(木)から7日(火) 9時から21時(5日・7日は17時まで)
京都市男女共同参画センター ウイングス京都1階ギャラリースペース
京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262

特別記念講演 「宗教と社会活動を考える」13時開演 2階イベントホール
2月6日(月) 金田諦應氏
2月7日(火) 奥田知志氏

お寺のHPから

お寺のHPから
お寺のHPを開設して7年が経ちました。「見てます」と仰る方もいらっしゃりうれしく思っています。HPのお問い合わせから、年忌法要の依頼やHPの感想、また近況報告などもいただき、HPを通して新たなコミュニティが生まれたことにも感謝しています。
お同行様以外からも、営業を含めていろいろなメールが毎日届きます。
中には、初めての方から「得度」をしたいのですがとのメールが届きました。
どのようなお気持ちから「得度」を考えられるようになったかもわからず直接の返事はしていません。

得度とは本来「迷いの世界をわたりさとりの世界に到る」ことですが、現在は、「僧侶」になることの意味で使われています。所属の寺院で、仏祖に奉仕し、自行化他に専念することになります。他宗では厳しい修行が必要になります。真宗では他宗のような修行はありませんが、祖師の教えを学び実践することの領域は多岐にわたり、私(住職)は大変なことで生涯が実践活動と思っています。また、僧侶の衣服も必要になります。

人生の中で僧侶になることを決められた覚悟はとても尊いものです。1度お話を伺いたいと思っています。

今年も本堂西余間に「選択本願念仏集絵伝」の 掛軸を掲げます。(2月10日まで)

今年も本堂西余間に「選択本願念仏集絵伝」の 掛軸を掲げます。(2月10日まで)
令和3年に修復しました「選択本願念仏集絵伝」の掛軸を、法然聖人のご命日(1月25日)にちなみ本堂西余間で披露します。ご興味のある方は、ご覧下さい。
法務などがありますので、事前にご連絡いただけますようお願い申し上げます。
※本堂でお勤めなどがある場合は、ご覧いただけませんのでご了承ください。

選択本願念仏集絵伝 掛軸 3幅 妙華寺所蔵
紙本 着色 表具縦194cm横97.5cm 本紙縦142cm横77.5cm

法然聖人の『選択本願念仏集』の内容を絵画で著している3幅の掛け軸。
1幅目から3幅目全て下から上へ6段に分かれ、3幅目の最後(上)の段は「選択本願念仏集終」と書かれている。
法然聖人の吉水の草庵に九条兼実が訪れた場面から初まり、法然聖人が弟子7名(内1名が祐筆)に話をされている。次に『選択本願念仏集』の名札「第1章」から「第16章」が3幅に、その内容が描かれている。

妙華寺が所蔵している「選択本願念仏集」の掛軸について、令和元年から青巖寺の清水谷正尊師に調査を依頼していました。令和3(2021)年12月24日に掛軸を撮影し、12月27日にこれまでにわかったことを報告していただきました。

「選択本願念仏集」は法然聖人が著した漢文の書物で、称名一行の専修を主張した、浄土宗の独立を宣言した立教開宗の書物でもあります。親鸞聖人は、29歳で法然聖人に帰依し33歳の時、書写を許され、その喜びを「顕浄土真実教行証文類」で述べています。その教えを自分の言葉で晩年まで多くの人々に伝えています。

漢文の「選択本願念仏集」が、江戸時代には、その教えを広める中でより多くの形態の1つとして絵画化が生まれてきたと思われます。

「選択本願念仏集」を最初に絵画として描いたのは、高田敬輔の「選択集十六章之図」です。この絵画を元として「通俗絵図選択本願念仏集」の挿絵が作製されたようです。 また、同時期に「図画和字選択集」を関通が開版し、その挿絵を和風で描いたのが忍海と言われる浄土宗の画僧です。

調査された清水谷師は「図画和字選択集」の挿絵の部分に注目し、挿絵を妙華寺の「選択本願念仏集絵伝」に合わせてみると一致したことで、「透(すき)写し」と言う手法で描き、配置を決めて掛軸の紙に写した後、着色したと報告していただきました。

挿絵と同じ構図でありますが、詳細な部分で違いがみられる部分もあります。当初、絵画が精密でなく、絵師の卵が描いたのではないかと感じもしていましたが、掛軸に至る作業としてはとても根気がいる仕事だったと感じられます。

報告を受けながら、3幅の選択本願念仏集絵伝が、妙華寺の西余間に掛けるサイズですので、そこに掛け、法然聖人の「選択本願念仏集」を多くの方にわかりやすく伝えていた時期もあったのだと想像しています。

文化財防火デーと未来共生災害救済マップ

文化財防火デーと未来共生災害救済マップ
毎年、1月26日を文化財防火デーとして火災に注意喚起がなされています。
昭和24年(1949)1月26日法隆寺金堂が焼失し、貴重な文化財などに再びこのようなことが起こらないよう昭和30年に「文化財防火デー」が制定されました。

文化財と聞きますと国宝や重要文化財の建物や宝物など貴重な品を最初に思い浮かべますが、小さなお寺にも地域やお同行の皆様から大切にされているものがいくつもあります。
私(住職)は、手を合わせる場・心が癒やされる場・非日常の場などの集いの場を思い浮かべますが、皆様はどうでしょうか。
お寺の本堂や建造物に消火器や火災報知器は設置していますが、本堂の暖房で灯油ストーブを使用していますので消し忘れには注意しています。
最近は、喫煙者も少なくなりましたが、境内ではポイ捨ても見受けられますのでマナーをお守りいただく周知も必要です。

また、近年はお寺が非常事態時の避難スペースとしても注目をされていると思います。
妙華寺も、もしもの時に一時避難スペースとして活用できる環境整備も考えています。
地域コミュニティの中でソーシャルキャピタルとしてお寺が活動できるよう準備していきます。
地域やお同行様の大切なものを預かっている寺院管理者として、もしもの時の行動を身につけることも大切だと改めて考えています。
1月17日に、未来共生災害救済マップの仕組みや投稿作業をオンラインで研修しました。必ずやってくる南海地震や他の災害時でも活用できるマップのことはこれまでもお寺のHPでご紹介していますがこれまで以上多くの方に知ってもらいたいと思っています。

 

高田本山のお七夜

高田本山報恩講
いつもより寒く無い中、お七夜の最終16日 ご参廟に間に合いました。


その後、高田会館で毎月16日の予約限定の制朝粥が1月16日だけ午前中いただけると聞いていましたのでいただきました。毎朝のお仏飯をお粥として、阿弥陀さんの12光から12種類のおばんざいの食事です。地元のお豆腐や県内の伊勢芋など身体にやさしい一食をいただきました。

また、5月にリニューアルする宝物館の一角に文化財活用室がプレオープンしていましたので最新のVRの映像を拝見しました。こちらは「日本博」の1つの事業として立ち上げた施設のようです。

帰りには16日限定の報恩菓(地元の4つの菓子店のお菓子・毎月違うお菓子)を土産に帰路につきました。

私(住職)は見ることはできませんでしたが、日が落ちるころの境内での「竹あかり」のイベントが素晴らしかったとお同行様から連絡をいただいていました。

仏壇 ②

仏壇 ②

具足
仏前に香花灯明を供える具足は、平素は三具足を用い、別事は五具足を用います。
【香炉】麒麟形香炉は、香炉の蓋飾りを大きくして独立させた形で「麒麟」が台上にはねている。胴体上部に蓋があり口から煙が出るように作られているが実際は飾香炉としておかれるため、実際使う香炉の背後に置かれることが多い。
【燭台】燭台は霊亀(耳があり尾に養毛をつける)の上に、羽根を半ば広げ口に花桐の枝を噛む鳳凰をのせている。
【花瓶】花瓶は丸形で玉を持った龍が巻き左右向き合っている。

仏壇

仏壇
皆さんの自宅にあるお仏壇はいつもどなたがお給仕されていますか? 今1度ご自宅のお仏壇を見直しましょう。
仏壇とは、仏像などを安置するための厨子(ずし)の一種です。

高田の仏壇は漆塗金仏壇です。特長として左右の中柱に龍が巻きついていることと、宮殿(くうでん)に扉がついていることがあげられます。宮殿には、本山からお受けする阿弥陀如来像が安置され、それに、48願成就文の光明が白毫を中心として表現されています。
脇壇には、法主自筆(複製)の十字名号が右側・九字名号が左側に安置されます。
右側の脇壇に親鸞聖人の絵像・左側の脇壇に、十字・九字名号(合幅名号)の場合もあります。
従来、仏壇には、灯籠がなかったようですが、荘厳に加えられました。
前卓(まえじゅく)は、須弥壇の一段下に置き、平素は三具足を前卓に置きます。
また、角敷と下掛は、前卓の水板で押さえて使います。

現在、昔ながらのお仏壇・新しい形のお仏壇(厨子)と様々でありますので一括りで正しい荘厳のお話できませんが、お仏壇が「落ち着き安心できる場」としてあって欲しいです。

ハタチの頃

ハタチの頃
私(住職)は、46年前に20歳を迎えました。その頃は1月15日が成人の日で地域の中学校の体育館で式典がありました。式典後、久しぶりに会う友達と話をし、夕食は家族に赤飯で祝っていただいた思い出があります。人として生まれ、人と成るのに時間が必要でありますが、私(住職)は、思い通りにならない自分にイラ立ちながら20歳を迎えていたように振り返ります。当時は大学生活になじめず、自分がなにものか、自分の居場所はどこにあるのかを探していたとも感じます。
今の20歳の青年たちのように他者へ「感謝」することもなく、他者に語れるような「物語」もなかった。20年間、多くの方に育てていただいたことに気づくこともなく、自分のことしか考えていなかったのだと思います。
それでも今言えることは、自分に迷っていた当時があって、今の私があることです。