和讃

和讃をご紹介いたします。和讃について多くの参考書がありますが、『注解 国宝 三帖和讃』常磐井鸞猶著と『浄土高僧和讃講話』川瀬和敬著より紹介します。

浄土高僧和讃 源空聖人 第04首

曠劫多生の間にも 出離の強縁知らざりき
本師源空いまさずば この度空なしく過ぎなまし

久遠の昔から幾度となく生まれ変わって、この世に生を受けた間にも、煩悩の束縛から解き放つ強力な働きかけを知らずに過ごして来た。わが師源空上人がおられずしては、今のこの生涯も、空しく過ぎてしまったことであろう。

多生は、幾度も生まれ変わること。
出離の強縁は、迷いの世界から抜け出るための強力なよりどころ。強縁は増上縁と同じで、弥陀の本願を指す。
「な」は、完了を表わす「ぬ」の未然形である。

以上 【注解 国宝 三帖和讃 常磐井鸞猶著より】

はかり知れない過去遠々より、生まれ変わり死に変わりして迷いの生死を繰り返しつつも、今日に至るまでこの生死より出で離れる強い縁となるところの本願力に遇うことなくして過ぎました。もしもここに本師源空がこの土にいでまさなくしては、このたびのかけがえのない一生も、手を空しくして過ぎ終わるという絶望的な悲しみにさいなまれることでありましょう。
生死流転の身であったことを知るのは、生死を出離することのできたときに、はじめてその恐ろしさに目覚めるのです。源空自らも叡山にあって日にち念仏しつつも、その念仏でたすかったというところに身をおくことができずに、いらいらしていたのです。
もだえ苦しみを『黒谷上人語灯録』巻15のうえに聞きましょう。
(『黒谷上人語灯録』巻15略)
悲しみの極まりにおいて、善導の文言が眼を射たのです。何度も通過しつつ、今はじめていのちが燃えたのです。本願の念仏に触れて、善導の声を聞いたのです。たすかりたいの念仏でなく、たすけられてあることのかたじけなさが、本願によって証知されたのです。源空の善導一師としての仰ぎ方は、ここに根拠があるのです。一声一声の念仏を通して、如来から摂取不捨と捨てられていないとの感知は、善導と源空との出遇いを呼び起こし、更に具体的にあざやかな形で、源空と祖聖とのめぐり遇いのうえに将来されたのです。本願念仏の人には智慧光の力があって、道を求める人を招き寄せずにはおきません。

以上【浄土高僧和讃講話 川瀬和敬著より】

10月27日「もしもの時はどうすれば?セミナー」開催します

行事のご案内(どなた様でもご参加いただけます)

秋千部会 10月27日(土曜日)本堂にて
午後1時30分からお勤め
続いて、法話 明通寺 佐波真教師
ご法話をお聴きいただきますと法会参加票に押印させていただきます。
10回ご参加されますと記念品をお渡ししています。

法話終了後(午後3時頃)本堂にて
「もしもの時はどうすれば?セミナー」
(斎奉閣 寺院無料出張セミナー)を開催します
講師 斎奉閣の葬祭ディレクターの資格者
およそ1時間くらいのセミナー
(午後4時頃に終了予定)
斎奉閣オリジナルの『葬儀の進め方』を使用し、もしも身内が亡くなった時、
『どこに連絡すればよいの?』
『どのような手順を踏めば良いの?』
『火葬手続きの仕方は?』など、亡くなられてから葬儀の打ち合わせ前までの
段階を、順を追ってお話させていただきます。
分からなかった事や不安な事がクリアになり、受講後には皆様に安心して
いただいています。
※斎奉閣オリジナルの『ご葬儀の進め方』を受講者様に無料配布します。

資料などの準備の為、「もしもの時はどうすれば?セミナー」に参加希望の方は、
事前にお寺に10月26日まてにお申し込みください。

 

ひとくち法話

―お釈迦様のご生涯―
11一所不住のご生涯(いっしょふじゅうのごしょうがい)
お釈迦(しゃか)さまの究極の目的は、真実の智慧(ちえ)を得ること【正覚(しょうがく)】、心の悩みの炎を消すこと【涅槃(ねはん)】、迷いの世界から抜け出すこと【解脱(げだつ)】、でした。そしてその生活は、み仏の心をいただき、それを人々に説き広めるためのものでした。
毎日の生活も、その目的にそって、朝早く起きて瞑想(めいそう)し、托鉢(たくはつ)し、求めに応じて法を説くことでした。質素な衣と托鉢用の鉄鉢(てつはち)だけで、履き物を用いず、乗り物にも乗らず、雨季の3ヶ月は祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)などに滞在された以外は、町から町へ、村から村へと旅をして、み教えを説き廻られたのです。1カ所にとどまらず、足の赴くままに旅をする、いわゆる一所不住のご生活だったのでした。
しかし、さとりを開かれてからの45年間は、ことに因縁の深かった場所で説法されることが多かったようです。たとえば『阿弥陀経(あみだきょう)』はお釈迦さまが最も好まれた祇園精舎で説かれたと、お経の最初に述べられていますし、『無量寿経(むりょうじゅきょう)』や『法華経(ほっけきょう)』などは王舎城(おうしゃじょう)、耆闍崛山(ぎしゃくせん)〔霊鷲山(りょうじゅせん)〕で説かれたと、やはりお経のはじめに出ています。
その耆闍崛山は、『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』が説かれた王舎城の牢獄(ろうごく)から歩いて3、40分のところにある岩山でした。
こうしてお釈迦さまのご生涯をたずねてみますとき、親鸞聖人(しんらんしょうにん)もまた、京都から越後へ、越後から関東へ、そして帰洛(きらく)へと一所不住のご一生であったように思います。
※「ひとくち法話」真宗高田派本山より

10月の花

四季の花 8月・9月境内にある花の紹介を忘れていました。お花を楽しみにされている方には申し訳ございませんでした。
10月に入り、例年ではありますが秋明菊・酔芙蓉がきれいに咲いています。
柿や桜の葉は色づき、台風もあり落葉が早い気がします。四季桜も二華ほど開きこれからが楽しみです。
花の話ではありませんが、お寺の裏の多くの樹木を手を入れずに成長させていました。
樹木の成長する方向は、光を求めることもありお寺の周囲(近隣)にも枝が伸びたりそちら(近隣)に傾きながら成長する樹木もあり、地震や強風で倒壊する場合、周辺にも被害を拡大することも考えられますので、10月に入り、樹木の一部を伐採しました。

 

弁財天坐像と初代坐像

今年は、毎月10日に法苑院妙華寺を紹介していきたいと思います。
初代自信像 一躯 木像 玉眼・寄木・彩色 像髙 43.6cm 江戸時代
弁財天坐像 一躯 木像 玉眼・寄木・彩色 像髙 53.2cm 江戸時代

初代自信上人の像は、妙華寺二代の融海(ゆうかい)上人が作製されました。
毎年、正月の3日間西余間に自信上人像を中心に歴代の位牌、7代からの11代の絵像を掲げています。
現在ある弁財天像は、資料室に安置していますが、初代自信が持参された小さな弁財天像をその後、胎内に入れ今の弁財天像を造ったと聞いています。また妙華寺五代の自運上人が弁財天宮殿を建立されたとありますのでそれ以前かその頃かと拝察しています。
私(住職)が小さかった頃、現在の樹木の元のお墓の当たりが弁天池でした。以前はその池の畔に弁天堂がありそこに祀られていたと前々住職から聞きました。

 

10月の日曜学校

10月の日曜学校は衣替えをしましたが、前日から蒸し暑い日でした。
9代実慧(じつえ)上人を紹介しました。大正時代に親鸞聖人650回遠忌のお勤めがありそれに向けて境内の整備をされたようです。先代(8代)に続き、今の境内にある構築物はこの時代に整備されています。そこにはお同行の皆様のご理解・ご協力があってのことです。
以前お寺のHP【 2016-10-07】で紹介しました『お寺の2つの碑』の1つ「浄土三部石経塚」は実慧上人が亡くなる前年に完成しています。改めて紹介します。

Processed with MOLDIV

妙華寺の2つの碑【お寺のHP 2016-10-07】
本堂の向かって右側に2つ碑があります。
「戦没者慰霊碑」と「浄土三部石経塚」とあります。隣の「戦没者慰霊碑」と土台が同じ形態ですので建立は昭和27年と思っていましたが碑の裏側に大正10年にあった碑が損害甚だしく昭和12年1月に修繕し直したとありました。この「浄土三部石経塚」の碑は、大変信仰の篤いお同行様が、妙華寺の敷地の小石に浄土三(部)経2万6千6百12文字を書き碑の下に埋めたとあります。また。「浄土三部石経塚」の碑の彫字の元は、法隆寺の管長の佐伯定胤猊下の真筆とあります。

また、今の「浄土三部石経塚」の以前のものと思われる小さな「浄土三部経石塚」の碑もあります(側面にこの碑が造られたのが天明●●年5月5日とあり天明年間の彫字が磨滅して判別できませんが江戸時代に小石に浄土三部経の文字を書いていたご奇特なお同行様がいらっしゃったのでしょう)、今ある「浄土三部石経塚」の碑の場所かどこか違う場所にあった小さな「浄土三部経石塚」の碑を大正10年に新たな信仰の篤いお同行様が、小石に浄土三部経の文字を書かれて碑を造られましたが損傷しましたので昭和12年に今の碑に修復されました。昭和27年に、「浄土三部石経塚」の隣に同じ形で「戦没者慰霊」碑を建立したようです。
※尚以前の小さな「浄土三部経石塚」の碑は、現在、樹木の元でのお墓の中心に据えられています。
【参考】佐伯 定胤(さえき じょういん)慶応3年6月25日(1867年7月26日) – 昭和27年(1952年)11月23日)は、日本の法相宗・聖徳宗の僧侶、仏教学者。

 

裏門通路のトタン屏の改修(台風被害)

【トタン屏改修の為 撤去しました。10月1日撮影】

裏門通路のトタン屏の改修(台風被害)と裏側の樹木の整備
今年は、多くの台風がこの地域に被害をもたらしました。被害にあわれました皆様にお見舞い申し上げます。近隣や遠方の妙華寺のお同行様からお寺の状況をお尋ねいただくことも多くあり、お気遣いいただき感謝しています。
妙華寺でも裏門通路のトタン塀の一部が、9月初めの台風21号の強風で破損いたしました。7月下旬の台風12号の時の強風に心配しながら外構業者と、強風を全面で受けるのでなく、風を通す柵使用にすることを検討していました。この度一週間ほどの日程で改修することになり通路を通る場合ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、業者も安全に心掛けていますのでお気をつけてお通りください。
台風被害として他にも、書院の外壁の漆喰がはがれ(二カ所)、書院の床の間(一カ所)に雨漏りがあり、漆喰の塗り直しやコーキングを施す予定です。正面の瓦屏の8枚ほども外れており現在見積もり中です。山門の扉にも風の向きにより強い力がかかることもありどのような対策があるか知りたいところです。


お寺の裏側に樹木が多く、倒木のことを考えて5月に中勢林業さんに整備をお願いしていました。9月末までの予定でしたが、ことのほか多くの山林で台風の被害が多く、10月の2週目から作業に入っていただくことになりました。複数年かけて整備を予定しています。
またお寺の境内の裏面はコンクリート屏で囲まれていますが、本堂などが火災が起きた場合、大型の消防車がお寺の前の通りに進入するのが難しいことも考えられます。コンクリート屏で囲まれている境内の一部は現在、空き地ですのでコンクリート屏の一カ所を大型消防車などが進入できるように整備するこも考えています。こちらも複数年かけて考えています。工事が始まりますとお寺の裏側にあたる道路の歩道部分が一時使用できなくなりご迷惑をおかけします。安全には十分気をつけますのでご容赦ください。

10月の日曜学校は7日です。

10月の日曜学校は第1日曜日(7日)です。朝7時30分から8時頃までです。
今年は9月までに台風の影響が4回ありました。皆様のご自宅は大丈夫だったでしょうか?被害にあわれました方にはお見舞い申し上げます。
衣替えの月になり少しずつ秋を感じるこの頃ですが、日曜学校にご参加されませんか。
ご家庭での平素の夕時のお勤め(歎仏偈・文類偈・5首和讃)を一緒にお勤めいたします。輪(りん)の鳴らし方や、念珠の持ち方もご一緒にしますので自然と覚えます。
また、ご参加いただきますと念珠の一珠をお渡しして、24珠で単念珠が、108珠で二連念珠ができるようにご用意しています。(親珠には「妙華寺」の寺院名が刻印されています)