お寺の掲示板

お寺の掲示板

本当にだいじなものは 隠れて見えない
ささやかすぎる日々の中に かけがえのない喜びがある

「いのちの歌」 作詞Miyabi(竹内まりや)

昨年「いのちの積み木ワークショップ」を受講した時に、以前小学生の合唱曲で聞いた「いのちの歌」を思い出しました。改めて聞きながらとても懐かしい思い出がよみがえってきました。見えない存在の先祖を見える化するすることで、「当たり前」が「ありがたい」ことに気がつきました。

 

「お寺の講演会」ご講師の浦上哲也師から 6

今回、来月5月18日の親友婦人会総会後の「お寺の講演会」のご講師をお願いしています横浜市の「なごみ庵」のご住職 浦上哲也(うらかみてつや)師に「お寺の講演会」の半年前の11月から月一度のペースでご寄稿をお願いし快く受けて頂きました。その6回目を掲載します。
浦上さんは、僧侶ですがお寺の本堂から飛び出して、多彩な活動をされています。
平成27年の親友婦人会総会の日には、希望者に「死の体験旅行」と言うワークショップを受講していただきました。私(住職)も受講して、死に向かっていく自分の感情や取捨選択を受講した者同士が共有しながら、今生きていることの不思議を感じたことでした。
「死の体験旅行」と言うワークショップを全国で開催されたり、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の共同代表や、「仏教死生観研究会」を立ち上げられたり、お坊さんが回答する「hasunoha」の回答僧のお一人であり、「まちのお寺の学校」の講師であったり、最近は「方丈社」マガジンに連載が始まりました。また妙華寺も賛同する「おてらおやつクラブ」に参加する寺院の住職でもあります。そのような多くの顔を持つ浦上さんの今感じることを月一度、妙華寺のHPにも掲載して5月18日の講演を楽しみに待ちたいと思っています。

浦上さんの掲載文で、何か感想などございましたら、お寺にお知らせください。

 

◇ 還る場所 ◇
 また1人、恩師がこの世の縁を終え、浄土にお還りになりました。
 16年前、私が東京都中央区の築地本願寺にある東京仏教学院で学んでいた際、「伝道と教養」という数人のご講師が順に講義をされる授業があり、最初のS先生からは「都市開教」について教わりました。文字通り都市部で新しく寺院を開く活動についての授業で、新しくお寺を開くなんてことができるんだ! と非常に驚いた記憶があります。後にそのS先生から個人的に都市開教について詳しくご指導いただき、徐々に構想を練っていきました。

 2人目のご講師が、今回お亡くなりになったT先生です。第一印象は、なんとも大らかな方だなぁ、というもの。聞くと北海道のお寺のご出身で、若い頃は海外開教使としてカナダで仏教を広めていたとのこと。北海道もカナダも大地が広い土地柄です。広い土地で育まれた人は、心も大らかになるのだな、と感じたことを覚えています。お寺に伺うと、関西出身の明るい坊守さまと一緒に迎えてくださり、お二人の人柄が醸し出す居心地の良さを感じました。

 最初のS先生から都市開教について色々と伺ったものの、なかなか踏ん切りはつきません。その時にT先生のお寺を尋ね相談すると、「どちらにしても住まいを借りるんだから、ちょっと頑張って借家を借りて、一室を本堂にしてみたらいいじゃない。それでダメだったら場所を移っても、やめてもいいんだし」と朗らかに言葉をかけていただき、悩みがスコーンと突き抜けたように感じ、布教所を開く決心がつきました。

 T先生のお寺は「奏庵(かなであん)」。音楽が好きで「奏でる」と、カナダにご縁があったので「カナディアン」とかかっていて洒落ています。それにならい私たちも「なごみ庵」と名付けました。最近はお目にかかる機会がなかなか無いままの別れになったことが悔やまれますが、私もいつか浄土に還った時、しっかりお礼とご報告をさせていただこうと憶念しています。

お寺の掲示板

お寺の掲示板

「死」と向き合うことは 「自分」と向き合うこと

 

『人は人を救えないが、「癒やす」ことはできる』 谷川洋三著から
著者は、「身近な人の死を受け入れることは、容易ではありません。
自分を見つめるもう1人の自分をもつことで、今やるべきことに目を向けることができます」と著書に書かれています。

私(住職)は、自分の苦しみの象徴として「死」と向き合うことはとても覚悟が必要と思いますが、向き合わない人生は虚しいと感じます。

4月22日(月)13:30から「春の朗読会」

4月22日(月)13:30から「あめんぼう朗読会」さんの主催されます「春の朗読会」がお寺(妙華寺)の妙華寺会館で開催されます。

入場無料でどなたでもご参加できます。

お問合せは、妙華寺のHPからか、電話 059-255-2846 へ
妙華寺から主催者の「あめんぼう朗読会」様にお伝えします。

お寺の掲示板

お寺の掲示板

「 体は重くて 心は軽くて 命の重さは どれくらいだろうね」

「芸術家、科学者、そして宗教家」作詞きたやまおさむ

次(二番)のフレーズは、
「神は死んだ」し 明日が見えないし それでも私は 生き残っている
すべてを食いつくしたし 考えつくしたし その手に希望は 残っているかい

この歌を知っている訳ではないが、歌詞が気になった。自己を見つめていく中で、自分が芸術家?、科学者?、宗教者?のような構えをしてしまうのか。

専門的な意見も大切ですが、本当は、私自身として自己を見つめていくしかないなと思っています。

お寺の一日(4月)

毎年4月に入りますと境内の桜が咲くのを楽しみにしています。

気候により毎年早かったり遅かったり、7日8日のメリシャカ(花祭り)は天気模様も気になったりします。
今年(平成31年)の桜は、3月末に咲き出し10日間ほど楽しめます。
下旬には春千部会がありその準備もはじまります。
これまで正月に開催していました総代会や世話方会も昨年(平成31年)から4月に開催することになり、報告書やこれからの予定の資料作りが始まります。
今年は5月に天皇の代替わりが行われますので新しい年号への準備も必要です。

 

おてらおやつクラブ

3月のおてらおやつクラブ
今月は、お彼岸の後25日に一人親家族様、二つの支援団体様へ、お供えをおすそ分けさせていただきました。


また、年2度回収の古本勧進での古本も募集しています。
今回は8月末までに集まった古本を寄付させていただきます。
不要になりました古本がありましたらいつでもお寺にお持ち込みください。
対象の本は、裏表紙にバーコードのあります文庫本・新書本・単行本です。
申し訳ございませんが、週刊誌・雑誌・百科事典・全集は対象外です。
本以外、書き損じのハガキ・不要なCDも受け付けています。

お寺の掲示板

お寺の掲示板

「人生に卒業はない」

「卒業」その学校の全課程を学び終えること。比喩的に、ある程度や段階を通りこすことにも使う。と国語辞典にありす。
3月は卒業シーズン。多くの人がいろんな場面を卒業をして気づくこともあります。
そのなかで「人生に卒業はない」と言う言葉にうなづく自分もいます。
それはどこか「生」の先にある、「死」も越えていこうと感じるからです。

※「卒業」について、「日常に漢字をプラス 漢字カフェ」HPの
あつじ所長の漢字漫談47 ご卒業おめでとうございます2019.03.06 に丁寧な説明があります。

「お寺の講演会」ご講師の浦上哲也師から 5

今回、2019年5月18日の親友婦人会総会後の「お寺の講演会」のご講師をお願いしています横浜市の「なごみ庵」のご住職 浦上哲也(うらかみてつや)師に「お寺の講演会」の半年前の11月から月一度のペースでご寄稿をお願いし快く受けて頂きました。その5回目を掲載します。
浦上さんは、僧侶ですがお寺の本堂から飛び出して、多彩な活動をされています。
平成27年の親友婦人会総会の日には、希望者に「死の体験旅行」と言うワークショップを受講していただきました。私(住職)も受講して、死に向かっていく自分の感情や取捨選択を受講した者同士が共有しながら、今生きていることの不思議を感じたことでした。
「死の体験旅行」と言うワークショップを全国で開催されたり、「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の共同代表や、「仏教死生観研究会」を立ち上げられたり、お坊さんが回答する「hasunoha」の回答僧のお一人であり、「まちのお寺の学校」の講師であったり、最近は「方丈社」マガジンに連載が始まりました。また妙華寺も賛同する「おてらおやつクラブ」に参加する寺院の住職でもあります。そのような多くの顔を持つ浦上さんの今感じることを月一度、妙華寺のHPにも掲載して5月18日の講演を楽しみに待ちたいと思っています。

浦上さんの掲載文で、何か感想などございましたら、お寺にお知らせください。

◇ 3.11から8年 ◇
 自分自身の生や死について深く考えるワークショップ(体験学習)「死の体験旅行」は、毎月池袋の真言宗 金剛院さまをお借りして開催させていただいています。その日程を決める時、3月はあえて11日にしました。そう、東日本大震災の日です。

 以前は死の話題は「縁起でもない」と避けられるものでした(ちなみに「縁起」本来の意味は、全ての事象には原因と条件があって結果が出る、というものです)。しかしあの大震災があって、死の話題をしようが避けようが、いつ突然にそれはやってくるのか分からない。ならば時には考えておかなくてはならない。日本人の多くがそう考えるようになったのだと思いますし、だからこそ「終活」という言葉も一般に広まりました。

 また、メディアでも「死」はよく取り上げられるようになりました。「死の体験旅行」もやはり3.11の影響か取材も多く、3月5日発売のサンデー毎日、3月11日放送のNHKひるまえほっと、3月16日発売のDIMEと続きました。

 仏教は最初の段階から、死から目を背けず見つめなさい、と説いてきました。なにしろお釈迦さまご自身の出家の動機のひとつは、葬列を目にしたことだと言われています。そして…
・明日ありと 思う心の仇桜 夜半に嵐の 吹かぬものかわ(親鸞聖人)
・まずは臨終のことを習うて、後に他事を習うべし(日蓮聖人)
・朝には紅顔ありて、夕べには白骨となれる身なり(蓮如上人)
・生のみが我らにあらず、死もまた我らなり(清沢満之)
などなど、僧侶の死に関する言葉は数多くあります。いえ、仏教だけでなく、ありとあらゆる宗教・哲学で「死」を問題にしているのです。皆さんも「縁起でもない」と避けず、時にはじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

お寺の掲示板

お寺の掲示板

「自然をたたえ 生物をいつくしむ」

 

祝日法の春分の日の趣旨
春分の日(しゅんぶんのひ)は、日本の国民の祝日の一つであり、祝日法により天文観測による春分が起こる春分日が選定され休日とされる。

通例、3月20日から3月21日ごろのいずれか1日。
しばしば昼が長くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれるが、実際は昼の方が少し長い。

少しずつ温かい日の中で、自然のうつろいや虫たちの活動が気になる頃です。