お盆によせて

お 盆 に よ せ て

お盆といいますと、私たちは、一年に一度家に帰ってこられるご先祖の霊に供養し、なぐさめることと思っています。
しかし実は、お盆は、どれほど厚い孝心をもって亡き母への供養をしても、所詮その心はとどかないものであったことを思い知らされた目蓮尊者の悲嘆に由来している仏事なのです。つまり、亡き人への供養一つできない身であったことを、あらためて懺悔し、自らが聞法する時なのです。
私たちの日々は、ふりかえってみますと、そうはっきり意識しているわけでないにしても、自分があって父母があり、おのれがあって社会があるという考え方、生き方をしています。亡き人々への供養といっても、自分の心のままに務めているもので、供養の後は、これで一安心と、自分が満足するものでしかありません。
母親への供養が届かないことを悲嘆する目蓮に、釈尊は、安居(あんご)のとき衆僧供養することをすすめられます。安居とは、虫たちがもっとも活発に歩きまわる季節をいいます。無駄な行動をして虫たちを踏み殺さないようにつつしみ、専ら聞法につとめる期間です。
お盆は、亡き肉親をはじめ、こんなに多くの人(多くの命)とのつながりのなかに賜っている我が身の命を、今一度いただきなおし、その尊さを聞きひらいていくべき時であったのです。
そしてもし、私が、賜っているこの私の命を歓び、尊ぶということがなければ、ご先祖への供養も、遂に形だけの気安めに終わるばかりです。
宮城 顗
【法苑院妙華寺資料】

妙華寺では、7月12日から15日までと8月11日から15日まで、地区を分けてお盆のお勤めをさせていただいています。
お盆の期間、お釈迦様の弟子の目蓮尊者の母親の話から「いのち」について考えさせられることがあります。
当日、お盆勤めのご都合が難しい場合は、ご連絡ください。他の日時やお墓でのお勤めも可能です。

 

「人のさいご」

「人のさいご」
看取りの場で出逢った人々から実際に「人は死ぬ時にどう変化していくのか」と問われた経験から生まれました。自分のいのちが閉じられていくことに気づいたとき、自らに訪れる変化を知っておきたいと願う人が多くいるからです。人のいのちがどう閉じられていくのか、前もってその知識に触れておくことが、きっと大切な人と過ごす時間をかけがえのないものにしてくれる。わたしたちは、そう願っています。
「人のさいご」制作チーム一同 「人のさいご」を制作した理由が述べられています。

私(住職)は、自分なりに父母を見送りましたが、看取りの多くは、医療関係者や介護関係者に委ねていたことをあらためて自覚しました。誰もが1日24時間ずっと付添うことは不可能だと感じます。新しい「いのち」が生まれてくる時も、「いのち」の最後に関わることもひとりでは何一つできません。
自分が生まれてきたことのことは、記憶として残っていませんが、自分の死期(さいご)について、学ぶことができる1冊です。

※中川個人の感想です

紋章

紋章
家紋はご存知ですか?
時代劇では、●●家の家紋が旗になびいていたり、紋付き袴の着物の背中に描かれているのを見かけます。家制度にとらわれない現代でも、お墓に家紋が彫ってある場合もありますね。老舗のお店ののれんや包装紙に家紋が描かれていることもありますね。家紋は、家系や家柄を表す紋章で、家族や親戚など血縁者が共有するシンボルマークだそうです。家制度のなごりと思われます。今の時代ではそれほど気にされる方も少ないようで知らなくても問題はありません。
お寺など歴史的に長く存在しているところでは、まだまだ紋章は身近な存在です。
妙華寺は、「浮線桐」と言う寺紋です。年回法要などで着用する五条袈裟の紋や輪袈裟の紋に使われています。

布教

布教
宗教法人は、そのお寺の教え(宗祖)を広く伝えることを目的として活動しています。
教えを伝えることを「布教」「伝道」「教化(きょうげ)」活動と言っていますが、そのほとんどが、お寺の行事であったり、檀信徒さんの年忌法要の時の法話などです。

時には、市内を僧侶の姿で歩るくのも布教活動の1つであると好意的な言葉をいただくこともありますが、はたしてどうでしょうか。
また、法話などの布教活動でなくても、非日常のお寺の境内や本堂の静けさ(環境)に心が癒やされると聞くこともあります。言葉(法話)を使わなくても、その環境がその方に布教として届いていることも考えられます。

私の「伝える」言葉は、他者に「伝わる」かは、他者に委ねられています。
毎日、多くの情報が私の前を通り過ぎていきますが、どれだけの情報に、私は興味をもって、共感できるかとなるとどうでしょうか。一日に1つあるかないか。1ヶ月にいくつあるか。1年を振り返ってどれだけ共感した情報が残っているのか。数えたことはないのですが、ほとんどは忘れ去れているようにも思います。
私の「伝える」情報が、他者に自分事として捉える情報となるには、どれだけ、その方の関心を捉えなければいけないか想像するだけで、気が遠くなりそうですが、それでも「伝える」ことを止めてはいけない。「伝え」続けなければいけないものが、仏教の教えなんだと改めて気づかされています。

7月のお茶

7月のお茶
お寺では、7月・8月はお盆の行事に追われて、お茶をゆっくり楽しむことはできません。
それでも、7月と言うと、七夕や祇園祭、海の日から海のテーマの茶会などを聞きます。
また、お茶には暑さをしのぐ工夫があります。目にも涼しげな茶碗や葉蓋の水指。茶巾洗いの点前や、涼しげなお菓子。最近では冷たい水で薄茶を点てることもあります。ですが、最近の夏の暑さには苦労します。そのようなこともあり、エアコンが完備する茶室も増えましたが、日が昇るのが早い時期なので、朝茶と呼ばれる茶事があります。暑さが上昇する前に終わりますのでありがたいです。
個人的には、祖母が7月に亡くなっていますので、ホタルなど「はかなさ」を表現した道具に目がいきます。

お寺の7月

お寺の7月
妙華寺のお盆は7月にお寺に近い地区のお盆勤めをしています。
ちょうど、梅雨明け前の頃で、雨が降る日が多く、以前より雨も強いと思うこともあり、お手伝いいただいている僧侶には蒸し暑い中でのお勤めに感謝しています。
お寺から少し離れた地区は8月にお盆勤めをしています。お寺の周辺地区は、以前に比べて人口が減っています。住んでいらっしゃる方の子どもさん達は、別の場所に住まいがあり、住んでいらっしゃる方が高齢で、入院や施設に入られたり、お亡くなりになると空き家となり、お仏壇も、継承する子どもさんの住まいに移動します。また、昔の狭い空間の住居から、新しい住まいを求めて団地などに引っ越される場合もあり、前々住職や前住職の頃よりお盆勤めをする家も少なくなっています。
私(住職)の中では、7月のお盆勤めが終わると梅雨明けで、セミが鳴き出す、夏休みと言うイメージがあります。

【案内】7月の日曜学校は7日午前7時30分から

【案内】
今年もあっという間に半年が過ぎました。
7月の日曜学校は7日です。朝7時30分から8時頃までです。
ご家庭での平素の朝時のお勤め(嘆仏偈・正信偈・5首和讃)を一緒にお勤めいたします。輪(りん)の鳴らし方や、念珠の持ち方もご一緒にしますので自然と覚えます。

また、ご参加いただきますと念珠の一珠をお渡しして、24珠で単念珠が、108珠で二連念珠ができるようにご用意しています。(親珠には「妙華寺」の寺院名が刻印されています)