和讃

和讃をご紹介いたします。和讃について多くの参考書がありますが、『正像末法和讃講話』川瀬和敬著より紹介します。

正像末法和讃 第50首

南無阿弥陀仏の廻向の 恩徳広大不思議にて
往相廻向の利益には 還相廻向に廻入せり

「南無阿弥陀仏を如来から私に廻向された」と、これがこの和讃の中心点になる。浄土真宗の中心というものは、「南無阿弥陀仏の廻向」である。阿弥陀如来が南無阿弥陀仏という声になって、今私にはたらいているということです。「その恩徳というものは広大であって、私の計らいの及ぶところでない」と。南無阿弥陀仏に廻向されたということを、ここまで自分の中心問題として感じておられるところであります。感恩、如来のご恩を感じる、感によって恩がある。だから宗教心というものの中心は感ではないかと思います。如来の廻向を恩として感じる。仏法には業感という言葉があります。業感縁起。感じることによって業というものがでてくる。業として感じる、業感です。そういうこととこの感恩ということを思い合わせまして、「恩徳広大不可思議にまします」と。その恩を感じた内容を第3行目と第4行目にあらわされまして、「往相回向の利益を恵まれたそのうえに、そこに止まらず、還相廻向までいただくことになりました」と。廻入するであろうではなくして、「廻入せり」往相の廻向が自ら還相廻向に転入していく。廻入・転入・帰入、ひとりでに転回していく。そうしますと、廻入とか転入とかいう言葉で結ばれますのは、往と還・往きと還り、こういうように、私どもの受けとめ方は二つのかたちになるわけでありますが、もう一つ、私が往くためには、私のところまで来ていただいた力がある
もっと具体的に申しますと浄土真宗では聖人のことを「還相の菩薩」と仰ぎます。還相の菩薩というのは、浄土からこちらへ還ってこられた方。もう既に浄土を見て、われわれのところへその浄土を知らせるために出てこられたという仰ぎ方をしておるわけです。その人に触れるときに浄土を感じるのです。曽我量深師は、大還相という言葉を用いられる。私が浄土へ往けるのは、向こうからこちらへ道を開いて下ださった、向こうから私に浄土を告げにきて下さったからという。曽我量深師が大還相とおっしゃったのを少しして哲学者の田辺元博士が絶対還相、何ものにも先立って、まず還相があるといわれた。非常にたくさんの言葉を費やして、浄土真宗の教えというものの中心は、還相というところにあるとお説きになっておられるのであります。
浄土真宗といえば、阿弥陀如来という名前がでてくる。如ー来です。如というものはそのまま、もののあるべきそのまま。如というのは、真如とか如々とか一如とか、これは言いきれないものなのです。その真如・一如・真理が私どもの現実まで届いたものが真実、こういうことになるのでしょうか。真ということをこの私の身の上に証(あか)しして下さる、真が実となる。そうしますと、如という、本当のものが私の現実の上にかたちをあらわしてくる。如が来、如が来る、それが大還相なのです。だから真如が私の身の上に顕現する。その如来が来て下さった力によって、私が如来の方へ歩んでいくことができる。私が浄土へ向かって往く力も、還る力も同時に与えられる。往く力も還る力も与えるもの、これが如来である。これを往還二廻向とよぶわけであります。往相の背面に還相を感じます。
「往相廻向の利益には 還相に廻入せり」、聖人の和讃というものは、類歌とは全く別格のおもむきをもっておりまして、はかなさとか、あわれとか、ほのかというような、幻想の世界へ人を引き入れていく詠歌調というものを切って捨てた、豊かな浄土思想の髙い格調がたたえられています。如来が南無阿弥陀仏となり、その南無阿弥陀仏によって浄土へ生まれる、また浄土から還り来たって還相の眼をもって娑婆を見る、ということもみな、そこに成り立っていくのだという、そういう大いなるものに頭を下げて、自己の無力をというものを懺悔しておいでになる。いやむしろ懺悔できないことが懺悔と
なっている。そういう激しく厳しいもの、一点もゆるがせにすることはできないものがあるのです。こういう格調の高さというものが、繰り返し拝読しておりますと、私の身にしみ通ります。

以上【正像末法和讃講話 川瀬和敬著より】

「お寺の講演会」ご講師 浦上哲也師から

今回、来年2019年5月18日の親友婦人会総会後の「お寺の講演会」のご講師をお願いしています横浜市の「なごみ庵」のご住職 浦上哲也(うらかみてつや)師に「お寺の講演会」の半年前の11月から月一度のペースでご寄稿をお願いし快く受けて頂きました。その一回目を掲載します。
浦上さんは、僧侶ですがお寺の本堂から飛び出して、多彩な活動をされています。
平成27年の親友婦人会総会の日には、希望者に「死の体験旅行」と言うワークショップを受講していただきました。私(住職)も受講して、死に向かっていく自分の感情や取捨選択を受講した者同士が共有しながら、今生きていることの不思議を感じたことでした。
「死の体験旅行」と言うワークショップを全国で開催されたり、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の共同代表や、「仏教死生観研究会」を立ち上げられたり、お坊さんが回答する「hasunoha」の回答僧のお一人であり、「まちのお寺の学校」の講師であったり、最近は「方丈社」マガジンに連載が始まりました。また妙華寺も賛同する「おてらおやつクラブ」に参加する寺院の住職でもあります。そのような多くの顔を持つ浦上さんの今感じることを月一度、妙華寺のHPにも掲載して5月18日の講演を楽しみに待ちたいと思っています。

浦上さんの掲載文で、何か感想などございましたら、お寺にお知らせください。

※来年2019年5月18日の「お寺の講演会」のチラシは、寺報・報恩講の案内と一緒に配布する予定です。

 

 

はじめまして、来年2019年5月18日の「お寺の講演会」でお話をさせて頂く、倶生山なごみ庵の住職、浦上哲也と申します。

横浜で小さな庵を結び、法話会など様々な活動をしておりますが、当庵も少し関わっている活動で大きく嬉しいニュースがありました。

お寺へのお供えものを、お子さんのいる生活困窮家庭におすそ分けし支える「おてらおやつクラブ」という活動がありますが、なんとグッドデザイン賞、しかも最優秀である「大賞」を受賞しました!

 

グッドデザイン賞といえば、優れたデザインの製品に送られる歴史ある賞、という認識でしたが、ここに「おてらおやつクラブ」が応募をしたと聞いた時には、頭の中に?マークが浮かびました。よくよく聞くと形のある製品だけでなく、優れたデザインの「仕組み・活動」も選考対象なのだそうです。

今年度の応募総数は4789件。その中から1353件がグッドデザイン賞を受賞し、さらにそこからベスト100が選ばれますが、「おてらおやつクラブ」はそこに残っていました。

特別賞や大賞が東京ミッドタウンで発表されることになり、私もそこ足を運びました。様々な特別賞が発表される中、なんと大賞候補のベスト6に残っています! 他の候補はソニーの犬型ロボットAIBOや富士フイルムのポータブルレントゲンなど、一流企業の渾身の製品が並びます。

そして……「大賞は、『おてらおやつクラブ』!」

会場に集まった報道陣は「まさかお坊さんが!?」とどよめき、そこに居合わせた私たち僧侶も完全に浮き足立ちました(笑)。大賞をお坊さんが取るのはもちろん初、製品でない仕組み・活動が取るのも初、企業ではなくNPOが取るのも初という、異例の初物づくしだったそうです。

すでに全国で1000ヶ寺ほどのお寺が参画していますが、それぞれのお寺が無理なく少しずつ実施できる活動が積み重なり、大きな花が開きました。
当庵もこれまで通り、毎月近くの社会福祉協議会にお菓子を持って参ります。

ひとくち法話

―お釈迦様のご生涯―
12お浄土への導き『阿弥陀経』(おじょうどへのみちびき『あみだきょう』)
お釈迦(しゃか)さまのご一生はガンジス河流域を巡って各地で教えを説かれました。インドには3ヶ月も雨季がありますから、そんなときには祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)などで説法をされ『阿弥陀経』もそこで説かれました。
『阿弥陀経』は私たちには大変親しいお経です。これはお釈迦さまが74歳のときに、舎利弗はじめ1250人の弟子や、生きる苦しみ、悩み、死んでいく不安にさいなまれている人々に、たとえ死んでいっても、お先真っ暗ではないよ、こんなすばらしい世界があるんだよと、大きく三つのことを説かれました。
第一は、お浄土には池に車輪のような蓮の花が一杯命を輝かせ、すばらしい音楽がどこからともなく聞こえ、こよない鳥の鳴き声が聞こえてくる。それはみな如来(にょらい)が今も説法していてくださることなんだよ。第二は、そのお浄土に生まれるには、ただ仏さまが「南無阿弥陀仏(なもあみだぶつ)」と言葉になって呼びかけてくださる、それに応えて私が「南無阿弥陀仏」と申す時、その声は私からでたのではなく、仏さまの声の山彦と考えてお念仏しなさい。そうしたら、お浄土に生まれることができる。第三は、以上のことは私の独断ではなく、東、南、西、北、下、上方のあらゆる世界の諸仏がたも、私の説いたことをほめたたえてくださっています。
これらを聞いていた人々は、心に一杯の歓びをいただき、お釈迦さまにお礼をして去っていきました。
※「ひとくち法話」真宗高田派本山より

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梵鐘

今年は、毎月10日に法苑院妙華寺を紹介していきたいと思います。
妙華寺の梵鐘に、「寛保四(1744)龍次甲子正月18日 勢州久居寂陽山法苑院現住 沙門釋恵成(当院三代)誌 治工洞津住 辻越後藤原種茂」と記されています。
鋳造した「辻一族」は、津藩の鋳物師で、高田本山の灯籠・梵鐘や津観音寺の灯籠など多くの寺社の灯籠・梵鐘を作製しています。久居と称する町が開かれた時は、同時に多くの寺院が梵鐘を、「辻一族」に依頼しています。妙華寺の今ある鐘楼堂は、大正時代に建て替えられ、平成11年に瓦葺き替えをしました。お寺の鐘と聞くと、「除夜の鐘」をイメージしますが、毎年隣のお寺が撞きます。妙華寺の梵鐘を撞くのは行事の合図として撞きますので、元旦の修正会(しゅしょうえ)、春秋の彼岸会・千部会、12月の報恩講の行事の始まる30分前に撞いています。

11月の日曜学校

11月の日曜学校は雨上がりでした。今年の日曜学校は、妙華寺の歴代の紹介です。
10代の実明上人は、前々住職で私(住職)の祖父にあたります。
8代、9代が今のお寺の外観を整備されたとすると、10代は本堂内の荘厳を整備されたことと、庫裡の内仏の改装、書院の建て替えをされました。
戦時中から昭和55年までの激動の日本の時代に今の妙華寺の基礎を築かれた。宗教法人法に基づいた寺院組織の整備、異教徒問題での民事裁判、現行の墓地整備、親鸞聖人700回忌・親鸞聖人生誕800年法会・一光三尊仏御開扉等大きな法会を厳修された。妙華寺創建300年法会で11代に住職を譲られました。宗政では、戦後まもなく、高田本山の宗務総長を務め、その後、命終まで監正局長を務められました。

 

四季の花

四季の花 めっきり秋らしくなりました。4年前に植樹しました四季桜がけなげに花を咲かせています。妙華寺の組内のお寺で戸木の西向寺様に山門の奥に大きな四季桜があり、毎年11月の報恩講には、見事な花を拝見させていただいています。妙華寺でも咲かせてみたいと思い植樹をしました。少しずつ成長していますのでこれからが楽しみです。
秋に咲くバラもあるようで一輪ですが咲いています。

11月の日曜学校は、4日朝7時30分からです

 

11月の日曜学校は4日です。朝7時30分から8時頃までです。
ご家庭での平素の朝時のお勤め(歎仏偈・正信偈・5首和讃)を一緒にお勤めいたします。輪(りん)の鳴らし方や、念珠の持ち方もご一緒にしますので自然と覚えます。
また、ご参加いただきますと念珠の一珠をお渡しして、24珠で単念珠が、108珠で二連念珠ができるようにご用意しています。(親珠には「妙華寺」の寺院名が刻印されています)
早くも今年もあと2ヶ月に、月日が早く過ぎると感じるのは年のせいでしょうか。人生の歩みをより豊にできる時間を尋ねてみませんか。