【報告】報恩講お勤めしました

【報告】報恩講
今年の報恩講も無事お勤めすることができました。
新型コロナウィルス感染症の感染防止を考えて、今年も、同じ組内のご住職方のご出仕(しゅっし)は控えさせていただき、衆徒(しゅと)と平素お手伝いをお願いしています慈相寺様にご奉仕いただき、親鸞聖人のご遺徳を讃嘆させていただきました。
お勤めの後、高田派布教使で正太寺の住職の大河戸悟道師にご法話をいただきました。法話の後、布教使様にはご無理をお願いして、「お坊さん教えて」と称して、聴聞していただきました皆様のお尋ねにお答えしていただく時間を取りました。
真宗では、「般若心経」をどうして読まないの? 仏教には多くの仏がいるのに何故阿弥陀仏を選ばれたのか?名号(南無阿弥陀仏)にいろいろな呼び名があるのは?「他力」とは?阿弥陀さんとお釈迦さんの関係は?お骨とお墓についてなど、法話の中でお聞かせいただくこともあったりしますが、改めてお尋ねに即答するのは布教使様には大変なことであったかもわかりませんが、お聞かせいただく私(住職)にはとてもありがたい時間でした。

また、報恩講の楽しみの1つであります「お非時(ひじ)」も、集まっての飲食が新型コロナウィルス感染症の拡大になりますといけませんので、食事をお通して関係性を育むこともできずに申し訳ございませんでしたが、今回はパック詰めでお渡しさせていただくことにしました。同時に開催させていただいています「子ども食堂」も同様にさせていただきました。ご奉仕していただいています津市母子父子寡婦福祉会久居支部の皆様には、いつもお世話になってありがとうございます。

おてらおやつクラブ

11月は、2つの支援団体様に「お供え」を「おすそ分け」させていただくことができました。
また、今月は、「おてらおやつクラブ」と「子ども食堂」の取り組みに賛同していただきご寄付をいただきました。

早速、「おてらおやつクラブ」事務局と「子ども食堂」のご奉仕していただいています津市母子父子寡婦福祉会久居支部様にお届けしました。

また、年2度回収の古本勧進での古本も募集しています。
今回は正月末までに集まった古本を寄付させていただきます。
不要になりました古本がありましたらいつでもお寺にお持ち込みください。
対象の本は、裏表紙にバーコードのあります文庫本・新書本・単行本です。
申し訳ございませんが、週刊誌・雑誌・百科事典・全集は対象外です。
本以外、書き損じのハガキ・不要なCDも受け付けています。

【報告】Temple Morning

【報告】今年最後のTemple Morningは、雨予報で中止させていただきました。
朝、犬の散歩時に途中でパラパラと降り出し、途中で急いで戻ってきました。
また、天気予報を確認すると8時頃には雨雲が近づくようでした。
そのような中、8時前に5名の方がご奉仕にお集まりいただきました。
本堂にお上がりいただき、Temple Morningの用意をしていないことをお詫びしながら、お帰りいただきました。
実際のTemple Morningの予定時間に、雨が降りませんでした。
主催者として、お集まりいただきました皆様の思いに適しない判断をしたこと、本当に申し訳ございませんでした。

来年のTemple Morningも、4月・5月・6月・9月・10月・11月の第3日曜日を予定しています。よろしくお願い申し上げます。

【報告】秋千部会をお勤めしました

秋千部会
久居の街中は、3年ぶりの「久居まつり」で賑わいが感じられます。
朝晩は寒さを感じることもありますが、日中は日差しを受けると暑いような1日でした。
新型コロナウィルス感染症の感染防止対策をしての開催でしたが、お聴聞にお越しいただきました皆様に感謝申し上げます、
ご法話は、佐波真教師から、親鸞聖人の和語聖教の和讃からのご法話でした。

先立つこと10月14日に、秋千部会の布教使の佐波さんが仏教教育センター公開講座で、「親鸞聖人といなかの人々~和語聖教をめぐって~」と題したお話をお聞かせいただいていましたので、親鸞聖人の誠実さや師である法然聖人への追慕をより感じることができました。
私の生活を省みると、日常生活に追われて疲れ果てています。そのような中、僅かな時間であっても自身の「いのち」について考えていく時間を持つことの大切さを改めて感じた秋千部会でした。

【報告】10月のTemple Morning

【報告】10月のTemple Morningは16日でした。先月(9月)は台風の影響で中止しましたが、10月は暑さも感じるような中、5名の方々のご奉仕、ありがとうございました。次回11月20日が今年最後のTemple Morningです。

 

※毎月16日は、親鸞聖人の命日でもあります。妙華寺では、戦没者の碑・無縁さんの碑・「倶会一処」の碑・樹木の元の碑・名号の碑前でお勤めをしています。

 

【報告】秋彼岸会

先週の台風からわずかな時間で新しい台風の大雨の中での秋彼岸会でした。
雨にも負けずに遠方からお越しいただいた方、初めてお顔をお出しいただいた方、お孫さんと一緒の方、いつも一生懸命聞法をしていただく方々が、足もとの悪い中、お集まりいただき感謝申し上げます。
帳場の方が行事を知らせる鐘を撞きに鐘楼堂までの往復で足もとがずぶ濡れになられたこと、布教使さんがお越しいただいた時も、足もとの足袋が濡れられた大雨でした。


13時30分からお勤めの後、真楽寺の鷲山了悟師が、高田派でおなじみの「ふたいのいくらいすみやか えんとおもわんひとはみな 恭敬の心に執持して 弥陀の名号称すべし」の和讃(浄土高僧和讃 龍樹菩薩 第6首)を通しての法話でした。
「恭敬(くぎょう)」から、心の慎みのこと 「名号」への思い 「歓喜」から浅いよろこびと深いよろこび などご自身の経験を通して、阿弥陀さんの讃歎でした。
※中川個人の感想です。

【報告】8月の初盆総回向 お勤めしました

【報告】 初盆総回向
8月の初盆のお勤めが終わりました。妙華寺では初盆の最後のお勤めを初盆を迎えられましたご家族の皆様と一緒にお勤めしています。
8月は、新型コロナウィルス感染症の拡大で、昨年と同じように17時からと19時からのお勤めにしました。

お勤めの後、、「高田派の平素のお給仕」のビデオを視聴していただいています。今回は、プロジェクターからスクリーンに投影しました。これまでのTV画面より大きくなったと思います。ご自宅のお仏壇の作法を改めてご確認していただいています。

また、いつも初盆の方の法名を余間に安置しています。その余間には、「南無不可思議光如来」の九字名号と「帰命無量盡十方無碍光如来」の十字名号が掛けられてあります。
共に「南無阿弥陀仏」の名号の別号でありますので、「倶会一処」のお浄土に、一緒にいらつしゃるお姿と見ることもでき、可視化の一方法であるようにも感じています。

8月のお盆 お勤めしました

Processed with MOLDIV

【報告】8月のお盆
妙華寺では地区を分けて7月と8月にお盆勤めをしています。
8月のお盆は、例年暑い中のお盆のお勤めですが、今年は、台風の影響で13日から不順な天候でした。
今年も、三重県の感染者も過去最高を更新しており、昨年同様、近隣のお寺さんもお盆勤めを中止されたお寺もあり、果たして行ってよいのか考えたこともありますが、昨年同様、不安な方からは連絡をいただいき、お墓でお盆勤めをさせていただいたりしました。
また、お盆勤めをお待ちいただく方もいらっしゃり、年一度の訪問でお話をお聞かせいただくことができ有難い時間でした。また、例年遠方の方々もお墓参りにお越しになられたり、お墓でのお盆勤めのご依頼もあり、お墓が賑やかな時期でもあります。

お仏壇を守られている方は、年配者が多く、お一人の方も多く、毎日の生活での不安をお聞かせいただくこともありました。介護の疲れであったり、終活についての不安も耳にします。また「集う」ことができない為、子ども家族などと会う機会が減り、寂しい気持ちを抱かれている方も多くいらっしゃいました。このような状況が3年も続いていますが、今後のことがわからず心配や不安な増してしまうことも現実です。

毎年でありますが、お仏壇を何代にも渡りその家で大切にされてきたことに頭が下がりますし、一緒にお勤めできましたことに感謝申し上げます。

※住職も65歳以上の高齢者枠で8月下旬に4回目の接種の予定です。

【報告】7月の初盆総回向

【報告】 初盆総回向
7月の初盆のお勤めが終わりました。妙華寺では初盆の最後のお勤めを初盆を迎えられましたご家族の皆様と一緒にお勤めしています。
今年は例年のように19時からのお勤めでした。

また、「高田派の平素のお給仕」のビデオを視聴していただいています。今回は、プロジェクターからスクリーンに投影しました。

これまでのTV画面より大きくなったと思います。ご自宅のお仏壇の作法を改めてご確認していただいています。

また、いつも初盆の方の法名を余間に安置しています。その余間には、「南無不可思議光如来」の九字名号と「帰命無量盡十方無碍光如来」の十字名号が掛けられてあります。
共に「南無阿弥陀仏」の名号の別号でありますので、「倶会一処」のお浄土に、一緒にいらつしゃるお姿と見ることもでき、可視化の一方法であるようにも感じています。

【報告】7月のお盆

Processed with MOLDIV

【報告】7月のお盆
妙華寺では地区を分けて7月と8月にお盆勤めをしています。今年は6月中に梅雨明けでしたが7月のお盆は、例年と同様に雨を気にしながらのお盆でした。

7月のお盆勤めをお手伝いしていただいています3名の僧侶がいてくださることで例年お盆お勤めができることに感謝しています。

今年のお勤めの後の話題は、やはり新型コロナウィルス感染症のことでした。お盆中に三重県のこれまでの感染者数の更新もあり感染拡大の傾向ですが、2年前や昨年とは違い、それぞれが感染対策や新しい生活様式の実践もされていますので、やみくもに怖がることはなくなっています。高齢者の4回目のワクチン接種もはじまりましたので、もう一度感染対策などしっかりと実践していきましょう。

また今回は、お盆中に葬儀が入り、一部の方に例年の時間にお勤めができずご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした。

1年に一度の訪問してのお勤めですが、対面でお会いできる貴重な時間であることを感じています。
毎年でありますが、お仏壇を何代にも渡りその家で大切にされてきたことに頭が下がります。

地区を区切って日にちを指定してのお盆のお勤めですのでその日の予定でご都合がつかない場合は、前もってお知らせいただきますと、お墓でお盆勤めをさせていただいています。お盆の期間中は、ご遠方のお同行様へも出向くことが難しい為、ご連絡をいただきますと前後の日になりますが、本堂やお墓でお勤めをさせていただいています。
ご都合のつかなかった方の墓前で12日の午後から時間がある時にお勤めをしております。