およそ100年前

過去帳 葬儀した往生人の人数(子どもの人数)
大正3年 35(15)
大正4年 47(15)
大正5年 41(17)
大正6年 46(15)
大正7年 67(21)
大正8年 45(8)
大正9年 43(13)
大正10年 42(21)
大正11年 45(15)
大正12年 42(16)
大正13年 47(20)
大正14年 62(20)
今から102年前の大正7年(1918)にスペイン風邪が流行したと知り妙華寺の過去帳を調べてみました。今回の新型コロナウィルスのように世界中に感染が拡大するには今回より時間がかかったと思います。日本でどれくらい感染者がいたのかも調べていませんので確かなことは分かりませんが、お寺の過去帳の大正7年の往生人は前後の年より特出しています。大正7年の過去帳の部分に記された備忘録には、「前年(大正6年)の9月中は、日本は全国的に暴風大雨で、東京や大阪など多くで浸水被害などあり秋の作物が実らず食糧不足であったとか、冬はとても寒い」とありました(スペイン風邪についての記載は、大正7年以降もお寺の過去帳にはありません)。往生人が多いことは事実ですが、スペイン風邪が原因か、前年の食糧不足などが主たる原因かどうなんでしょう。
※大正6年12月には東京の国技館が全焼したとの記載もあります。

また、当時(大正年間)の往生人の数ですが、妙華寺は明治中期に檀信徒が246軒との資料(明治29年示寂の8代住職の頃)もあり、時代は下がりますが、大正時代の往生人の数は今の長寿時代での檀信徒の軒数の割合からすると多いようにも感じます。また当時は、火葬ではなく、ご遺体を棺に入れ埋葬する形でしたので今と同じお寺の墓地区域に埋葬されたと思いますが現在の整然とした区画に埋葬する方法では無かったと思います。(境内墓地は、昭和30年代から40年頃にかけて今の区画に整理しました)
また、昭和20年代までは、子どもの死亡が多いのは当時の医療水準によるものだと考えられます。

8月のお盆が始まります

Processed with MOLDIV

8月のお盆の時期になりました
妙華寺では、8月の初盆のお勤めが7日から始まります。またご自宅でのお盆勤めを、8月11日から15日まで行っています。
これまでもそうですが、ご遠方の方やお盆勤めの日程にご都合がつかない場合、お墓でもお勤めをさせていただいていますのでご連絡ください。

※7月から三重県でも新型コロナウィルスの感染者が増えてまいりました。今月になり急増しています。お寺でも新型コロナウィルス感染症の感染防止に十分注意はしていますが、不安な気持ちがございましたら、気兼ねなくご遠慮をお申し出ください。
 事前でも、当日に伺った時でもお受けします。

席と席の仕切り板

新しい試み
現在、本堂では畳二畳に1席を用意して18席で対応しています。最近の葬儀・年忌法要はご家族様だけの場合が多いのでなんとかこの形で行っています。お盆が過ぎ、お寺の行事の秋彼岸会以降のことを考えますと、現状では心許ないと感じ、これまでのように畳一畳に2席設けられないか考えています。
新しい生活様式で飛沫感染防止用として本堂の席と席の間に仕切り板を考えました。試作品(この形で発注しました)を1つだけ置いています。こちらの仕切り板で今まで通り畳一畳に2人の席を設けることを予定しています。最大36名着席可能です。これまでより、仕切り板を置くことで、前の視界が妨げられ、少し内陣が見にくくなります。
また、内陣に置く僧侶用の飛沫感染防止用の仕切り板も試作品ができました。
お寺の行事で、法中(僧侶)にご奉仕していただく場合、畳一畳に2名着座していただいています。その間に設置する予定です。大間も内陣も仕切り板を置くことになりますと、これまでより少し窮屈に感じてしまいますが、新型コロナウィルス感染症の感染防止の為にご協力ください。
※試作の仕切り板の席に何組かの方にお座りいただき感想をいただきました。圧迫感はない・やはり隣が他者だと気になる・気にならない・もう少し大きなサイズで などご意見をいただきました。
※本堂の畳は、170cm×90cm 椅子は、幅55cm・前後45cmで、60cmの間隔の往来(焼香に行き来できる幅)を想定して試作しました。

※妙華寺会館のテーブル用の仕切り板を用意する予定です。

また、お寺の行事の受付(帳場)が座った形のままでしたので椅子式の受付になります。

少しずつではありますが、皆様のご協力をいただきながら、新しい生活様式に応じた、安心できる安全なお寺の「場」を作っていきたいと思っています。

平和の鐘 8月15日正午から1時間 撞きます

平和の鐘

終戦記念日に戦没者の追悼と世界平和・今年はコロナ禍の収束に向けてお寺の鐘をつきませんか。
「津がつながる津ぅりずむ」が主催し、津市内にある鐘を撞き「戦没者の追悼と世界平和を祈念する」ことをはじめ3年目になります。(昨年は台風の影響で当日中止となりました)
今年の主会場は、久居幸町の「子牛(とき)の鐘」です。
妙華寺も賛同し終戦記念日の15日(土)正午から13時までの間、一分間の黙祷の後、鐘をつきます。どなたでも参加できます。

※新型コロナウィルスの感染拡大防止の件について、様々な意見があることは重々承知しておりますが、最終的にはお寺の住職の判断で、開催を考えています。
ご参加されます方は、風邪の症状や高熱の方はご遠慮いただきます。
マスク着用で距離をとってお並びください。アルコール消毒などの用意はさせていただきます。
とはいえ、決して不安や不満を抱えながら参加する催しでもありません。
どうかご無理ない範囲で参加のご検討をいただきますよう、よろしくお願いいたします。
※また、暑い時期ですので熱中症にもお気をつけてください。