10月の日曜学校

10月の日曜学校は衣替えをしましたが、前日から蒸し暑い日でした。
9代実慧(じつえ)上人を紹介しました。大正時代に親鸞聖人650回遠忌のお勤めがありそれに向けて境内の整備をされたようです。先代(8代)に続き、今の境内にある構築物はこの時代に整備されています。そこにはお同行の皆様のご理解・ご協力があってのことです。
以前お寺のHP【 2016-10-07】で紹介しました『お寺の2つの碑』の1つ「浄土三部石経塚」は実慧上人が亡くなる前年に完成しています。改めて紹介します。

Processed with MOLDIV

妙華寺の2つの碑【お寺のHP 2016-10-07】
本堂の向かって右側に2つ碑があります。
「戦没者慰霊碑」と「浄土三部石経塚」とあります。隣の「戦没者慰霊碑」と土台が同じ形態ですので建立は昭和27年と思っていましたが碑の裏側に大正10年にあった碑が損害甚だしく昭和12年1月に修繕し直したとありました。この「浄土三部石経塚」の碑は、大変信仰の篤いお同行様が、妙華寺の敷地の小石に浄土三(部)経2万6千6百12文字を書き碑の下に埋めたとあります。また。「浄土三部石経塚」の碑の彫字の元は、法隆寺の管長の佐伯定胤猊下の真筆とあります。

また、今の「浄土三部石経塚」の以前のものと思われる小さな「浄土三部経石塚」の碑もあります(側面にこの碑が造られたのが天明●●年5月5日とあり天明年間の彫字が磨滅して判別できませんが江戸時代に小石に浄土三部経の文字を書いていたご奇特なお同行様がいらっしゃったのでしょう)、今ある「浄土三部石経塚」の碑の場所かどこか違う場所にあった小さな「浄土三部経石塚」の碑を大正10年に新たな信仰の篤いお同行様が、小石に浄土三部経の文字を書かれて碑を造られましたが損傷しましたので昭和12年に今の碑に修復されました。昭和27年に、「浄土三部石経塚」の隣に同じ形で「戦没者慰霊」碑を建立したようです。
※尚以前の小さな「浄土三部経石塚」の碑は、現在、樹木の元でのお墓の中心に据えられています。
【参考】佐伯 定胤(さえき じょういん)慶応3年6月25日(1867年7月26日) – 昭和27年(1952年)11月23日)は、日本の法相宗・聖徳宗の僧侶、仏教学者。

 

秋彼岸会お勤めしました

久しぶりの晴天の中、23日に秋の彼岸会をお勤めしました。もう10年近くご法話をお願いしています布教使様ですが、布教使様のお父様(ご住職)の知人がご法話をお聞きに来られ法話終了後、控室で布教使様とお会いされお話をされていました。ご両人に直接の縁はございませんが小さな町ではこのような縁も見え受けられます。今回はお釈迦さんのお話で、釈尊が出家に至る「苦」に、私が本当に向き合っているのかお聞かせくださいました。


ご法話の後、妙華寺では3年前に婦人会の皆様を対象に行いました終活セミナーを、地元の葬祭ディレクターが「エンディングノート」を使用して開催しました。3年前は保険会社さんが担当でしたので強調される部分が違って色々勉強になります。「エンディングノート」は、今の自分の周辺を可視化できると感じています。


この第二弾は、秋千部会のご法話の後、本堂で「もしもの時どうすれば?セミナーを開催します。
主催は、今回と同じセレモニー会館の斎奉閣(さいほうかく)さんで、斎奉閣オリジナルの『ご葬儀の進め方』(無料配布)をお渡ししておよそ1時間のセミナーです。
どなたでもご参加できます。準備の都合で「終活セミナー」に参加ご希望の方は、10月26日までにお寺に連絡をお願いします。

妙華寺は境内に墓地がありますので、春秋のお彼岸やお盆の時は、遠方からも多くのお同行様がお墓参りに来られます。それぞれの時間の都合もありますので無理を申すことはできませんが、午後からの仏徳讃嘆であります彼岸会のお勤め・ご法話に共にお遇いできることが住職としてはとてもうれしいことです。

日曜学校

九月の日曜学校は、8代実言(じつごん)上人を紹介しました。
実言上人の時代に、現在の本堂が完成し、本尊の須弥壇や宮殿が造られ、
前卓の横の輪燈、天井張や欄間、御簾を新調し整えていかれたようです。 また、縁の修理とはどこの縁かはっきりわかりません。

後の代に本堂の 縁側修理が出てきますので今回は本堂でない可能性もあります。

雨切はこの地方独特の雨除けのことと思われる。

江戸時代の後期から明治にかけて、大きな行政の変化と共に、お寺への意識の変化の中で寺院活動をされていたことを、今の時代に、もう一度検証することも大切なことと感じています。

続いて『月刊文化財』平成30年1月号から、昨年国宝に指定される時の菅原洋一氏の「専修寺御影堂・如来堂と伽藍配置」を紹介しました。

台風21号にて

台風21号
9月4日、台風21号が四国に上陸しました。妙華寺のある三重県津市は少し離れていますが風雨が強いです。今回は日中に通過しましたので風雨が弱まった15時過ぎに境内を見回りました。木製の腰掛けが飛ばされていました。

裏門に通じる通路と墓地の間のトタン塀の1カ所と反対面のトタン塀の1カ所が飛ばされていました。

7月の台風12号の時も心配で、風を全面に受けるトタン塀から風を通す柵にしたほうがよいのか業者に見積もりを取っていました。

今回早速業者に連絡をし、早急にトタン塀から柵に変更することにします。完成までの期間に、裏門を通行される皆様にはご迷惑をおかけする場合もございますがよろしくお願い申し上げます。

8月のおてらおやつクラブ

8月のおてらおやつクラブは、24日25日に一人親家族様と支援団体様にお送りいたしました。
今回はお盆の後、台風20号の後でゆっくり時間がとれず、お渡しできる日と宅配日が違う日になりました。
支援団体様は、例年夏休みの最後にバス旅行を計画されていて、その時配布していただくようです。一人親家族様には、久居の梨をお送りできました。

また、おてらおやつクラブ事務局が作成された「てばなす」と言うフリーペーパーが創刊されました。秋彼岸法会のご案内時に配布したいと思います。

また、年2度回収の古本勧進での古本も募集しています。
今回は8月末までに集まった古本を寄付させていただきます。
不要になりました古本がありましたらいつでもお寺にお持ち込みください。
対象の本は、裏表紙にバーコードのあります文庫本・新書本・単行本です。
申し訳ございませんが、週刊誌・雑誌・百科事典・全集は対象外です。
本以外、書き損じのハガキ・不要なCDも受け付けています

初盆総回向お勤めしました

【24日の台風一過の朝 本堂から山門】

本堂の上がり口は雨が降り込んでいます。山門の片方が風で煽られたようです。

8月の初盆の総回向が終わりました。台風20号が上陸する頃で前日から総回向の開催の問合せをいただいていました。「お同行の皆様がご参詣いただくのが難しい場合でも本堂でのお勤めでのすので住職がお勤めさせていただきますのでご無理はされないでください」とご連絡させていただいていました。
23日は台風の影響で時々強い雨が降り風も強くなっていました。19時前は風はありましたが雨が降っていなかったこともあり、多くのお同行のご家族様にお越しいただきありがとうございました。

 


お同行様の葬儀が台風にあたってしまったことは何度か経験がありますが、お寺の行事で台風の事を思い出すのは、昭和34年の伊勢湾台風のことです。私(住職)は3才の頃ですので前々住職や前住職からの話です。妙華寺の秋彼岸会の最終日が伊勢湾台風が通過する前日でした。上陸前から風雨が強くその日は参詣者も少なかったようですが、「本堂が使用できるのであれば住職がお同行の皆様の代表としてお勤めをする」と法会が終わってから帳場をお手伝いされていますお同行の皆さんと当時の住職(前々住職)が懇談している席で仰せられたようです。

今では、ご参詣いただく皆様の安全を第一と考えると、行事の中止とか延期とかを求められるのかも分かりません。しかしお寺(本堂)を預かる身としてお寺に住む住職としては毎日のお勤めと同様にあたりまえと感じることです。

妙華寺では、初盆のお勤めを7日に火入れと称してご自宅でお勤めをしてお盆中(13日から15日)にお寺にご法名をお持ちいただき、23日までお寺でお勤めをしています。23日の最後のお勤めを総回向と称して午後7時からお勤めしています。
お勤めの後に、「高田派のお給仕」のビデオを見て頂いています。ご自宅にありますお仏壇の作法を改めてご確認していただいています。

また、毎月(正月を除く)第1日曜日午前7時30分からの日曜学校では、平素のお勤めを参加者の皆様と一緒にしています。知らないうちに作法についても学べますし疑問などにもお答えしています。ご都合がつきましたらご参加ください。

本日23日の総回向 

本日23日19時から予定しています初盆総回向ですが、台風20号の影響が心配されます。

ご参詣をご予定されていますお同行の皆様からは、前日までにも問合せがございました。

本堂でのお勤めは、住職がお勤めいたしますが、ご参詣にはご無理をしないでください。

8月のお盆お勤めしました

今年も8月のお盆のお勤めが終わりました。夕立や雨の日もありましたが、例年より暑い日が続いていました。津市ではインターハイ開催の為、例年の一週間遅れの12日に久居の花火大会(サマーフェスティバル)がありお盆期間と重なりなんとなく気ぜわしく感じました。8月のお盆では、親御様が施設などに入り留守になっているご実家に、遠方の息子さんがお盆のお勤めの時間(日)にお待ちくださったり、小さな子供さんがおじいさん・おばあさんと一緒にお勤めをしていただくお姿を拝見しながら住職が幼かった頃のことを思い出させていただきました。今年はお盆の最後のほうに伺いましたお宅で「住職さんずいぶん焼けましたね」と仰せられたのが、今年の夏をよく表しているように思いました。

またお寺のお墓へも、ご遠方からお盆参りにお見えになられるご家族が多くいらつしゃるのは8月のお盆ならではの光景と感じます。事前にご連絡いただいたりして、住職がお会いできましたらお墓でお勤めをさせていただくのですが、出かけている場合が多く、その時は、後ほど住職がお墓や本堂でお勤めをさせていただいています。また、遠方からお盆参りにお見えになるのが困難な場合もご連絡いただきましたらお墓でお勤めをさせていただきます。

真宗でお盆の法会を歓喜会(かんぎえ)というのは、自分を振り返って慚愧の中に佛恩報謝をさせていただき、その喜びを信心歓喜しお念仏申すことだとお聞かせいただきます。
親鸞聖人は「歓喜」というは、「歓」は身のよろこびで、「喜」は心のよろこびと解説されています。身も心もよろこぶという大変なよろこびを「歓喜」と教えられました。
ではこのような喜びはどんなときにあらわれるのでしょう。親鸞聖人は、「私たちが、佛さまの本願(私たち凡夫を必ずお浄土に救いますという願い)を信じて、お念仏を申す心になったとき、このような大きな喜びが自然にでてきます」と申されました。
すなわち、佛さまからいえば、本願が確かであったという証明であり、私たちからいえば、すべておまかせできたという安堵であり、佛と私が共に喜ぶさまが、歓喜といえます。
また、「歓喜」というのは、私の自力の限りを尽くしても不可能であった人生課題が、佛さまの願いによって氷解した時の喜びですから、日常生活上の喜怒哀楽とは次元の違う大きな喜びであります。

8月の日曜学校

8月の日曜学校は、7代実道(じつどう)上人を紹介しました。6代が若くして亡くなられ津市分部の佛照寺より入寺されました。
7代実道が妙華寺に何時入寺したか不明であるが、実道の内室が文政12年に示寂され、半鐘の造立(再建立に銘)が文政12年8月であることから、6代真純が示寂した文政10年以降文政12年までと思われる。本堂の棟上げは安政4年(1857)であるので、初代自信がこの地で妙華寺を建立するまでと同じような、募財活動が粘り強く続けられたと思われる。本堂の完成(再建)は、文久3年12月であるので尽力された7代実道が示寂した後である。

続いて、『すばらしきみえ』6月号(百五銀行出版)に一身田のことが掲載されていましたので寺内町の一身田についてお話ししました。

初盆総回向 お勤めしました

初盆総回向 7月の初盆のお勤めが終わりました。妙華寺では初盆の最後のお勤めを初盆を迎えられましたご家族の皆様と一緒にお勤めしています。
今年の猛暑では、本堂に空調設備を設置したことがとても有難く感じています。
お寺の初盆の行事は、7日に「火入れ」と言ってご自宅の初盆飾りにお勤めをして、お盆中に「送り」と言ってお寺の余間にご法名を安置して23日の「総回向」までお勤めをしています。一つの行事としては長い日数お勤めしています。中陰の49日のお勤めとも似ているように思います。大切な方を亡くされた悲しみに時間をかけて向き合うことが難しい時代では貴重な時間と思っています。
※上記以外にも、ご事情でお寺で火入れをされる場合もあります。
今回は、お勤めの後、衆徒が法話をさせていただきました。「人間の分別する心では解決できない思いを、そうだったんですねと安心できる思いにかわるのが、私を向けられた仏の願い(はたらき)です」(中川個人の感想です)とお聞かせいただきました。


最後に、「高田派のお給仕」のビデオを見て頂いてご自宅のお仏壇の作法を改めてご確認していただいています。

また、ご自宅のお仏壇でのお勤めは、毎月(正月を除く)第1日曜日午前7時30分からの日曜学校で、平素のお勤めを参加者の皆様と一緒にしています。知らないうちに作法についても学べますし疑問などにもお答えしています。ご都合がつきましたらご参加ください。