境内墓地の通路整備の報告(4月)

境内墓地の通路整備の報告(4月)
 境内墓地の通路整備は、墓地の奥にあたる北西側から通路ごとに順次舗装版を整備しています。4月末までに予定の二区画まで終了しました。
ご迷惑をおかけしていますが、境内墓地通路整備期間中の東側駐車場の一部を工事車両が使用します。
また、皆様のお墓の前の通路に花入れなどがございましたら申し訳ございませんが片付けさせていただくことになります。
※春千部会が終了後、総代会を開催いたしました。本堂の空調設備の設置と境内墓地の通路整備の3月末までの報告を行いました。
Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

生活の中の仏教のことば

邪魔(じゃま)
一般には、厄介者(やっかいもの)を邪魔なやつといったり、相手の都合を妨げたという意味で「お邪魔しました」と使います。仏教では、修行の妨げをする悪魔のことをいいます。

※明日29日は、春千部会です。

布教使は、義明寺 高藤英光師です。ご聴聞ください。

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

4月のおてらおやつクラブ

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

地元の中日新聞の宗教欄に2週に渡り「おてらおやつクラブ」について掲載されました。提唱されました奈良県の浄土宗安養寺の松島住職が、始めたきっかけから今に至ることを語られています。妙華寺も賛同して三年目になります。今は宗派を超えて多くの賛同寺院が全国が活動されています。見えにくい貧困にお寺のお供えがお役に立てることがとても素晴らしいと感じています。

来月(5月)24日(水)には、奈良市の東大寺でおてらおやつクラブの報告会が開催されると、おてらおやつクラブ事務局さんから告知がありました。賛同する一寺院としてとても楽しみでもあります。

2017-05-24おてらおやつクラブ報告会
4月は、昨年もご寄付いただきました「神戸スイーツ学会」からのバウムクーヘンのご寄付がおてらおやつクラブ事務局様に届くようです。
・本企画は、普段洋菓子を食べる機会のない子どもたちに、美味しい洋菓子を食べてほしいというものです。お渡しするのは「子ども」限定とありました。
こうした企画が企業からおてらおやつクラブに持ち込まれるのは非常に有り難く、いつにも増して子どもたちに笑顔を届けることができると思います。
このようなおてらおやつクラブの活動に賛同いただける企業様が増えることも大切なことと思っています。
妙華寺にもバウムクーヘンが届きましたのでお寺のお供えと共におすそ分けしました。

2017-04-25おてらおやつクラブバウムクーヘン

2017-04-25おてらおやつクラブバウムクーヘン2

 

 

ひとくち法話

親鸞聖人のご生涯をとおして
【第5回】青年僧『範宴(はんねん)』の懊悩
私たち凡人(ぼんぶ)の悩みは何かと問われたら、年齢はとりたくないとか、病気が早く治ってほしいとか、苦しまずにうまく死にたいとか、もっとお金があったらとかいう類(たぐい)のものです。
青年僧「範宴(得度時の親鸞聖人の名)」さんの比叡山時代の悩みはそんなものではなく、もっと奥深いものでした。いくら勉強しても修業をしても、内からむらむらと湧きだしてくる貪欲心(とんよくしん)を消そうとしても消せない人間としての悩みでした。たとえまた、自分自身は修業して救われたとしても、比叡山の麓の大原の百姓たちは如来さまの救いにあえるのだろうか、琵琶湖で網を投げる漁師たちはどうだろうか、西陣で機を織る女たちはどうだろうか、荷物を担いで物を売り歩く商人たちは救われるのだろうかと悩み続けられたのでした。
当時の比叡山に登って学問をし修業ができるのは、ごく限られた貴族等特権階級の子弟だけしか許されない時代です。純粋に思惟する範宴さんは山で研鑚し続けられなくなって、今の言葉でいえば強いストレスにとらわれ、山の内外を放浪して、何とか「誰でもが仏に会い救われる法」はないものかと、観音さんの化身である聖徳太子を祀ってある大和の寺々を訪ねて歩かれたのでした。
現代の私たち真宗の同行は、本願念仏によって誰もが例外なく救われるということになっていますが、この真宗の教えが確立されるまでには、このような青年僧「範宴」さんの深くてまじめな悩みを経過して出来上がったことを忘れてはならないのです。

※「ひとくち法話」真宗高田派本山より

 

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

第1回お寺で体験

暖かな日に恵まれ、第1回「お寺で体験」を開催させていただきました。
8名の方にお越しいただきました。今回は、お寺の会館に安置されている一光三尊仏を間近に拝見しながら三尊さんにまつわるお話しをいたしました。隣寺にも三尊さんがございますがあいにくお勤めがあり、拝見することができませんでしたがまたの機会をお願いしたいと思います。

次回は5月28日(日)10時から11時30分です。お茶(抹茶)にまつわるお話しを予定しています。
どなたでもご参加いただけますが、準備の都合上、事前申込をお願いします。

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

 

4月29日春千部会お勤めします

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

 永代経法会というと、亡くなられた方が少しでも早くお浄土へ往生させてもらうための供養法事と思いがちですが、大きな考え違いです。この法会は、亡くなられた方が、後に残った私たちに「仏法を聞きなさい」「お念仏を申しなさい」と呼びかけてくださる大切な仏縁であります。私たちが亡くなられた方へではなく、すでに浄土に往生された亡くなられた方が私たちの為にしていただく法会であります。
 妙華寺では、永代経冥加金をお納めいただきますと、現在、永代千部会(えいたいせんぶえ)として春は4月29日(祝日)、秋は10月第四土曜日に、西余間(向かって左の余間)に加入されましたご法名を法名帳・法名軸を掲げてお勤めしています。
また、お勤めの後ご法話をお聴聞していただけます。
布教使は、義明寺の高藤英光師です。
ご法話をお聴聞していただきますと「法会参加票」に押印させていただきます。ご聴聞をお喜びするご縁となりますように、10回ご参加いただきますと記念の品をお渡ししています。
2015-12-01お説教とご法話②FullSizeRender

仏教用語禁止の法話

 東京で開催されます第10回仏教井戸端トーク「お題法話-仏教用語禁止編」を拝聴する機会をいただきました。都会では仏教に関するイベントが数多く開催されています。
地方に居住する私(住職)には遠い存在でしたが、このイベントに登壇される僧侶に妙華寺の婦人会総会の日の行事でお越し頂いた僧侶がお二人いらっしゃったことで今回は時間の都合をとり上京しました。
お一人は、昨年お越しいただいた青江覚峰師てす。今回の会場寺院のご住職で「暗闇ごはん」でお馴染みですが、妙華寺では、食事を通してのご法話(お話し)は婦人会会員の皆様にとても反響がよかったです。もう一人は、一昨年にお越し頂いた浦上哲也師です。メディアでも数多く取り上げられています「死の体験旅行」を開催していただきました。私(住職)も死に行く体験がとても貴重なものとして今も残っています。お二人のお話をお聞きできることを楽しみにしていました。

Processed with MOLDIV

【昨年の婦人会総会の後のご法話の青江覚峰師】

Processed with MOLDIV

【最近のメディアに掲載されている浦上哲也師】
2017-04-20仏教井戸端トーク
 今回のイベントに参加するのは私(住職)は初めてでありますが、HPの案内を見ますと、【仏教井戸端トークの人気企画、お題法話の第3弾を開催する運びとなりました。
来場した皆さんから任意の単語を頂戴し、それを1個でも全てでも、とにかく会場から出た単語を使って法話をすること。これがこれまでのルールでした。
今回はそこに「仏教用語を使うのは禁止」というルールが追加されます!(※一部例外単語もあります)
難しい専門用語でけむにまくのは禁止、日常使用する単語で伝えること。NGワードの判断は増田が行います。
(増田は仏教用語連発で登壇者を惑わすかもしれません(笑))
また、当日は法話の前後で皆様の幸せ度がどれだけ変化するか、最先端技術を用いたマシーンも登場するかもしれません(まだこのマシーンについては未確定です)】とあり、「仏教用語使用禁止の法話」にとても興味を持ちました。

Processed with MOLDIV

 浅草の緑泉寺様へ伺うと既に受付をすまして会場の本堂に何人かがいらっしゃり、定刻までに30名ほどが本堂に集合し始まりました。私は初めてですが多くの参加者はこれまでの仏教井戸端トークに参加されているようで和気あいあいの雰囲気です。私のお寺では考えられない20代から30代40代の方々の参加と、対面に今日の法話をされます4人の真宗のお坊さん。そして今回は、法話されるお坊さんと聴聞する私たちを同時に「しあわせ」(幸福度)を計測する機械とそれを表示するスクリーンがありとても東京的なものを感じました。
聴聞する私たちからお題を5つ出して、それを使いながら、仏教用語禁止の10分の法話がスタートです。法話されるお坊さんは、仏教用語を使わないと言う点が、いつもと違い緊張があるようです。休憩を挟んで2回の法話は大変だったと思いますが会場は盛り上がっていました。「いつも読んでるあれ」で「お経」と分かるのはうれしいですね。また、4人お一人づづ法話として成り立っていながら、4人の法話がつながっていくような今まで感じたことがない法話を聴聞する機会を得たことはとても有難かったです。
終了後、「しあわせ」(幸福度)の解説があり会場がこんなに「しあわせ」に包まれている場は珍しいようと聞き、私(住職)もこんなに楽しく法話を聞いたことが無かったと思い会場を後にしました。
法話会の始まる前に、せっかく東京に行くので少し気になっていましたものがありましたのでそちらも確認に行ってきました。それは「桜餅」です。私たちの地域で「桜餅」と言うと、道明寺「餅米で包まれた」餡のものです。でも関東の「桜餅」は、小麦粉の薄皮で餡を巻いたものと聞いて一度食したいと思っていました。「長命寺桜餅店」さんでいただきましたら桜餅が桜の葉で隠れて見えません。一枚外すとクレープの皮のような薄い小麦粉の皮にこしあんが包まれていました。皮が乾かないよう大きな桜の葉で包んであるようです。こちも美味しい「桜餅」でした。

Processed with MOLDIV

和讃

 和讃をご紹介いたします。和讃について多くの参考書がありますが、『注解 国宝 三帖和讃』常磐井鸞猶著と『浄土和讃講話』川瀬和敬著より紹介します。
浄土和讃 讃阿弥陀仏偈和讃29首
たとひ大千世界に みてらむ火おも過ぎ行きて
佛のみ名を聞く人は ながく不退にかなふなり
 たとえこの宇宙を猛火が包もうとも、その満ち満ちている火の中をも突き進んで、弥陀の名号を聞き求める人は、永遠に正定聚の位を退かない地位を約束されているのだ
※大千世界は三千大世界の略。この世界の全体を言う。
※みてらむ火は「満つ」という動詞に、完了助動詞「り」と、予想の助動詞「む」が添った形。直訳すれば「満ちていよう火」となる。
※不退は不退転の略。仏道から後退しない意であるが、聖人においては、正定聚の地位をしりぞかないこと。
※かなうは 適合する意。あてはまる。
以上 【注解 国宝 三帖和讃 常磐井鸞猶著より】
 「東方偈」には「たとい大火が世界を一なめにすることがおこってきても、そこで必ずなすべきことは、その火を過ぎ超えて、法を聞くべく急がなければならない。そこにおいて必ず仏道をなしとげて、広く生死流転の激流をわたりきることができるのである」と説かれ、これに動かされた『讃偈』には「たとい大千世界に満ちみつる火であろうとも、それを直ちにのりこえて仏名を聞くべきである。阿弥陀の名を聞くならばもはや退転するということはない。このゆえに至心に稽首し礼したてまつれ」と唱和され、更に『往生礼賛』には感銘を斉うし「たとい大千に満つる火なりとも、直ちにそれを過ぎて仏名を聞け、名を聞いて歓喜し讃仰する者は、皆もろともにかの仏国に往生することができるのである」と伝承されています。
小千世界・中千世界・大千世界を総称して三千大世界といいます。われをおく世界を悉く尽くしているのです。たとい火が満ちようとも、と言ってありますが、さまざまの業火が燃えあがるのが世界の様相です。願わないけれどもわきおこる障害を火で代表します。火が迫ることがなければ、仏名を聞かんとおもいたつ時節が到来しません。火をのりこえて向こうから聞こえてくるものが仏名です。火を過ぎて仏名を聞けよ、聞くことのできたひとは、不退位にかなってながく退転しないというのです。『讃偈』の「また退かず」を自身の最も愛好される不退として受けとめられたのです。「不退にかなう」とは、不退転に住する道の閉じられたものに、聞名一つによって今や不退の位に住するに等しいとて、称賛されるめでたさです。
水火二河の譬喩というのがあります。善導の信心体験の実録です。行者が白道を一歩一歩踏みしめてゆくのに、決して無事平穏ではありません。青黒い荒波に足もとをすくわれ、一方からは猛火がふきつけます。この水火は貪瞋煩悩のことなのです。これを徹底して言い尽くされた一節が『一念多念文意』にあらわれます。「凡夫というは、無明煩悩われらがみにみちみちて、欲もおおく、いかり、はらだち、そねみ、ねたむこころおおく、ひまなくして臨終の一念にいたるまでとどまらず、きえず、たえずと、水火二河のたとえにあらわれたり」と。この大いなる見通しに遇えば、煩悩とのたたかいのはての克服というような妄想は、ふっとびます。地獄の猛火、化して清涼の風となる力によらなければ、火は燃え続けます。
以上【浄土和讃講話 川瀬和敬著より】
Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

「お寺の講演会」まで1ヶ月

来月の親友婦人会総会の5月18日に、婦人会総会の後、井上広法師をお迎えして「お寺の講演会」を開催させていただくことになりました。ご講師の井上広法師は、TVの「ぶっちゃけ寺」に出演されていました浄土宗 光琳寺の副住職様です。他にも東日本大震災を契機に「お坊さんが答えるQ&Aサービスhasunoha」を立ち上げられたり、心理学、特にポジティブ心理学の知見を参考に「お坊さんのハピネストレーニング」を毎月開催して、様々なテレビやラジオなどのメディアにも多数出演中されています。そのような著名な井上広法師が、未来の住職塾の卒業生とのご縁で妙華寺でご講演をいただくことになりました。
どなたでもご聴講できますので5月18日15時に妙華寺本堂にお集まりください。
妙華寺の駐車場は限られていますので、公共交通機関のご利用をお願いします。
また、【オプション行事】として、
①18日の10時からご講師の井上広法師と津市一身田にあります高田本山専修寺に参詣し、未来の住職塾3期卒業生の村上英俊師に専修寺のディープな案内をしていただく予定です。こちらは高田本山の進納所前に10時に集合でお一人500円をご負担していただくことになります。オプション行事は事前にお申し込みをお願いします。
上記のオプションのご参加をご希望の方は、妙華寺HPからお申し込みください。
15時からの講演には申込は不要です。
「お寺の講演会」の開催時間15時までは、妙華寺の親友婦人会総会・追弔会を開催しています。
Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

『お寺で体験』4月23日午前10時から

 今さらではありますがお寺について知りたいけど、お寺の敷居が高くて入りづらいし直接お坊さん(住職)に話しても良いの?
知らないことを聞きたいけど誰に聞けば良いの?と感じている方へ
お寺には日本の伝統文化がたくさん残っています。今、妙華寺に残されたものを通して日本の仏教文化を『お寺で体験』しませんか?
月1回(6月・7月・8月9月・11月は休み平成30年3月まで7回予定)
第4日曜日 午前10時から11時30分まで二部制(途中休憩あり)
会費1,000円(当日徴収します) 準備の都合上、事前申込をお願いします。
事前申込制(単発も可)どなたでもご参加いただけます
           予定【内容は調整中で変更の場合もございます】
04月23日 一光三尊佛について                        仏教①
05月28日 お茶(抹茶)の飲み方・点て方            仏教②
10月22日  久居の歴史・妙華寺の歴史           みんなの不安①
12月24日 親鸞聖人絵伝の絵解き 潮音寺住職  村上英俊師
01月28日  お茶(茶室の楽しみ)                        真宗①
02月25日 涅槃図の絵解き 潮音寺住職  村上英俊師
03月25日 花祭りについて・花を愛でる(境内の桜)      真宗②
                お問い合わせ・申込先 津市久居二ノ町1743番地
真宗高田派 法苑院(ほうえんいん)妙華寺(みょうけじ) 中川 和則
お寺のHP http://www.myoke-ji.com 電話・ファックス 059-255-2846
2016-06-01%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%81%a1%e6%b3%95%e8%a9%b1%e4%b8%80%e5%85%89%e4%b8%89%e5%b0%8a%e4%bb%8fimg_3366