平成30年 年回表

平成30年 年回表

01周忌 平成29年往生人
03回忌 平成28年往生人
07回忌 平成24年往生人
13回忌 平成18年往生人
17回忌 平成14年往生人
23回忌 平成08年往生人
27回忌 平成04年往生人
33回忌 昭和61年往生人
50回忌 昭和44年往生人
100回忌 大正08年往生人
150回忌 明治02年往生人
200回忌 文政02年往生人
250回忌 明和06年往生人
300回忌 享保04年往生人

※詳細は、本堂の向かって左手の年回繰出表をご覧下さい
※お勤めの日時が決まりましたらお寺にお知らせください。
土曜・日曜・祝日は、他のお同行様のお勤めの予定を聞いている場合もございます。

年回(年忌)法要
年回(年忌)法要をどうして勤めるの? 私(住職)も若かった頃はそのようなことを疑問に思っていました。ずいぶん前の『高田学報』に高田派の鑑学の先生の書かれた中で、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」とおっしゃられた言葉が私(住職)の中で肯くことができました。以前より時間が早く経つのか、するべき事が多すぎるのか少し前の大切な出来事も記憶の端っこに押しやられて忘れがちになるようなこともあります。歳を重ねていく中で、ご往生されました大切な方のことを思う時間が少なくなるのも現実です。それでも改めて大切な方と向き合う時間を年回(年忌)法要を通して持つことの意味を以前より感じています。
また、年回(年忌)と言うと故人の祥月命日を縁として行う法要で、妙華寺ではご往生されて1年後を1周忌、その次の年を3回忌(ご往生された年から数えて)その後7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、50回忌とお勤めをします。以降は50年毎に行われます。真宗では、ご往生された方を縁として仏法に遇い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する場でもあります。
そのように考えて見ますと、大切な方の33回忌に遇えることは、大切な方がご往生さられてから32年後のことであります。それも数えてみると8度目の年忌であります。その間のご遺族の皆様のご苦労に大変頭が下がりますが、今の時代は親御様の遠い年忌に遇うことができにくい時代です。その仏縁に遇う慶びは大きいものと思います。

 

中陰(ちゅういん)
中有(ちゅうゆう)のこと。生命あるものが死んで次の生をうけるまでの中間の時期。
また故人が亡くなって49日間のことで、7日毎に勤める法要を中陰法要という。真宗においては、阿弥陀仏の本願を信じ念仏するものは、現生に正定聚の位に入り、命終すると直ちに往生成仏するので追善供養でなく、故人の死を縁として仏法に遇い、故人も遺ったものも、阿弥陀仏にひとしく摂取されている恩徳に報謝するお勤めです。
妙華寺では、「中陰逮夜忌」として49日の日をお知らせしています。逮夜(たいや)とありますので、前日の夜のお勤め日を記載しています。
いつしか葬儀式の後、初七日を続けてお勤めするようになりました。その最初の頃は、初七日は、別の日のお勤めですので、一旦お寺の門から出て改めて門から入り本堂へお上がりになっていました。またそれ以前は、初七日の日までの夜は、自宅で組(地域)の方々と共にお勤めをされていたこともお聞きしています。
以前と比較することではありませんが、大切な方を亡くされた悲しみを遺された個人や家族で抱え込むような時代になったようにも感じます。
これまでの仏教の行事が、大切な方を亡くされた悲しみをケアする存在では無くなってしまったのでしょうか?  私達のコミュニティへの考え方も変化している中でお寺や僧侶に求められていることを変わってきているようにも感じます。それでも僧侶として「私を救うと誓われた仏の願い」を伝える工夫をしていかなければいけません。

 

命日
大切な方がご往生された日を「命日」と言います。また「忌日」とも言います。ご往生された月の命日を祥月命日と言い、他の月々の命日を月命日、月忌とも言うそうです。
私たちは生まれた日を誕生日と言いお祝いをしますが、ずいぶん前に「誕生」とは「うそがうまれる」という意味もあることを聞きました。私たちがこの世に生まれ、生きていく上で嘘もつかなければ生きていくことができない存在であることを私に教えていただいています。
では、「命日」は「いのちの日」と言うことはどのような意味があるのか考えています。中国では亡くなられた時にその人の評価が定まると考えられていると聞きました。日本でもそのように考える場合もありますし、死後に災いが起こらないように祀(まつ)ることもありました。真宗では、故人の命日を縁として仏法に遇う、阿弥陀仏(如来)の恩徳に報謝する日と思います。

 

忌日
以前、「忌日」について、忌まわしいと言う字が含まれていますがと尋ねられました。
私の大切な方が亡くなられた時、亡くなられたことをすぐには受け入れがたい心があります。亡くなられてからも生きているように感じる心もあります。しかし、私から離れた方の死について、不浄なものと考えてしまう気持ちも出てくる場合があります。高田派の鑑学の先生が、「大切な方の忌日を勤めるのは、私自身(己の心)の中にある仏道に修しているという思いを改めて省みる日である」と述べられたことを思い出します。

真宗では親鸞聖人のご命日を縁としてお勤めする報恩講があります。高田本山では毎年1月9日から16日までお勤めいたします。各寺院も毎年一番大切な行事としてお勤めしています。(妙華寺では12月の第1日曜日です)
私の大切な方のご命日も、私が仏法に出遭い、阿弥陀如来の恩徳に報謝する大切なご縁であったことに間違いないことです。

平成30年の法苑院妙華寺の行事

1月  1日 午前5時30分  修正会 お七夜のお非券配布します

1月 4日         井戸山報恩講

3月 21日 午後1時30分 春彼岸会  布教師 戸田栄信師

4月 7日8日       メリシャカ(花祭り)

隣寺とスタンプラリーしています

4月 29日 午後1時30分 春千部会  布教師 高藤英光師

5月 18日 午後2時    婦人会総会・追弔会

5月 18日 午後3時   お寺の講演会 講師 英月師

7月 7日         初盆火入れ

(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

7月 12日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

7月 23日        初盆総回向

8月 7日         初盆火入れ

(お申し出の方のお仏壇の前でお勤めします)

8月 11日から15日    お盆勤め(地区別にお勤めします)

8月 23日        初盆総回向

9月 23日 午後1時30分 秋彼岸会 布教師 鷲山了悟師

10月 27日 午後1時30分 秋千部会 布教師 佐波真教師

12月 2日 午後1時30分 報恩講  布教師 大河戸悟道師

12月 31日 午後5時   歳末会

10月27日「もしもの時はどうすれば?セミナー」開催します

行事のご案内(どなた様でもご参加いただけます)

秋千部会 10月27日(土曜日)本堂にて
午後1時30分からお勤め
続いて、法話 明通寺 佐波真教師
ご法話をお聴きいただきますと法会参加票に押印させていただきます。
10回ご参加されますと記念品をお渡ししています。

法話終了後(午後3時頃)本堂にて
「もしもの時はどうすれば?セミナー」
(斎奉閣 寺院無料出張セミナー)を開催します
講師 斎奉閣の葬祭ディレクターの資格者
およそ1時間くらいのセミナー
(午後4時頃に終了予定)
斎奉閣オリジナルの『葬儀の進め方』を使用し、もしも身内が亡くなった時、
『どこに連絡すればよいの?』
『どのような手順を踏めば良いの?』
『火葬手続きの仕方は?』など、亡くなられてから葬儀の打ち合わせ前までの
段階を、順を追ってお話させていただきます。
分からなかった事や不安な事がクリアになり、受講後には皆様に安心して
いただいています。
※斎奉閣オリジナルの『ご葬儀の進め方』を受講者様に無料配布します。

資料などの準備の為、「もしもの時はどうすれば?セミナー」に参加希望の方は、
事前にお寺に10月26日まてにお申し込みください。

 

裏門通路のトタン屏の改修(台風被害)

【トタン屏改修の為 撤去しました。10月1日撮影】

裏門通路のトタン屏の改修(台風被害)と裏側の樹木の整備
今年は、多くの台風がこの地域に被害をもたらしました。被害にあわれました皆様にお見舞い申し上げます。近隣や遠方の妙華寺のお同行様からお寺の状況をお尋ねいただくことも多くあり、お気遣いいただき感謝しています。
妙華寺でも裏門通路のトタン塀の一部が、9月初めの台風21号の強風で破損いたしました。7月下旬の台風12号の時の強風に心配しながら外構業者と、強風を全面で受けるのでなく、風を通す柵使用にすることを検討していました。この度一週間ほどの日程で改修することになり通路を通る場合ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、業者も安全に心掛けていますのでお気をつけてお通りください。
台風被害として他にも、書院の外壁の漆喰がはがれ(二カ所)、書院の床の間(一カ所)に雨漏りがあり、漆喰の塗り直しやコーキングを施す予定です。正面の瓦屏の8枚ほども外れており現在見積もり中です。山門の扉にも風の向きにより強い力がかかることもありどのような対策があるか知りたいところです。


お寺の裏側に樹木が多く、倒木のことを考えて5月に中勢林業さんに整備をお願いしていました。9月末までの予定でしたが、ことのほか多くの山林で台風の被害が多く、10月の2週目から作業に入っていただくことになりました。複数年かけて整備を予定しています。
またお寺の境内の裏面はコンクリート屏で囲まれていますが、本堂などが火災が起きた場合、大型の消防車がお寺の前の通りに進入するのが難しいことも考えられます。コンクリート屏で囲まれている境内の一部は現在、空き地ですのでコンクリート屏の一カ所を大型消防車などが進入できるように整備するこも考えています。こちらも複数年かけて考えています。工事が始まりますとお寺の裏側にあたる道路の歩道部分が一時使用できなくなりご迷惑をおかけします。安全には十分気をつけますのでご容赦ください。

10月の日曜学校は7日です。

10月の日曜学校は第1日曜日(7日)です。朝7時30分から8時頃までです。
今年は9月までに台風の影響が4回ありました。皆様のご自宅は大丈夫だったでしょうか?被害にあわれました方にはお見舞い申し上げます。
衣替えの月になり少しずつ秋を感じるこの頃ですが、日曜学校にご参加されませんか。
ご家庭での平素の夕時のお勤め(歎仏偈・文類偈・5首和讃)を一緒にお勤めいたします。輪(りん)の鳴らし方や、念珠の持ち方もご一緒にしますので自然と覚えます。
また、ご参加いただきますと念珠の一珠をお渡しして、24珠で単念珠が、108珠で二連念珠ができるようにご用意しています。(親珠には「妙華寺」の寺院名が刻印されています)

秋彼岸会は23日午後1時30分からお勤めします

法苑院妙華寺では、毎年春分の日・秋分の日の午後1時30分からお勤めとご法話がございます。
親鸞聖人のご和讃に
「生死の苦海ほとりなし
ひさしくしずめるわれらをば
弥陀の悲願のふねのみぞ
のせてかならずわたしける」とお述べになっています。
苦悩の世界(此岸)に沈んで久しい私たちは、阿弥陀如来の悲願によって救われる(彼岸へ運ばれる)とお諭しになられています。

秋の彼岸会は9月23日(祝・日)午後1時30分からお勤めをいたします。
その後、真楽寺の鷲山了悟師のご法話がございます。
 妙華寺では、ご法話をご聴聞していただくと法会参加票にスタンプを押印させていただいています。ご聴聞をお喜びするご縁となりますように、10回ご参加いただきますと記念の品をお渡ししています。

★今回は、秋彼岸会のご法話の後、本堂で「終活セミナー」を開催します。
主催は、セレモニー会館の斎奉閣(さいほうかく)さんで、斎奉閣オリジナルの『エンディングノート』(無料配布)をお渡ししておよそ1時間のセミナーです。
どなたでもご参加できます。準備の都合で「終活セミナー」に参加ご希望の方は、前日9月22日までにお寺に連絡をお願いします。

第二弾は、秋千部会のご法話の後、本堂で「もしもの時どうすれば?セミナーを開催します。
主催は、セレモニー会館の斎奉閣(さいほうかく)さんで、斎奉閣オリジナルの『ご葬儀の進め方』(無料配布)をお渡ししておよそ1時間のセミナーです。
どなたでもご参加できます。準備の都合で「終活セミナー」に参加ご希望の方は、10月26日までにお寺に連絡をお願いします。

讃佛会(さんぶつえ)
「暑さ寒さも彼岸まで」と言います。日本では、昼夜が同じ時間になり、太陽が西に沈む頃の春分の日・秋分の日を中心に一週間を春秋二季の彼岸と例えます。日本人の心に根付いた仏教への心温まる気持ちの現れです。
彼岸は、仏典に出てくる言葉で、パーラミターというインドの言葉を訳したものです。彼岸とは「到彼岸」の略で、迷いの世界(この世)から悟りの世界に到るということです。この迷いの世界を此岸(しがん)といい、如来の悟りの世界を彼岸と名付けています。
親鸞聖人は、「人みなこの此岸、つまり人間世界から彼岸への途を歩まねばならない」とおっしゃってみえます。
此岸から彼岸へのこの道は阿弥陀如来ご廻向の道であります。浄土への道は、浄土からの呼びかけの道であります。彼岸会はインド・中国にはなく日本独自の法会です。真宗では彼岸の一週間を佛徳を讃嘆する場として、また聞法のご縁の場として大切にしています。
真宗では、彼岸会を讃佛会とも申しています。

9月の日曜学校は2日です

Processed with MOLDIV

9月の日曜学校は2日です。朝7時30分から8時頃までです。
ご家庭での平素の朝時のお勤め(歎仏偈・正信偈・5首和讃)を一緒にお勤めいたします。輪(りん)の鳴らし方や、念珠の持ち方もご一緒にしますので自然と覚えます。
また、ご参加いただきますと念珠の一珠をお渡しして、24珠で単念珠が、108珠で二連念珠ができるようにご用意しています。(親珠には「妙華寺」の寺院名が刻印されています)
早くも学校では二学期が始まる月です。月日が早く過ぎると感じるのは年のせいでしょうか。人生の歩みをより豊にできる時間を尋ねてみませんか。

8月の日曜学校は5日です

Processed with MOLDIV

8月の日曜学校は第1日曜日(5日)です。朝7時30分から8時頃までです。
例年に比べて暑い夏ですが、早起きをして非日常の空間でお勤めをしませんか。
ご家庭での平素の夕時のお勤め(歎仏偈・文類偈・5首和讃)を一緒にお勤めいたします。輪(りん)の鳴らし方や、念珠の持ち方もご一緒にしますので自然と覚えます。
また、ご参加いただきますと念珠の一珠をお渡しして、24珠で単念珠が、108珠で二連念珠ができるようにご用意しています。(親珠には「妙華寺」の寺院名が刻印されています)

※7月の最後の週末に台風12号が三重県伊勢市に上陸しました。津市は風の被害がニュースになりご遠方の方からお寺を心配されますお声をいただきました。お寺では樹木の枝木が風で落ちたり、いつも開いている山門の門が風で動いたりしましたが修理をするほどのことはありませんでした。

 

お盆が近づいてまいりました。

歓喜会(かんぎえ)
お盆が近づいてまいりました。
日本では昔から正月と盆は年間行事として遠く離れた人も故郷に帰り、お墓やお寺に参る習慣があります。

これは亡き人への追慕が佛縁を通して深められたものです。
お盆というと、亡くなった方が還ってくるとか、他宗では施餓鬼(せがき)という法会を勤めますが、正しくは、盂蘭盆(うらぼん)と言う梵語(ぼんご)のウランバナが原語で救倒懸(きゅうとうげん)と訳します。倒懸とは逆さ吊りのことで、大変な苦しみでありすが、その苦しみから救われるというのがお盆です。
『佛説盂蘭盆経』には、目蓮尊者(もくれんそんじゃ)というお釈迦さまのお弟子が神通力で亡き母を尋ねたところ、餓鬼道に墜ちていました。何とか助けようと努力しますが、どうしても救い出すことができず、お釈迦さまに助けを求めました。お釈迦さまは、安吾(夏期研修)終了の7月16日の休養日に僧侶を招き、懇ろにお経をあげてもらいなさいとお諭しをされ、目蓮尊者の母が餓鬼道から救われたとあります。
これらの話から、逆さ吊りの苦は、自己中心の世渡り、自らの苦を増大しているたとえであり、目蓮尊者については、我が子可愛いさのあまり、母親が貪欲にはしったのは、自分に原因があるとの慚愧(ざんぎ)の思いからであると味わいたいものです。

真宗でお盆の法会を歓喜会というのは、自分を振り返って慚愧の中に佛恩報謝をさせていただき、その喜びを信心歓喜しお念仏申すことだと思います。
親鸞聖人は「歓喜」というは、「歓」は身のよろこびで、「喜」は心のよろこびと解説されています。身も心もよろこぶという大変なよろこびを「歓喜」と教えられました。
ではこのような喜びはどんなときにあらわれるのでしょう。親鸞聖人は、「私たちが、佛さまの本願(私たち凡夫を必ずお浄土に救いますという願い)を信じて、お念仏を申す心になったとき、このような大きな喜びが自然にでてきます」と申されました。
すなわち、佛さまからいえば、本願が確かであったという証明であり、私たちからいえば、すべておまかせできたという安堵であり、佛と私が共に喜ぶさまが、歓喜といえます。
また、「歓喜」というのは、私の自力の限りを尽くしても不可能であった人生課題が、佛さまの願いによって氷解した時の喜びですから、日常生活上の喜怒哀楽とは次元の違う大きな喜びであります。

妙華寺のお盆の勤めは、7月12日から15日と8月11日から15日に、地区別にお同行の皆様のお仏壇の前でお勤めさせていただいています。

ご遠方の方やお盆勤めの日程にご都合がつかない方には、お墓でもお勤めをさせていだきますのでご連絡ください。

Processed with MOLDIV

7月の日曜学校は7月1日です。

7月の日曜学校は今年の後半の第1日目7月1日です。朝7時30分から8時頃までです。
ご家庭での平素の朝時のお勤め(歎仏偈・正信偈・5首和讃)を一緒にお勤めいたします。輪(りん)の鳴らし方や、念珠の持ち方もご一緒にしますので自然と覚えます。
また、ご参加いただきますと念珠の一珠をお渡しして、24珠で単念珠が、108珠で二連念珠ができるようにご用意しています。(親珠には「妙華寺」の寺院名が刻印されています)
早くも今年も半年が過ぎようとしています。月日が早く過ぎると感じるのは年のせいでしょうか。人生の歩みをより豊にできる時間を尋ねてみませんか。

6月の日曜学校は10日です。

Processed with MOLDIV

6月の日曜学校は第1日曜日(3日)が高田派の婦人連合大会の開催日に当たりますので第2日曜日(10日)の午前7時30分からです。
ご家庭での平素の夕時のお勤め(歎仏偈・文類偈・5首和讃)を一緒にお勤めいたします。輪(りん)の鳴らし方や、念珠の持ち方もご一緒にしますので自然と覚えます。
また、ご参加いただきますと念珠の一珠をお渡しして、24珠で単念珠が、108珠で二連念珠ができるようにご用意しています。(親珠には「妙華寺」の寺院名が刻印されています)