7月のお盆

7月のお盆勤めが終わりました。妙華寺では地区を分けて7月と8月にお盆勤めをしています。毎年梅雨の最後の頃で雨を気にしながらのお盆でしたが、今年はとても暑い猛暑のお盆でした。7月のお盆勤めをお手伝いしていただいています3名の僧侶には例年より暑い中お勤めいただきありがとうございました。
短い時間ですがお同行様のお仏壇の前でお勤めさせていだだいています。最近は年忌法要もご自宅のお仏壇でお勤めすることが少なくなりお寺の本堂でのお勤めが増えましたがそれぞれのお仏壇はどれ1つ同じ造りではないようです。御本尊も阿弥陀如来立像であったり絵像であったり、名号であったりしますし、左右のお軸も荘厳も違います。
また、久居(地元)で造られた仏壇も残っていて地方にも優れた職人がいたことが誇らしい気持ちになります。
最近は、お盆のお勤めの日に優先される出来事が発生することがあります。そのような場合ご連絡をいただきますと、お墓でお勤めをさせていただきます。
お盆の期間中は、ご遠方のお同行様へも出向くことが難しい為、ご連絡をいただきますと前後の日になりますが、本堂やお墓でお勤めをさせていただいています。

お盆の前週は広島県・岡山県・愛媛県など西日本を中心に集中豪雨が続いて大きな被害がもたらされ今復旧の取り組みが続いています。お亡くなりになられた方にお悔やみ申し上げますとともに、被害に遇われた皆様にお見舞い申し上げます。

日曜学校

7月の日曜学校では、6代真純(しんじゅん)上人を紹介しました。

5代の子息ですが、父自運より先に示寂されています。
久居の大火の後、お寺の再建に尽力される中での心労もあったのかもわかりません。
5代6代の時代は、文政の大火により久居全体も妙華寺にとっても試練の時代と思います。
また、6代が、5代より先に往生する逆縁にどのような心持ちであったか。

お寺の紹介の後、本山のことを紹介しました。
伊勢の名物である「赤福餅」はご存知と思います。包装紙を開けると「伊勢だより」と称される観光地の紹介カードが入っています。この「伊勢だより」の紹介する観光地は毎日違うそうです。その中で6月13日は高田本山にあります「安楽庵」が紹介されています。
5月の降誕会(ごうたんえ)の時に本山の職員に教えていただきました。また、本山の本堂(御影堂と如来堂か)の紹介は1月12日の「伊勢だより」だそうです。丁度お七夜さんの最中ですので楽しみにしたいと思います。

今日7月2日 妙華寺の蓮が開花しました。小さな蕾でしたので咲くかどうか心配でしたが咲きました。

三日間ほど午前中は花が開いていると思いますので見に来てください。

掲示板を設置できました

掲示板
昨年、本堂の空調設備の新設と境内墓地通路整備が皆様のご協力で無事できました。
その記念として本堂の前に掲示板を設置することを、総代会、お世話会で賛同いただき設置することができました。

これまでお寺の行事毎にお知らせする掲示板を山門に掲げていましたが、それ以外のお知らせも掲示することができます。

本堂の前に設置しましたので、お寺にお参りいただきます時は、本堂へもお上がりいただきご本尊様に手をあわせてください。

また、お寺の前の通りに面した塀や裏門にも掲示板を設置しました。

より多くの方が、お寺の行事に興味をお持ちいただければありがたいです。

【本堂前の掲示板の裏側】

【本堂前の掲示板の近くの蓮】

【お寺の前の通りの掲示板】

【お寺の裏門の掲示板】

日曜学校

先月5月の日曜学校では、4代の慧真上人の紹介です。先代の15年後の寛政元年(1789)に示寂され年齢50歳でした。
今の現存しています山門を造られました。
これまで何気なく山門を見ていましたが、よく見ると組物が多くて、色んな想像上の動物も楽しめます。

6月の日曜学校は、5代の自運上人の紹介でした。
お寺にとって自運上人の時代の文政4年(1821)3月20日久居の大火にて、山門のみ残し、本堂、玄関、座敷、勝手向等焼失しました苦難の時代でした。

久居の大火以前に本堂の荘厳の整備を、お同行の皆様の助力でされていました記録が残っていることや、火中から、ご本尊や「親鸞聖人絵伝」を持ち出し、今に残っていることは有難いことと思います。

 

おてらおやつクラブ

5月のおてらおやつクラブは、23日に一人親家族様と支援団体様へお送りしました。
昨年の奈良で開催されました「おてらおやつクラブ報告会」から1年になります。妙華寺でも継続ができるのは、それぞれのお同行様の年忌勤めなどで「お供え」をしていただくことでとても有難く思っています。

今年の中外日報社の第14回 涙骨賞 実践部門として「おてらおやつクラブ」が選ばれました。
「涙骨賞」とは、宗教専門の業界紙「中外日報」の創刊者・真渓涙骨氏(1869~1956)にちなんで、広く精神文化をテーマとした論文や評論を募り、優秀な作品を表彰するものです。第13回から実践部門が追加され、第14回涙骨賞として「おてらおやつクラブ」が選ばれました。

選評(選考委員 宗教学者・山折哲雄氏)
涙骨賞「実践部門」は「おてらおやつクラブ」の活動に決まりました。お寺には日常的にさまざまな「おそなえ」が上がりますが、その「おさがり」を恵まれない貧しい子供たちのために有効活用しようという発想の下に生まれた運動でした。「おすそわけ」という「おもいやり」の活動といっていいでしょう。日本は世界でも有数の「残飯率の高い」国といわれ、また「寺院消滅」の危機的状況にあるともいわれています。この「クラブ」の活動がさらに大きな輪を広げ、寺院関係者をはげます契機になることを心から願っています。

「おてらおやつクラブ」はお寺さま、支援団体さま、ご家庭の親子さま、応援くださる皆さま全員による活動です。「おすそわけ」を通じた関係性が何より大切で、誰一人欠けてもこの活動は成り立ちません。そういう意味でも、この賞は皆さまに贈られたものに他なりません。
皆さまを代表して、おてらおやつクラブ事務局長・桂 浄薫が授賞式に出席し、表彰状を受け取りました。副賞の賞金は「おてらおやつクラブ」活動費に充てさせていただきます。
【おてらおやつクラブHPから抜粋】

 

また、年2度回収の古本勧進での古本も募集しています。
今回は1月末までに集まった古本を寄付させていただきます。
不要になりました古本がありましたらいつでもお寺にお持ち込みください。
対象の本は、裏表紙にバーコードのあります文庫本・新書本・単行本です。
申し訳ございませんが、週刊誌・雑誌・百科事典・全集は対象外です。
本以外、書き損じのハガキ・不要なCDも受け付けています。

お寺の講演会 

今年は、とても暑い中で、「お寺の講演会」を開催させていただきました。
「お寺の講演会」の前に、お寺の親友婦人会の総会があります。
14時より本堂にて、この1年間でご往生されました親友婦人会会員様の嶋田はる子様、鈴木ハツへ様、野呂幸子様、深谷のり様、伊藤トミ様、 鈴木秋子様の追弔会をお勤めし、焼香をしていただました。
14時30分から親友婦人会総会で昨年の報告をしていただき、15時より本堂にてお同行の方、近隣のご住職様や地域の方々にもお越し頂き「お寺の講演」を開催させていただきました。今回のご講師は、京都市の真宗仏光寺派大行寺のご住職で、全国各地で、ご法話・ご講演・カルチャースクールのご講師でご活躍されています英月(えいげき)師で、お寺の衆徒(しゅと)とのご縁でご講演にきていただきました。


ご自身が僧侶になられるまでの心の動きを丁寧にお話をされ、阿弥陀さんの大きな働きの中でお育ていただいたことを慶ばさせていただいているお話は、私(住職)自身の僧侶としての歩みを思いだし拝聴しました。後ほど気づきましたが、妙華寺で女性僧侶様にお話をしていただいたのは初めての機会であったことです。
講演の後、先月出版されました『その悩み、親鸞さんが解決してくれます』~英月流「和讃」のススメ~にサインを入れて希望者にお渡ししました。

そして来年の2019年の親友婦人会総会5月18日(土)は、親友婦人会の総会の後、横浜のなごみ庵の浦上哲也師にご講演をしていただきます。

ご講師の浦上哲也師は、横浜に「なごみ庵」と名づけられた浄土真宗の新しいお寺のご住職です。3年前には『死の体験旅行』のワークショップで妙華寺にお越しいただいてます。今回は、ご講演をお願いしました。

お世話方会

お世話方会は、お同行様の会計報告がこれまで1月から12月の会計期間の報告でしたが、昨年4月から今年の3月の年度に変更をして今回から4月に開催することになりました。

29日の春千部のお勤め後、午後4時から本堂でこれまでのお世話方様で、平成29年1月から今年3月までにご往生されました杉本雅孝様・野崎敏隆様(前)・戸島武郎様(前)の追弔会を行い。お焼香をしていただきました。その後、妙華寺会館へ移動しお世話方会を開催しました。

例年お世話方会では、お世話方様に住職からお寺の報告をさせていただく形でしたが、今回は、グループに分けて「これからのお世話方」をテーマにワークショップをさせていただきました。少し前から地区のお寺のお世話方様がご高齢になられ次の世代のお世話方様に替わっていただくのが難しい地区が増えてきています。昨年のお世話方会でも個々にご意見をいただくことでしたが、個人の意見だけに終わってしまい、これからのお世話方像を中々描くことができずにいます。
ご高齢のお世話方の皆様には、初めての体験であった方も多くて、また時間も限られていましたので十分な話ができなかったか分かりませんが、グループでまとめられたご意見をお聞かせいただきますと色んな見方があることがわかりとても有意義でした。個々からのお話をお聞かせいただくのも大切ですが、数人のお世話方様が意見を出してそこから導かれる意見を参考に「これからのお世話方様」について住職も考えていきたいと思います。
その他、お寺の境内を毎日清掃奉仕していただいていますお同行様への対応のことや、ポンプが井戸水をくみ上げる時に出にくい時があることや、お墓のお花の処分についての身近な問題点のご指摘や宗教法人としてのお寺が適正に成り立っているのかと言うとても大きな問題の提示もいただきました。
※年一度の宗教法人の報告書は、三重県へ報告をさせていただいています。

昨年のお寺の報告として、本堂空調設備の新設や境内墓地通路整備が完了しました報告と、お寺の西側に福祉車両用の駐車場の整備の報告をしました。
今年は、総代会でお寺の掲示板を作成することにご賛同いただきました。
また、お寺の空間の活用についても総代会の時の意見を皆様にお伝えした。

これまであまりお寺が賛同している社会活動についてお話することはありませんでしたが、お世話方会では団体名などを明記してお伝えしています。

これまで1月下旬に開催させていただいたお世話方会の終了時間は午後6時頃ですと暗くて寒い中お帰りいただいていましたが、4月の開催では、まだ明るい中でお帰りいただくことができました。

※お寺のお世話方様についてこれまであたりまえの存在として考えていましたが、よくよく考えると都会の寺院などお同行様がまとまって居住されていない寺院では考えられないことと今頃気づきました。
地方の私のお寺や近隣のお寺では、お寺の周辺にまとまってお同行がいらっしゃり当たり前でありすぎて、お世話方様ありきでお寺側からの連絡先や補完制度のようにも見えることもありますが、お世話方様を通してお同行の皆様のお声をお聞かせいただいていることは、今回お世話方会でのワークショップをして、お世話方様が地区のお同行様と一緒にこれまでされていたことであることと改めて感じました。

春千部会 お勤めしました

今年の春千部会は、汗ばむように感じる1日でした。大型連休に入りましたが多くの皆様にお集まりいただきありがとうございました。今回いつもご出勤していただく法中様に、春千部は例年29日でありますが、何故か前日の28日とお伝えしてしまいご足労をおかけしましたことお詫び申し上げます。
布教使様は、義明寺の高藤英光師です。高田派の専修寺草創縁起の柳と菩提樹から阿弥陀如来の智慧と慈悲。『観経』の阿闍世の物語から私のあり方をお聞かせいただきました。

永代経法会というと、亡くなられた方が少しでも早くお浄土へ往生させてもらうための供養法事と思いがちですが、大きな考え違いです。この法会は、亡くなられた方が、後に残った私たちに「仏法を聞きなさい」「お念仏を申しなさい」と呼びかけてくださる大切な仏縁であります。私たちが亡くなられた方へではなく、すでに浄土に往生された亡くなられた方が私たちの為にしていただく法会であります。

妙華寺では、永代経冥加金をお納めいただきますと、現在、永代千部会(えいたいせんぶえ)として春は4月29日(祝日)、秋は10月第四土曜日に、西余間(向かって左の余間)に加入されましたご法名を法名帳・法名軸を掲げてお勤めしています。

ご法話をお聴聞していただきますと「法会参加票」に押印させていただきます。ご聴聞をお喜びするご縁となりますように、10回ご参加いただきますと記念の品をお渡ししています。今回3名の方が10回お聴聞されました。

メリシャカ(花祭り)を行いました

 

今年のメリシャカ(花祭り)は、風が強くて少し寒い日でした。(それでも何年か前は雨が降って寒い年もありました)桜が早く咲き葉桜でしたが、4月上旬に藤が咲いていて驚きました。


今年もお同行様にお花をお供えいただき、誕生仏に手をあわせていただきありがとうございました。
8日は日曜日で前日より少し天気が良く多くの方々に誕生仏に甘茶をかけていただきました。また召し上がっていただく甘茶もお昼にもう一度沸かして用意をさせていただきました。隣寺とのスタンプラリーも6名ほど楽しんでいただきました。

毎年、隣寺のご住職様にもお越しいただています。今年は若さんにもお越しいただき有難かったです。

【隣寺 玉せん寺様の誕生仏】

【隣寺とのスタンプラリー】

4月の日曜学校

4月の日曜学校では妙華寺の3代の紹介をしました。

初代、2代は単身で寺院活動をされていましたが、
3代は、津市古河の光澤寺様より入寺され、内室として小山の青巖寺様から迎えました。
3代在世中に親鸞聖人500回御遠忌がありましたので、祖師聖人の御木像や七高僧御影・聖徳太子御木像、堯圓上人御影、本尊左右の灯籠や欄間14枚造立など本堂の荘厳を調えられたようです。他には一光三尊仏は今も法宝物としてあります。仏涅槃図、仏天蓋、外陣天蓋は後の火事により焼失したと思われます。梵鐘の造立も3代の時です。

3代 無量倫院(むりょうりんいん)慧成(えせい)
安永3年(1774)8月24日示寂 年齢69歳
【行跡】 祖師聖人御木像 聖徳太子御木像 一光三尊仏 七高僧御影 堯圓上人御影
仏涅槃図 梵鐘堂 茶所 仏天蓋 外陣天蓋 本尊左右灯籠 髙座
欄間14枚造立
古河 光澤寺より
内室は 小山青巖寺より
※3代慧成上人の頃は、久居で火災が多かった。
親鸞聖人500回忌も厳修された。
高田本山第17世 圓猷上人が遷化されました。

また、これまで日曜学校にご出席されていました方に毎回お渡ししていました念珠の珠(たま)で単念珠ができました。

2種類の珠がありますので集め方次第でオリジナルの念珠になります。日曜学校へのご参加お待ちしています。

親珠には「妙華寺」と彫ってあります。

 

 

※今回お寺の来山記念カードを作成しました。これまで朱印帳をお持ちいただく方がいらっしゃいました。朱印について何の準備もしていませんので、対応できない場合や、その時その時に筆で「當雨珍妙華」とお書きするのに20分以上お待ちしていただくことでした。朱印帳サイズの来山記念カードを作成しましたのでこちらで対応させていただくことにしたいと思います。